BLOG

BLOG

TikTokアニメが収益に繋がる!TikTokならではの収益方法について制作会社が徹底解説します

2022.02.01

近年では、TikTokでアニメーションを投稿する方が増えてきました。

バズるアニメーションの特徴として、
①音源や雰囲気に合わせて動画を切り抜きしている動画
②親しみやすいアニメーション×身近な話題の動画
③オリジナルアニメ×シュールな内容の動画

といった特徴があります。

詳しくは「【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!」で解説していますので、気になる方はご覧ください。

”バズるアニメーション”を制作し、投稿したTikTok動画は、実は収益化することが可能です。その収益源はYouTube動画と同様のPR・販促効果、グッズ制作、リアルイベントといった収益源だけなく、TikTokならではの収益源を得ることが可能です。

この記事では、TikTokでの収益化をテーマに以下のことを解説します。
「TikTok動画で収益化することができるかわからない」
「アニメーションがTikTokでも収益化できるのかわからない」
ぜひ最後までご覧ください。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


アニメーション動画の価値

アニメーション動画は半永久的な資産となる

アニメーション動画は制作すると半永久的に使用できるため、一度制作してしまえば自分の財産になるというメリットがあります。実写で撮影した動画も同じように永久的に使用することが可能ですが、出演者の版権問題がついてまわります。

版権問題については、オリジナルキャラクターを起用したアニメーション動画を制作することで自由に活用できます。また、キャラクターの知名度も同時に上げていけるため動画そのものの資産価値だけでなくキャラクターの資産価値も加わるのです。

キャラクターマーケティングの概要については、次の記事で詳しく解説していますので、気になる方は是非こちらもご覧ください。

資金や人材が少なくても、安価で制作可能

実写に比べてキャスト斡旋や撮影スタッフの人件費が必要ないため、動画1本当たりの制作コストを抑えられます。さらに、TikTok動画の長さは1本30秒〜3分程度の短尺動画です。そのため、YouTubeに投稿する通常アニメーションの制作よりも安価で複数本の動画を制作することができます。

IPビジネスによる収益化もできる

一度制作した動画は永久的に使用することができますし、制作時に手がけたオリジナルキャラクターを使って、IPビジネスとして収益化をすることも見込めます。

IPビジネスについて詳しくは以下の記事で解説しています。

TikTokならではの収入源

上記アニメーションの収入源に加えて、TikTokはさらに収入源があります。TikTokならではの収入源の詳細について解説します。

  • オンラインサロン
  • 投げ銭(ギフティング機能)

オンラインサロン

熱狂的なファンが増えてくると、ファンクラブのようにオンラインサロンで収入を得ることも可能になります。「みんなのオンラインサロン」で「TikTok」と検索した結果、52件ヒットする結果となりました。

出典:TikTokの人気オンラインサロン一覧|みんなのオンラインサロン

オンラインサロンによって、企業や商品の熱狂的なファンを中心にファンマーケティングを実施することができます。熱狂的なファンは購買行動を起こしやすい上、商品やサービスを拡散してくれる可能性が多いにあります。

投げ銭(ギフティング機能)

TikTokならではの収入源として、投げ銭が挙げられます。投げ銭機能はギフティングとも呼ばれており、ライブ配信である「TikTokライブ」にて収益を得ることが可能です。

また、2022年1月21日に公開されたTikTok公式サイトの記事によると、ライブ配信だけでなくTikTok動画そのものに対してもギフティングが行えるようになるようです。

「TikTok Video Gifting」は、日本のユーザーだけでなく海外のユーザーからもギフトを受け取ることができると同時に、「TikTok Video Gifting」を実装している海外地域のクリエイターにもギフトを送ることが可能となります。

参考:TikTok Video Gifting(ギフティング)機能(TikTok公式)

アニメーションの収益源

アニメーション動画を活用することは、TikTokでの収益化だけでなく他の部分での収益化も期待できます。では、具体的にどのような収益源があるのかについて解説していきます。

アニメーションの収益源は、主に下記のようなものが挙げられます。

  • PR・販促効果
  • グッズ制作
  • リアルイベント
  • メディアミックス

PR・販促効果

近年ではラッピングトレインと呼ばれる電車車体広告や、コンビニエンスストアでのコラボレーションもよく見るようになったかと思います。アニメーションを制作することによって、PRや販促効果をもたらすため企業の資産として重要視されています。

グッズ制作

アニメーション自体のファンが増えてくると、登場するキャラクターをグッズ化することで収入源になります。文具とコラボしたり、アニメーション内でキャラクターが飲んでいた飲み物を商品化したりなど、グッズを制作して販売することで収益を得ることが可能です。

リアルイベント

「ラブライブ!」シリーズや「アイマス」「バンドリ!」など、登場キャラクターを務める声優たちによる舞台挨拶やライブイベントがあります。アニメーション制作によって、リアルイベントによる集客・収益化を見込むことができるのです。

メディアミックス

アニメーションだけではなく、ゲームや漫画など複数のメディアをミックスさせて展開する手法も主流となりました。「ポケモン(ポケットモンスター)」では、原作であるゲームから始まり、キャラクターグッズの販売、アニメーションへと拡大をしていきました。

収益化を前提としたTikTokアニメ制作ならNOKIDへ

これまで、TikTokアニメーションの収益源には具体的に何があるのかについて解説してきました。しかし、収益化を見越してアニメーションを制作するのは、動画そのものの制作力に加えて視聴者に最適な動画構成、さらにはTikTokの仕組みを理解して改善していくような幅広い業務・知見が必要です。

弊社では、自社TikTokアカウントの運用とアニメーション制作力によって必要なノウハウ・体制を保有しております。また、企画したオリジナルキャラクターのIP(知的財産)ビジネス展開まで考慮したIP育成のサポートまで対応可能です。

TikTokアカウントやYouTubeチャンネルの運用を検討中の方は、お気軽にご相談ください。
サービスの詳細は以下ページをご覧ください。
https://nokid.jp/voipic/tiktok/

今なら弊社の「TikTokアニメ運用ノウハウ」を下記ページで無料公開中です。ぜひご活用ください。


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事