2022.02.01

2023.04.20

TikTokアニメが収益に繋がる!TikTokならではの収益方法について制作会社が徹底解説します

以前は、TikTokには実写投稿ばかりだったものの、アニメーションを投稿する方も増えてきました。

アニメーションを活用することで、目立ちやすくなり、実写よりも豊富な表現によって短時間でも伝わりやすく、顔出し不要という多くの魅力があります。

バズるアニメーションを制作・投稿したTikTok動画は、自社のPRだけでなく収益化にも繋がります。その収益源は、オリジナルキャラクターの知名度を上げてグッズ販売に派生したり、Vtuberへ派生させることもできます。

そこで今回は、「TikTokアニメでの収益化」をテーマに以下のことを解説します。

・なぜアニメーションをTikTokで活用すると良いのか?
・アニメーションがTikTokでも収益化できるのかわからない

ぜひ最後までご覧ください。

TikTokアニメのバズらせ方は「【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!」で解説していますので、気になる方はご覧ください。


YouTubeやTikTokで効果的なPRを行うための「動画広告の設計方法」から「アニメーション動画の活用方法」まで「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


アニメーション動画の価値とは?

アニメーション動画は半永久的な資産となる

アニメーション動画は制作すると半永久的に使用できるため、一度制作してしまえば自分の財産になるというメリットがあります。実写で撮影した動画も同じように永久的に使用することが可能ですが、出演者の版権問題がついてまわります。

版権問題については、オリジナルキャラクターを起用したアニメーション動画を制作することで自由に活用できます。また、キャラクターの知名度も同時に上げていけるため動画そのものの資産価値だけでなくキャラクターの資産価値も加わるのです。

キャラクターマーケティングの概要については「キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介」で詳しく解説しています。

資金や人材が少なくても、安価で制作可能

実写に比べてキャスト斡旋や撮影スタッフの人件費が必要ないため、動画1本当たりの制作コストを抑えられます。さらに、TikTok動画の長さは1本30秒〜3分程度の短尺動画です。

そのため、YouTubeに投稿する通常アニメーションの制作よりも安価で複数本の動画を制作することができます。

IPビジネスによる収益化もできる

一度制作した動画は永久的に使用することができますし、制作時に手がけたオリジナルキャラクターを使って、IPビジネスとして収益化をすることも見込めます。

IPビジネスについて詳しくは「【キャラ活用】IPビジネスがアニメ事業のチャンスに!自社IPの可能性とは?」で解説しています。

TikTokの収益化方法

上記アニメーションの収入源に加えて、TikTokはさらに収入源があります。TikTokならではの収入源は、以下が挙げられます。

  • オンラインサロン
  • 投げ銭(ギフティング機能)

それぞれ解説していきます。

オンラインサロン

熱狂的なファンが増えてくると、ファンクラブのようにオンラインサロンで収入を得ることも可能になります。「みんなのオンラインサロン」で「TikTok」と検索した結果、52件ヒットする結果となりました。

出典:TikTokの人気オンラインサロン一覧|みんなのオンラインサロン

オンラインサロンによって、企業や商品の熱狂的なファンを中心にファンマーケティングを実施することができます。熱狂的なファンは購買行動を起こしやすい上、商品やサービスを拡散してくれる可能性が多いにあります。

投げ銭(ギフティング機能)

TikTokならではの収入源として、投げ銭が挙げられます。投げ銭機能はギフティングとも呼ばれており、ライブ配信である「TikTokライブ」にて収益を得ることが可能です。

また、2022年1月21日に公開されたTikTok公式サイトの記事によると、ライブ配信だけでなくTikTok動画そのものに対してもギフティングが行えるようになるようです。

「TikTok Video Gifting」は、日本のユーザーだけでなく海外のユーザーからもギフトを受け取ることができると同時に、「TikTok Video Gifting」を実装している海外地域のクリエイターにもギフトを送ることが可能となります。

他の収益化方法について詳しくは「日本版TikTokはフォロワーがいても広告収益が発生しない?複数の収益化するやり方を解説」を参考にしてみてください。

参考:TikTok Video Gifting(ギフティング)機能(TikTok公式)

アニメーションの収益源

アニメーション動画を活用することは、TikTokでの収益化だけでなく他の部分での収益化も期待できます。では、具体的にどのような収益源があるのかについて解説していきます。

アニメーションの収益源は、主に下記のようなものが挙げられます。

  • PR・販促効果
  • グッズ制作
  • リアルイベント
  • メディアミックス

PR・販促効果

近年ではラッピングトレインと呼ばれる電車車体広告や、コンビニエンスストアでのコラボレーションもよく見るようになったかと思います。アニメーションを制作することによって、PRや販促効果をもたらすため企業の資産として重要視されています。

グッズ制作

アニメーション自体のファンが増えてくると、登場するキャラクターをグッズ化することで収入源になります。文具とコラボしたり、アニメーション内でキャラクターが飲んでいた飲み物を商品化したりなど、グッズを制作して販売することで収益を得ることが可能です。

リアルイベント

「ラブライブ!」シリーズや「アイマス」「バンドリ!」など、登場キャラクターを務める声優たちによる舞台挨拶やライブイベントがあります。アニメーション制作によって、リアルイベントによる集客・収益化を見込むことができるのです。

メディアミックス

アニメーションだけではなく、ゲームや漫画など複数のメディアをミックスさせて展開する手法も主流となりました。「ポケモン(ポケットモンスター)」では、原作であるゲームから始まり、キャラクターグッズの販売、アニメーションへと拡大をしていきました。

収益化を前提としたTikTokアニメ制作ならNOKIDへ

これまで、TikTokアニメーションの収益源には具体的に何があるのかについて解説してきました。しかし、収益化を見越してアニメーションを制作するのは、動画そのものの制作力に加えて視聴者に最適な動画構成、さらにはTikTokの仕組みを理解して改善していくような幅広い業務・知見が必要です。

弊社では、自社TikTokアカウントの運用とアニメーション制作力によって必要なノウハウ・体制を保有しております。また、企画したオリジナルキャラクターのIP(知的財産)ビジネス展開まで考慮したIP育成のサポートまで対応可能です。

TikTokアカウントやYouTubeチャンネルの運用を検討中の方は、お気軽にご相談ください。

今なら「TikTokアニメ運用ノウハウ」を下記ページで無料公開中です。ぜひご活用ください。


おすすめの記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


SNS動画:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?


動画制作の依頼についての記事

アニメーションMVの依頼方法を解説!トラブルなくMVを納品してもらうには?


動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


アニメーション動画を外注依頼する前にすべきことを一覧にまとめました


アニメーション制作に困っている方へ。独学・外注どちらが良いのかを解説


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


クラウドワークスでアニメーション制作を依頼するリスクとは?制作会社との違いを紹介


【まとめ版】動画制作をスムーズに依頼するための専門用語を解説


動画制作の基礎についての記事

映像制作に活用されるCGとは?種類や制作会社を選ぶコツまで解説


Unreal Engine(アンリアルエンジン)は映像制作に向かない?機能の特徴や企業が使うメリットを解説


アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは。


動画の作り方についての記事

採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介


ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説


YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう


TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介


動画の著作権についての記事

著作権の譲渡とライセンス契約の注意点を解説!発注前に知っておくべきこと


動画の著作権を二次利用するとは?権利範囲や二次創作を解説



企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説
【キャラ活用】IPビジネスがアニメ事業のチャンスに!自社IPの可能性とは?
アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説
アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法
【種類別】アニメーション動画制作の料金が知りたい!種類別の制作料金と活用例を解説
YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう
知名度もない状態でYoutube登録者数を増やすには。1万人登録アカウントを量産した運用者が解説。
ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説
動画を営業ツールとして活用するには?メリットと作り方を動画制作会社が解説

<TikTokアニメの活用に関する記事>

TikTokでアニメーション動画をPRに活用できるの?おすすめできる理由から参考例まで紹介
TikTokチャンネルでアニメを活用すると得られるメリットとは?
【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!

<TikTok動画制作のコツに関する記事>

TikTokアニメ動画はどうやって作るべき?TikTok動画の種類から収入源まで解説します
【企業担当者向け】TikTokの動画制作はどうやるの?自社と外注を比較解説
TikTok事務所所属のクリエイターに制作依頼をするメリット・デメリットとは?
成功するTikTok動画の種類とは?動画制作会社が徹底解説

<ショート動画に関する記事>

YouTubeショートの活用方法とは?企業の事例やZ世代へのアプローチ方法を解説
【保存版】ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介
動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説

<TikTok広告に関する記事>

TikTokの投稿を広告で配信するには?Spark Adsの特徴と配信手順を解説
【TikTok広告】クリエイター起用動画を制作したいときは何をしたら良い?制作会社が解説
ハッシュタグチャレンジとは?企業がTikTokでUGCを生むためのキャンペーン事例を解説
【保存版】TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を徹底解説
TikTokメニュー「ブランドエフェクト」とは?アニメを活用した効果的な事例をもとに紹介
【保存版】TikTok広告メニューは何がある?3つのソリューションの特徴を解説
TikTok広告出稿は自社でやる?外注する?それぞれのメリット・デメリットを解説

<TikTokでフォロワーを増やす方法に関する記事>

TikTokでフォロワーを増やすアカウント作りのコツとは?個人・企業別の参考例を紹介
TikTok投稿の再生数を伸ばす投稿のコツは?分析方法やアルゴリズムの特徴も解説
TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介
TikTokで再生されやすい動画パターンは?Instagramアルゴリズムとの違いに沿って解説
TikTokビジネスアカウントに切り替えるメリットとは?開設手順や参考例も紹介
TikTokに楽曲提供するには?TikTokでオリジナル楽曲を収益化!
日本版TikTokはフォロワーがいても広告収益が発生しない?複数の収益化するやり方を解説

<SNSキャラクターアカウント運用に関する記事>

Twitterのキャラクターアカウントって効果あるの?メリットや運用テクニックを紹介
Twitterの「中の人」が親近感を得る秘訣だった?運用テクニックや参考例を紹介
キャラクターを使ったSNS運用のメリットとは?成功例やコツを紹介

RECOMMEND