2022.12.30

2024.04.17

TikTokでフォロワーを増やすアカウント作りのコツとは?個人・企業別の参考例を紹介

TikTokは、縦型ショート動画に特化したSNSとして、Z世代を中心に大人気です。日本上陸から数年が経ち、近年は利用者の年齢層も幅広くなったことで、一般ユーザーだけでなく企業のビジネス活用の場として盛り上がりを見せています。

しかし、ビジネスで活用する際にはどのように運用をしていけば良いか分からないという声も多く頂きます。特に、「何を指標として、どのような投稿をするのが良いのか?」といった相談が多い傾向にあります。

TikTokをビジネスで活用する場合には、目的にもよりますが、一貫性を持つことが大切です。そのためには、投稿の前にアカウントの方向性を明確にしておきましょう。

この記事では、TikTokの特徴を説明しながら、アカウントの方向性を決める参考になるTikTokアカウントの事例を紹介していきます。

TikTok広告については「【保存版】TikTok広告メニューは何がある?3つのソリューションの特徴を解説」がおすすめです。


TikTokアニメ運用ガイド」では、アニメーション動画を活用したTikTokアカウントの運用方法を公開しています。実写投稿の多い中でアニメーション投稿を行うことは注目を集めやすく、顔出しなしで可能なため自社のキャラクターを活用することと非常に相性が良いと言えます。企業でTikTokを活用したい際にご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


TikTokとは

TikTokは、世界で20億ダウンロードを突破する最大規模の動画共有サービスです。

元々は15秒以内の短尺動画のみ投稿できるサービスでしたが、2021年7月に投稿動画の長さが180秒へと拡大され、動画だけではなく、バラエティに富んだ映像作品を活用することができるようになり、企業のプロモーション活動という視点からも非常に注目されるようになりました。

TikTokの特徴

TikTokの特徴の一つに、「レコメンド(おすすめ)」という独自のフィードが挙げられます。

レコメンド機能はアプリを起動した最初の画面に表示され、画面をスワイプする度に次々と新しいおすすめ動画が現れる仕組みです。

この機能により、ユーザーが能動的に動画を見つけに行くのではなく、受動的に連続して動画を楽しむことができることも人気の理由です。

投稿ユーザーは10代~20代が多いですが、20代や30代も含め幅広い層が視聴しています。

企業がTikTokを活用する動きが増加している理由は、10代以外のユーザーとの接点が広がり、ビジネスチャンスとしての媒体として価値があると判断しているからでしょう。

参考:TikTokについて - TikTok

TikTokのフォロワーを増やすに重要なポイントは?

次に、TikTokでフォロワーを増やす方法を紹介していきます。フォロワーを増やすためには、何よりもTikTokのアルゴリズムを考えることが重要です。

TikTokは、ユーザーの動画に対する反応率によってコンテンツの良し悪しを評価していると言われています。

つまり、アルゴリズム的に良いと評価された動画は、おすすめ欄に表示されやすくなるため、アルゴリズムを意識した動画を投稿することが非常に大切です。

TikTokのアルゴリズムには重要な指標がいくつかありますが、具体的には以下に着目して投稿をしていくと良いでしょう。

  • おすすめ動画・ハッシュタグを確認する
  • 視聴されやすい投稿時間に投稿する
  • 定期的な投稿で視聴者を飽きさせない
  • 1つのテーマごとに動画を分割して投稿する
  • 反応の良い投稿と雰囲気を統一する
  • 視聴ターゲット層を明確にする
  • 他のSNSも活用する

それでは、それぞれについて解説していきます。

おすすめ動画・ハッシュタグでトレンドを確認する

アルゴリズムに適しておすすめに乗るためには、現在の流行を押さえることが非常に重要です。

そのために、現在のおすすめ動画・ハッシュタグを把握することが肝になります。

例えば、過去に流行したものとしては「写り込みチャレンジ」や「卒アルお父さん」などがあります。

これらのように、TikTok内で流行しているコンテンツを、自らの投稿にも積極的に取り入れていきましょう。

また、自分が投稿したいジャンルの動画で、先にレコメンドで紹介されている投稿者の動画を見て、人気が出る動画の傾向を把握するのもおすすめの方法です。

人気のハッシュタグは「トレンド」のタブから確認できますので必ずチェックしておきましょう。

更に、TiktoK内のトレンドを簡単に取り入れることができるのが、BGMです。

トレンドのBGMは、動画投稿画面で「楽曲を選ぶ」ボタンをタップすれば簡単に確認することができます。

ここで「トレンド」として紹介されている曲を動画のBGMにするだけで、注目度を高めることができます。

トレンドのBGMの曲名は、人気のハッシュタグになっていることも多いですから、トレンドのBGMを使用した際には必ず「#曲名」をつけて投稿するようにしましょう。

視聴されやすい投稿時間に投稿する

TikTokのフォロワーが伸びる時間帯は15~16時、0時~1時と言われています。

学校終わりや、寝る前にTikTokを開くというユーザー行動によるものです。

自分のアカウントのターゲットユーザーを明確にし、ターゲット層の通勤時間帯や就寝前の暇な時間などを狙って、動画を投稿することが非常に重要です。

TikTokアルゴリズムの観点から良い評価を得るには上記2つのポイントが重要ですが、次に、アカウント運営よいう視点からのおすすめの工夫ポイントをご紹介します。

定期的な投稿で視聴者を飽きさせない

他のSNS運営と同様に、定期的な更新はアカウント運営で外すことのできないポイントです。

ほとんどの場合、ひとつの投稿でフォロワーを増やすことはできません。

高い更新頻度を維持しながら、一定の質を保った投稿を続けていくことが重要です。

毎日動画を投稿することで、徐々に自分のアカウントの投稿数が積み上がっていき、継続して投稿を行っていれば、自分のプロフィール欄に訪問したユーザーが興味を持ってフォローしてくれる可能性も高くなります。

そのため、コツコツと毎日継続して動画を投稿することは非常に大切です。

1つのテーマごとに動画を分割して投稿する

TikTokのフォロワーを増やすには、動画を分割して投稿するのもおすすめです。

アカウントをフォローしてもらうためには、ユーザーに「この投稿者の動画投稿を追いかけたい!次も見たい!」と思ってもらうことが必要なためです。

一つの完結動画を前半と後半に分割して、後半に続きを見たいと思わせる動画を投稿すると、続きが気になるユーザーが、後半の動画を見逃さないようにとアカウントをフォローする可能性が高くなります。

このように動画を分割して投稿することで、フォローしてもらえる確率を上げることができます。

反応の良い投稿と雰囲気を統一する

TikTokのフォロワーを増やすには、投稿のコンセプトを統一することが重要です。

コンセプトを統一することで、上述したアルゴリズムに適応し、各動画がレコメンドに反映される機会が上がります。投稿の雰囲気を合わせることで、視聴者は投稿に興味を持ちやすくなり、フォローしてもらえる可能性が高まります。

ただし、推測で統一していくのではなく様々なパターンを投稿し、再生数の伸びやすい投稿に揃えていくことが大切です。そこからさらに、投稿を分析して良い傾向に合わせていくことを続けていきましょう。

視聴ターゲット層を明確にする

アカウント運営として、ターゲット層を明確にすることは非常に重要です。

誰に向けての動画を制作するのか。これを具体的にすることで、動画内容も明確化し、よりユーザーに共感してもらいやすくなります。

自分の投稿に共感したユーザーは、アカウントをフォローしてくれる可能性が非常に高いため、ターゲットを明確にすることは非常に大切です。

他のSNSも活用する

TikTokでフォロワーを増やすには、TikTok以外のSNSを活用することも大切です。なぜなら、TikTok内だけで続けていても視聴者の限度が来てしまうからです。

TwitterやInstagramなどのSNSに、TikTokのURLを貼ったり投稿を宣伝したりすることで、他のSNSからの新規ユーザーを獲得することが可能になります。

また、プラットフォームごとに異なる特性を持っているため、同じ内容の投稿をしてもTikTokでは反応がなかったものも他プラットフォームであれば良い結果になるケースもあります。

ぜひ、最小の編集で複数のプラットフォームを活用できないか考えてみてください。

<TikTokと他SNSの比較についての記事>
動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説
TikTokで再生されやすい動画パターンは?Instagramアルゴリズムとの違いに沿って解説

フォロワーの多い個人アカウントの参考例

ここでは、個人インフルエンサーと企業アカウントのTikoTok活用例をご紹介します。

まずは、個人インフルエンサーとして3名をピックアップ。

NICO【平成フラミンゴ】@nicoichi

NICO【平成フラミンゴ】 - TikTok
出典:NICO【平成フラミンゴ】 - TikTok

NICOさんは、相方のRIHOさんと2人で「平成フラミンゴ」というユニット名でユーチューバーとして活動しています。

Youtuberとしても登録者数200万人以上も誇る人気ユニットですが、その影響力をTikTokの個人アカウントにうまく活用されています。

NICOさんのTikTokは、

  • 日常のあるあるネタを多く投稿してユーザーから共感を得ている
  • コラボ動画を多く投稿し、双方のファンうまくを巻き込んだ動画作りをしている

という特徴が見られます。

「Youtuber としての影響力が強いからTikTokのフォロワーが増えるのも当たり前だろ。」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はYoutubeの登録が多くてもTikTokのフォロワーが少ない方は多くいます。

その中でもNIKOさんは、Youtube動画とは一線を画し、前述したトレンドのBGMを駆使して共感を得やすい「日常のあるあるネタ」を日々投稿されています。

他SNSからの影響力を使い、TikTokアルゴリズムに適した動画を別で作るという努力が人気の理由のひとつとなっています。

木村星南(せな)@kimura.sena

木村星南 - TikTok
出典:木村星南 - TikTok

木村星南さんは、可愛らいしいルックスから女性をはじめ男性からの人気も非常に高いインフルエンサーです。

GROVE株式会社に所属しておりファッション・コーディネート系の動画を主に投稿しているファッション系TikTokerとして大変注目を集めています。

木村星南さんのTikTokは、

  • かわいいファッションやおすすめコスメの紹介などで、女性ユーザーの興味関心を集めている
  • TikTokで流行りのBGMを取り入れることで、訴求力の高い動画作りがされている

以上のような特徴が見られます。

ターゲットとして、「ファッションやコスメに興味がある女性」を設定しており、それに基づく一貫性のある動画投稿により、TikTokのアルゴリズムに上手く反応している良い例です。

ゆめおさ@yumeosa

ゆめおさ - TikTok
出典:ゆめおさ - TikTok

ゆめおささんは、元脱毛サロンのスタッフで、現在は美容アドバイザーとして活躍しているインフルエンサーです。

敏感肌でも使える美容グッズの紹介など、女性が知りたい美容の情報発信で大変支持を集めています。

ゆめおささんのTikTokでは、コスメ、化粧品、美容サロンの紹介・解説などの動画が主に投稿されています。

ゆめおささんのTikTokは、

  • 元脱毛サロンスタッフの経験を活かした豊富な知識で、コメント欄の質問にも丁寧に答えている
  • 短い動画で、要点を押さえた美容に関するわかりやすい紹介・解説を行っている

以上のような特徴が見られます。

ゆめおささんのTikTokは、良い美容製品を探したり、購入に迷ってるときの決め手となっているのです。

フォロワーの多い企業アカウントの参考例

次に、フォロワー数が多い企業アカウントの活用例をご紹介します。

大京警備保障株式会社@dkykeibi_tokyo

大京警備保障株式会社 - TikTok
出典:大京警備保障株式会社 - TikTok

従業員わずか80人ほどの警備会社である大京警備保障株式会社。

ほぼおじさんしか出演していないにもかかわらず、フォロワー数約300万人の人気TikTokアカウントを運営する企業です。

大京警備保障株式会社のTikTokアカウントは1年で9万7000フォロワーを獲得しました。

面白い動画やトレンド動画を投稿するために、参考とするTikTokerや「#(ハッシュタグ)」機能を活用してきたようです。

大京警備保障株式会社の従業員の平均年齢は50代と高い会社でしたが、TikTokの活用によって20代の人材採用を成功させたとのこと。

なかなか若い人を採用できずにいた大京警備保障株式会社は、若い人に警備業界の魅力を伝える方法を模索している中でTikTokでの動画配信を選択しました。

このような面白い動画を配信しながらも警備知識に関する動画を配信することで、TikTokユーザーの20代の方が求人サイトで指名検索する形で検索をかけ、結果として採用の実現にいたりました。

TikTokで企業アカウントを作成し運用することで人材採用問題が解決できる期待が持てることが分かります。

人材採用コストが捻出できず困っている方は大京警備保障株式会社のTikTok成功事例を参考にTikTokアカウントをまずは開設してみることをおすすめします。

株式会社ポケモン@pokemon

2022年現在、一番フォロワーが多いTikTok企業アカウントは株式会社ポケモンです。

約20年前にポケットモンスター初代ゲームソフトが発売されましたが、今もなお企業価値を高め続けている株式会社ポケモンもTikTokを利用しています。

社内オフィスで音楽に合わせてポケモン達があらわれる様子はゲームの世界からポケモンが飛び出してきたかのようなファンタジーさを感じさせます。

特に2022年に発売したポケットモンスタースカーレットとポケットモンスターバイオレットは、3Dモデルを利用したバーチャル世界での遊技である特徴があります。

その宣伝として、TikTok内で現実世界でマスコットキャラクターを登場させ、自社コンテンツに対する没入感の強化に努めているようです。

長崎バイオパーク@nagasakibiopark

全国の動物園に先駆けてTikTokを活用し、幅広い層のファンを獲得している長崎バイオパーク。

元々は、飼育員が個人的にTikTokを使い、飼育員だからこそ撮影できる動物たちの動画を投稿していたとのこと。

そのアカウントが大反響を呼び、フォロワー数がなんと36万人にまで増えたことで、アカウント名を「長崎バイオパーク」と変更し、公式チャンネルとしてリニューアルしたという経緯でアカウント運営を開始しています。

動物たちのかわいい様子を伝えるには、TwitterやInstagramといった文章や画像がメインのSNSよりも、短尺動画に特化したTikTokの方が相性は良いでしょう。

TikTokを導入して以降、元々入園者には家族層が多かったようですが、10代・20代のカップル層が増え、新規顧客の獲得に成功しています。

SNSを活用したPRの企画ならNOKID

SNSを活用したPRの企画・制作は、動画制作だけでなく数々のイベントの認知拡大を支援してきた当ブログを運営するNOKID(ノーキッド)がおすすめです。おすすめのポイントは以下のような点です。

1.2,000名を超えるNOKID審査基準を満たしたクリエイターによる幅広いテイストへの対応力

アニメーションという表現方法の中にも、スライドに動きをつけたものから3DCGを活用したもの、セル画など多岐に渡るテイストがあります。NOKIDでは、独自審査を通過したクリエイターによって幅広い要望にお応えできます。

2.PR方法までを考慮した"作るだけではない"動画企画・制作力

動画を制作する場合には、要望通りに動画を制作することだけでは効果を発揮しないことが多くあります。NOKIDでは、動画の活用目的に沿った構成や表現を計画しております。

例えば、TikTokであれば認知に適したアルゴリズムになっておりユーザーが次々と動画をスワイプして観ていきます。そのため、冒頭の2〜3秒で注意を引くためのアイデア、PRに繋げるためにどのような情報を発信すべきかといった"ビジネス視点とクリエイティブ視点"のバランスを意識しております。

反応が取れるからといって、ビジネスにまったく繋がらない「奇抜な投稿」では制作費用を掛けても企業の価値が上がることはほとんど考えられません。

3.イベント・プロジェクト企画からPRまで対応可能な企画力

イベントの成功には、どれだけの見込み客にイベントを知ってもらい、興味を持ってもらえるかがカギを握ります。素晴らしいイベントであったとしても、上手くPR活動を行わなければ知られることはなく盛り上がりにかけた状態で終了を迎えます。

NOKIDでは、どのようにオンラインでイベントを認知させていくか、そのために適した動画はどんな内容にすべきか、といった企画から支援してきました。

SNSを効果的に活用することで、イベント開催前から認知を広げるだけでなく、開催期間中にも飽きさせず盛り上がりを演出することで「参加はしていないユーザーにも興味を持つきっかけを作る」ことまで工夫を凝らしました。

ぜひ、制作実績をご覧になってどういった表現ができるかを確認してみてください。

TikTokフォロワーを増やすアカウント作りのコツについてのまとめ

・TikTokは、Youtubeと比較すると「撮影・編集」という観点から気軽に始めることが可能
・サービスの認知拡大の他、これまでリーチできていなかったターゲット層へのアピールもできる
・複数の人気アカウントを見ていく中で共通しているのは、ターゲットとコンセプトが明確である
・一貫性を出すためには、アカウントのコンセプトを決めることが大切

ここまで、TikTokの概要からTikTokを使ったマーケティング手法、参考にしたいティックトッカー(インフルエンサー)や企業アカウントを紹介してきました。

既にアカウントをお持ちの方も、これから始めようと検討している方も、ご自身が「なんのためにTikTokを活用するのか」という点を改めて考えて計画してみてください。

TikTokの投稿は実写で個人をアピールするものが多く見られます。そのため、アニメーションの投稿によって投稿に注目を集めやすくする方法もあります。詳しくは以下のページで資料を公開しているので、参考にしてみてください。


おすすめ記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?



お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

【基礎からわかる!】動画制作"依頼"パーフェクトガイドブック

無料資料ダウンロード

基礎からわかる!アニメーション制作完全ガイドブック

無料資料ダウンロード

【効果的な動画広告をマニュアル化】動画広告設計テンプレート

無料資料ダウンロード

RECOMMEND