BLOG

BLOG

【保存版】TIkTok動画全種類を動画制作会社が解説!

2021.12.18

TIkTokのユーザーはフルテンションで動画を観ることができるため、アプリ内で多くの時間を消費し、主体的にトレンドを発信しています。また、TIkTokの優れている点はこれだけに留まりません。いくら自分が興味関心がある動画を見ることができても、広告のタイミングが悪かったり、動画が長かったりすることで不快感につながってしまいますが、その点、TikTokは1分間以内の短尺コンテンツとなっており、ユーザーの広告に対する印象が良い結果となっています。

では、TIkTokで広告を出稿したいとき、どんな広告を出稿するとよいのでしょうか?TikTokの広告といってもその出稿方法はさまざまな種類があります。TikTok公式サイトによると、TIkTokは、商品やサービスの認知獲得、第三者による拡散、ブランドベネフィットを体験・実感するという3つのフェーズにおいてソリューションを提供しています。

出典:図解でわかるTikTokの広告メニュー TikTok For Business

この記事では、上記の図に基づきながら、TikTokの広告の種類と特徴について、それぞれご紹介していきたいと思います。気になる方は是非、最後までご覧ください。

1 TikTokユーザーの特徴

1.1 広告好感度1位の実績を持つTikTok広告

公式TikTokの調査によると、主要動画配信サービスの動画広告と比較して、TIkTokが優れている結果が得られました。下記の図から、「見やすくてわかりやすいものが多い」「商品・サービスについての他の人の意見が気になる」の指標は多い結果となり、「邪魔だと思うことが多い」「企業の宣伝として見ている」の指標は少ないことがわかります。

出典:「テレビ広告素材のデジタル活用」調査レポート(TikTok For Business

1.2 広告の好感度が高い理由は「おすすめ」フィードにある

TikTokの広告は好感度が高い大きな理由として、TikTokのユーザー属性とアプリの仕組みが関わってきます。TIkTokにある「おすすめ」フィードは、TikTokを利用するユーザーひとりひとりに合わせたフィードを表示しており、各ユーザーの好みが反映されている設定となっています。

出典:「テレビ広告素材のデジタル活用」調査レポート(TikTok For Business

詳しいTIkTokの特徴は下記の記事でも解説していますので、気になる方は是非こちらもご覧ください。

>> TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を広告運用会社が解説

2 TikTokのメニューは主に2種類

TikTokは下記の配信手法があります。

  • スタンダードメニュー
  • オリジナルメニュー

配信手法を選ぶ基準は目的によって異なり、「認知」のためなら「スタンダードメニュー」、「拡散」や「体験」を目的とするなら「オリジナルメニュー」を選ぶことをおすすめします。具体的に見ていきましょう。

3 スタンダードメニューの特徴

Topview

「手持ちの動画で広告出稿をしたい」

「動画の素材が少ない」

「TikTok内で一番目立つ場所に配信したい」

という方には、スタンダードメニューがおすすめです。

Topviewは1日1社限定の枠で、広告起動時に確実に表示されるため、インパクトを与えられます。

手持ちの動画や、他の媒体にて出稿した動画も入稿することができるため、配信までのスケジュールに余裕がない方や、他の媒体で効果の良かった動画をTikTokでも展開したい、という方に多く利用されています。

・Top View

1⽇1社限定の起動画⾯枠。

アプリ起動時から最初のインフォード動画として配信される全⾯クリッカブルな縦型フル画⾯動画広告です。(60秒まで)

圧倒的な注⽬度を実現、1日約500万リーチが期待できます。

(Top View活用事例:広告出稿のリピート率58%!満足度の高いパフォーマンスを誇る「TopView」広告

引用:図解でわかるTikTokの広告メニュー | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

・起動画面広告

軌道画面広告もTopview同様、1日1社限定の枠で広告起動時に表示できるため、インパクトを与えられます。

しかし、静止画と動画を組み合わせた動画や、縦型動画を複数回組み合わせて制作された動画などはNGとなり、出稿可能な動画は16:9の縦型フルスクリーンの動画のみとなっておりますので、規定されている動画のサイズ確認が必須です。

起動画面広告はその名の通り、TikTokアプリを起動した際に表示される広告枠です。アプリ起動時に確実にユーザーの目に留まることと、1日1社限定の広告出稿方法のため、リーチ数をとにかく多く配信したいという方におすすめの出稿方法となっています。

・起動画面広告

1⽇1社限定の起動画⾯枠。

アプリ起動時に必ずファーストビューとして表⽰。多様な表示形式に対応しており、静止画も可能な縦型フル画面広告です。(音声は再生されません)

引用:図解でわかるTikTokの広告メニュー | 【公式】TikTok For Business: TikTok広告

TikTok公式サイトによると、TIkTokは、商品やサービスの認知獲得、第三者による拡散、ブランドベネフィットを体験・実感するという3つのフェーズにおいてソリューションを提供しています。下記の図からもわかるように、表示にインパクトを与えられるTopView、起動画面広告は認知獲得に優れている広告といえます。

出典:図解でわかるTikTokの広告メニュー TikTok For Business

4 オリジナルメニューの特徴

ハッシュタグチャレンジ

TikTok公式サイトでは、ハッシュタグチャレンジの特徴として、①ブランドの入口を作る ②大量なUGCが生まれる ③ブランド体験の場(になる) という特徴を挙げています。

ブランドの入り口を作る

企業発のコンテンツでありながら、ユーザーの興味に軸足を置いたコンテンツが、他にはない「共感」と「参加」を促します。

大量なUGCが生まれる

ユーザーにとって#Challengeは、“やらされる”ことではなく、“やってみたい”ことになっています。そのため、大量なUGCが生まれ、拡散されていきます。

ブランド体験の場

動画投稿をすることも、生まれたUGCを見ることもブランド体験となり、エンゲージメントが起こります。

引用:心を動かし、行動を喚起するUGCを生み出すTikTokの#Challenge、その成功法則を初公開 | 【公式】TikTok For Business

ブランドエフェクト

高度な画像認証技術を用いることで、2D、3D、ARといったさまざまなクリエイティブコンテンツ作成が可能になるものです。ハッシュタグチャレンジと併用したキャンペーンを実施することにより、さらに効果的な広告配信が可能になります。

具体的なクリエイティブの内容としては、下記のようなエフェクトが挙げられます。これにより、視覚的な演出が可能になり、サービスや商品のシミュレーションができやすくなるのです。

出典:「ブランドエフェクトだからこそできる圧倒的な「ブランド体験」」TikTok For Business

5 TikTok動画広告の出稿は容易では無い

これまでで、TIkTok広告の種類と、検討するポイントを解説してきました。インパクトある表示方法で、商品やサービスの認知を獲得したい場合には「Topview」「起動画面広告」といった「スタンダードメニュー」、ユーザーによる情報の拡散やブランド体験を目的としたい場合には「オリジナルメニュー」を検討してみてはいかがでしょうか。

しかし、動画広告の出稿には、目的の設計から動画の作成、さらに、分析をしながら運用するといったように、かなりの業務量があり、初めて実施される方が1から独学で行うことは容易ではありません。

弊社では、商品や企業の魅力が伝わりやすいアニメーションを1から企画したり、アニメーション制作を行なったりしているサービスとなっています。さらに、登場するキャラクターのIP(知的財産)ビジネスへの展開を考慮した上での制作企画から配信までのサポートをしてくれるサービスですので、TIkTok広告についてご興味がある方や、依頼をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

関連記事

  • 2022.01.10

    【TIkTok広告】クリエイター起用動画を制作したいときは何をしたら良い?制作会社が解説

  • 2021.12.18

    成功するTikTok動画の種類とは?動画制作会社が徹底解説

  • 2022.02.14

    TikTokチャンネルでアニメを活用すると得られるメリットとは?