BLOG

BLOG

TikTokアニメ動画はどうやって作るべき?TikTok動画の種類から収入源まで解説します

これまでの記事で、実写で撮影を実施するのに比べ、アニメーション動画の良いところを解説してきました。繰り返しにはなりますが、アニメーションの良いところは主に3つあります。1つは表現しにくい数値や商品などでも、自由な表現で視覚的にわかりやすくなること、2つ目に、実写撮影に比べてキャスティングが少なく済むこと、そして3つ目に、声やビジュアルも自由に決めることができるため、思い通りのキャラクターを制作することができる他、実在する人物を用意しなくていいことから、外注制作をしやすいことなどが挙げられました。

では、アニメーションの中でも特に「TikTokアニメーション」を制作したい場合、どの種類の動画を、どのように制作すれば良いでしょうか?

この記事では、TikTokアニメーション動画の制作を検討している方に向けて、TikTok動画の種類すべてについて解説し、制作方法から制作後の動画の活用方法まで、徹底的に解説していきます。

企業でTikTokアニメーション動画を活用するイメージがわくかと思いますので、是非最後までお読みください。

TikTok用のショートアニメの制作がしたいという方は「【保存版】ショートアニメ動画の制作を依頼したい!制作会社の選び方とおすすめをプロがご紹介」もおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


1.TikTokアニメの概要

TikTokアニメを活用するメリット

TikTok広告・通常コンテンツが表示されるこの仕組みどちらも共通して、ユーザーの好みに合う形で表示される仕組みになっているため、TikTokは他の媒体で投稿した動画よりもエンゲージメントが高くなりやすく、こうした背景から、企業担当者の方がTikTokを活用したいという方が増えてきました。

そもそも、TikTokでアニメ動画を活用するメリットとして、次の3つが挙げられます。

  1. キャラクターを使用することにより、視聴者が親しみやすさを感じやすいこと
  2. 実写と比較して、キャストの斡旋が少なく人件費を削減できること
  3. 企業アカウントの場合、IPビジネスを視野に入れられるため、長期的な視点から社内の資産になり得ること

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連:TikTokチャンネルでアニメを活用すると得られるメリットとは?

バズりやすいアニメーションの特徴

TikTok動画自体、他の媒体よりも没入感を感じられる媒体ですが、その中でも特にユーザーにとって人気となり、バズりやすいアニメーションは大きく分けると次の3パターンに分かれています。

  • 音源や雰囲気に合わせて動画を切り抜き
  • 親しみやすいアニメーション×身近な話題
  • オリジナルアニメ✖️シュールな内容

TIkTok用に作成したオリジナルアニメーションを投稿しているアカウントや、親しみやすいアニメーションと、身近な話題に関する雑学を投稿するアカウントなど、ユーザーが没入感を感じやすい内容を投稿している方が人気です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!

2.動画制作の際に気をつけるべきポイント

まずは制作依頼者を検討

TikTokアニメーション動画の制作を検討する段階になった際、まず考えるべきことは予算・目的を考えた上で、制作依頼者を決めることです。

動画制作の依頼者は、ざっくりと自社で制作ができそうな人に依頼するか、外注するかの2択になるかと思います。2択を選ぶポイントとして、「動画の素材数が十分か」「動画の制作目的」の2つによって検討することが重要です。

また、自社で制作する場合、「想定していたよりも使える素材が足りなかった」「方法を学びながら制作したい」などの悩みに合わせて、活用するべきツールを選定していくこと、外注依頼する場合には、「広告出稿を視野に入れているか否か」のすり合わせを社内で確認することが重要となります。

下記の記事で、TikTokのアニメーション動画制作を検討した時に、自社で制作をするべきか?他社に依頼するべきか?の判断ポイントについて、詳しく解説しています。

関連:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説

TikTok事務所に依頼する場合

TikTok動画を制作してくれる企業は多くありますが、実は、TIkTokに特化したインフルエンサー「TIkToker(ティックトッカー)」が多く所属している企業、「TIkTok事務所」が存在します。TikTok事務所は、自社に所属しているTikToker(クリエイター)のマネジメントを行ったり、活動のサポートを行ったりしつつ、企業案件を受注している組織にあたります。

  • クリエイターのマネジメント
  • クリエイターの活動サポート
  • 企業案件の受注
  • 企業案件の動画制作

詳しくは下記の記事で解説していますので、こちらも是非ご覧ください。

関連:【TikTok動画】TikTok事務所所属のクリエイターに制作依頼をするメリット・デメリットとは?

3.動画制作後の活用方法

TikTok内での投稿だけでなくTikTok動画自体が収益源になるなど、さまざまな活用方法があります。

広告活用

動画の活用としてまずあげられるのがTikTok広告です。TikTokでは、ユーザーにとってストレスなく広告が表示されるため、他の媒体よりも視聴したユーザーのエンゲージメントが高くなりやすい傾向にあります。その結果、下記のような効果が見込めます。

  1. 広告投稿にいいねをする
  2. SNS広告を見てからブランドを好きになる
  3. 広告・PR目的の動画を保存する

詳しくは下記の記事で解説していますので、こちらも是非ご覧ください。

関連:【保存版】TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を徹底解説

広告の種類は2種類

TikTok広告の種類はスタンダードメニューとオリジナルメニューの2種類があります。

スタンダードメニューには、1日1社限定の枠で、広告起動時に確実に表示されるため、インパクトを与えられる「Topview」や、TikTokアプリを起動した際に表示される広告枠である「起動画面広告」があります。アプリ起動時に確実にユーザーの目に留まることと、1日1社限定の広告出稿方法のため、リーチ数をとにかく多く配信したいという方におすすめの出稿方法となっています。

オリジナルメニューには、①ブランドの入口を作る ②大量なUGCが生まれる ③ブランド体験の場(になる) という特徴をもつ「ハッシュタグチャレンジ」や、2D、3D、ARといったさまざまなクリエイティブコンテンツを作成する「ブランドエフェクト」などがあります。

詳しくは下記の記事で解説していますので、こちらも是非ご覧ください。

関連:【保存版】TIkTok動画全種類を動画制作会社が解説!

アニメーションの収益源とTikTokならではの収益源

アニメーションの収益源として、下記のようなものが挙げられます。

  • PR・販促効果
  • グッズ制作
  • リアルイベント
  • メディアミックス

TikTokの収益源には以下が挙げられます。

  • オンラインサロン
  • 投げ銭(ギフティング機能)
  • 楽曲提供

さらに詳しくは「TikTokアニメが収益に繋がる!TikTokならではの収益方法について制作会社が徹底解説します」で解説しています。

また、制作動画をYouTube、TikTokのどちらで活用するかどうか迷っている方は「制作した動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?アニメーション制作会社が解説」もおすすめです。

関連:TikTokに楽曲提供するには?TikTokでオリジナル楽曲を収益化!

4.TikTok動画制作の外注を検討している場合はNOKIDへ

ここまでで、TikTok動画の内容や、制作において考慮すべきポイント、制作後の動画の活用方法まで解説してきました。

「ご自身でアニメーション制作をするのは不安」という方や、「運用まで行える自信がない」という方は、制作・運用の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

弊社でも、アニメーション動画制作を軸としたTikTokアカウントの運用代行、広告によるアカウント育成などワンストップの対応が可能です。ご依頼を検討中の方は、お気軽にご相談ください。

お見積もりやご相談は、お問い合わせからご連絡ください。
NOKIDの制作実績:https://nokid.jp/works/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事