BLOG

BLOG

アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説

音楽アーティストがファンを増やすためには、音楽をレコーディングしたりMVを制作したりと、形にすることは最低限必要です。しかし、あくまで最低限の話です。重要になるのは制作したMVをどう知ってもらうかです。

そのためには、MVを制作するクリエイティブ面とマーケティング面の両方を考える必要があります。MVにおいては、近年アニメーションを活用したアニメMVが注目されています。マーケティングにおいてはTikTokやYouTubeを活用することで多くの知名度を獲得したケースが増えています。

また、楽曲を知ってもらう際にはユーザーが楽曲を拡散する仕掛けを作ることもファンを作る上で大切です。最終的にはファンのコミュニティを形成していくことが長期に活躍するためには大切になります。

そこでこの記事では、アニメMV制作とインターネットを活用したMVのマーケティング手法についてを音楽アーティストのファンを増やす目的に沿って解説していきます。

PRアニメの事例は「【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説」で詳しく解説しています。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


MVで音楽アーティストのファンを増やす方法

音楽アーティストのファンを増やすには、MVを制作して多くの人に観てもらうことが必要です。インターネットが普及してSNSで簡単にMVを公開できるようになった現在では、動画マーケティングに力を入れているかが勝敗を握ります。

MVとPVの違いとは?制作のポイントも動画制作会社が解説」でも解説した通り、PVもMVの魅力を多くの人に知ってもらうために制作されます。

さっそく、MVをインターネットで観てもらうために必要な各要素を解説します。

MV動画マーケティングとは

音楽アーティストの人気を上げるためには、良い楽曲があるだけでは足りません。ファンを増やすための活動、広告宣伝などのマーケティングが必要となります。

MV動画マーケティングとは、音楽アーティストのMVを多くの人に観てもらいファンになってもらうための活動です。その手段としてSNSや広告を活用して、ファンの可能性がある人に向けてMVを届けます。

マーケティング活動に力を入れることで、ファンが増えてビジネスとして成立します。反対に、マーケティング活動が上手くいかなければ優れた楽曲だったとしても人気になることは困難です。例え人気が出るとしても、時間が掛かりますし、誰かが口コミしてくれる運頼みとなってしまいビジネスにはなりません。

MV動画マーケティングはアニメMVが適している

MV動画マーケティングは、いくつかのパターンを作ったり媒体に合わせて短尺に編集することが理想です。そのため、撮影が必要な実写動画では扱いづらく、表現も高額なCGを活用しなければ制限があります。

そこで、適しているのがアニメMVと呼ばれるフルアニメーションを活用したMVの採用です。

認知度を上げるにはアニメMVで注意を引く

音楽アーティストや楽曲のファンを増やすためには、多くの人にMVが知られていなければいけません。近年では、SNSの普及によって無料でも知名度を上げることが可能となりました。

SNSなどのインターネットを活用して知名度を上げていくためには、音声だけでなくビジュアル表現にもこだわる必要があります。アニメMVを活用することで、歌詞とフィットした世界観や登場人物をイメージ通りに描き出し、楽曲の魅力を上げることが可能です。

こうした理由から、表現の柔軟さを持つアニメーションMVが最適なのです。アニメMVの特徴は以下の記事がおすすめです。

関連:アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは

ファンを増やすアニメMVの作り方

アニメMVを企画・制作するには、楽曲や音楽アーティストのブランド価値が上がるようなものにしなければいけません。単に綺麗な映像、面白いだけでは楽曲の魅力が伝わらなくなってしまうからです。

では、効果的にアニメMVを作るためのステップを見ていきましょう。

アニメMVを企画する

  1. アーティスト・歌詞から方向性を絞る
  2. アニメMVのコンセプトを決める
  3. アニメMVの世界観・登場人物を決める
  4. アニメMVの作風・テイストを決める

詳細を見ていきましょう。

1.アーティスト・歌詞から方向性を絞る

アーティストや歌詞には目指すべき方向性があるはずです。もし決まっていない場合は、どういった人たちの共感を得られるのかを歌詞から探ることが必要です。

SNSでシェアされるには、共感を得る必要がありますので方向性は明確にしておくのがおすすめです。

2.アニメMVのコンセプトを決める

方向性に沿ったMVのコンセプトを決めましょう。YOASOBIは「小説を音楽にする」というコンセプトです。コンセプトが明確でないとMVの世界観も曖昧なものとなって、視聴者に伝わらなくなってしまいます。

楽曲で何を伝えたいのか、何を実現したいのかを決めましょう。

3.アニメMVの世界観・登場人物を決める

コンセプトに沿って世界観・登場人物を決めていきます。楽曲で何を伝えたいのかが決まれば、表現もスムーズとなります。コンセプトがもっとも伝わりやすいシーンをイメージしてみるのがおすすめです。

歌詞やコンセプトから具体的なストーリーを考えると、より明確にイメージしやすくなります。

4.アニメMVの作風・テイストを決める

同じストーリーでも、作風・テイストでイメージが大きく変わります。リアルなキャラクターなのかデフォルメされた可愛らしいキャラクターなのかだけでも異なります。

芯のある強さを表現したいなら、リアルな作風となります。反対に、癒しのあるイメージならパステルカラーで柔らかなタッチで描くなどが考えられます。楽曲のイメージに相応しい雰囲気を考えてみてください。

ここまでで、アニメMVの企画方法を解説しました。実際の制作に取り掛かる際は、絵コンテやキャラクターのデザインや作画といった多くの工程が必要です。そのため、自身で制作されることを考えるよりは、外部のアニメーションMV制作会社へ依頼することを検討するのがおすすめです。依頼の仕方は以下の記事が参考になります。

アニメMVを制作したら、公開先も選定しましょう。

関連:アニメーションMVの依頼方法を解説!トラブルなくMVを納品してもらうには?

アニメMVの認知度をインターネットで上げる

多くの音楽アーティストは、楽曲を人気にするためにストリーミングサービスへ提供したり、ホームページやSNSで簡単な告知をするだけになってしまっています。

良い楽曲は”前提”として必要です。しかし、聴きたいと思うまでにはプロセスがあるのです。まずは、楽曲の世界観を表現したアニメMVを作りインターネットで公開する場所を選びましょう。

公開先についてはTikTokとYouTubeを活用するのがおすすめです。順に解説しますので、まずはそれぞれの役割を決めていきましょう。

YouTubeチャンネルとTikTokアカウントの役割

媒体にも特性がありますので、それぞれの特徴を活かして最適な役割を設けることがマーケティングにおいて大切です。TikTokとYouTubeの役割は以下のように考えるのがおすすめです。

「YouTubeはアニメMVを観てもらう場所」
「TikTokはアニメMVを知ってもらう場所」

それぞれ解説していきます。

YouTubeはアニメMVを観てもらう場所

YouTubeチャンネルは公式にもあるように、コミュニティ作りを推奨しています。

また、チャンネル内の動画を複数視聴してもらうような「興味をすでに抱いている視聴者向けの育成」に向いています。

このように視聴者が続けて動画を視聴したいと思い、チャンネル登録をしてもらうことで視聴者をファンに育成する状態を作ります。チャンネル登録してもらえば、新曲をリリースした際にもスムーズに認知活動が行えます。

YouTubeチャンネル登録者を増やす方法は、以下の記事で解説しています。

関連:知名度もない状態でYouTubeチャンネル登録者数を増やすには?1万人登録を量産したプロが解説

TikTokはアニメMVを知ってもらう場所

TikTokであれば新たな出会いを視聴者に与えるため、初めての接触に向いています。ファネルで言うと認知〜興味の領域です。

つまり、YouTubeでしっかりとMVを観てもらうために興味を持ってくれる人たちを探す役割です。多くの視聴者に楽曲を知ってもらう機会を作りましょう。

なぜ実写よりもアニメが良いか気になる場合は「【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!」の記事がおすすめです。

YouTubeでMVを観てもらう方法

YouTubeチャンネルでアニメMVに関する動画を公開する

YouTubeの特徴として、収益化の条件を考慮すると10分程度の動画が多いことが分かります。つまり、基本的には次々と動画を視聴するのではなく何かしらの目的に沿った動画をじっくり視聴すると言えます。

これに適した活用方法としては、音楽アーティストのオリジナル曲をすべて視聴できる状態を作ることです。

また、視聴者が動画を気に入った場合は同チャンネル内の動画を続けて視聴する可能性が高いため、MVだけでなく MV制作やライブの舞台裏の映像、楽曲に対するインタビューなどの動画を関連動画として投稿しておくことで、楽曲の世界観に引き込む仕掛けが大切です。

このようにYouTubeではコミュニティを形成して、ファンを囲い込むような状態を作っていくことで、ファンの理解度や新曲をいち早く視聴してもらう場として運営していくのです。

TikTokでMVを知ってもらう方法

TikTokアカウントで交流を深める

TikTokの特徴として、アプリ起動時におすすめタブが表示されることです。これはフォロワーではなく視聴者自身の視聴行動に適した動画がおすすめとして表示されます。

つまり、新しい発見を重視した設計になっているため知名度を上げるには最適なのです。次々に表示される動画の中にいくつも該当する楽曲が使われていれば自然に楽曲の認知度を上げることが可能です。

ショート動画プラットフォームには、TikTokの他にYouTubeショートなどもあります。

YouTubeとTikTokのどちらを選ぶべきか、両方とも活用するかは「動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?アニメーション制作会社が解説」の記事がおすすめです。

他にも電車内の動画広告へ出稿する方法もあります。詳しくは【動画広告】電車内広告にはアニメ動画広告が注目される理由とは?種類や料金を解説」の記事をご覧ください。

ファンを増やすMV動画マーケティングの流れ

アニメMVの制作と公開先が決まったら、それぞれの媒体の役割に沿った動画を公開していきましょう。TikTokとYouTubeを活用した場合の流れは以下の通りです。

  1. YouTubeチャンネルで楽曲のMVを公開する
  2. TikTokへ楽曲を提供・活用して注目を集める動画を投稿する
  3. YouTubeショートでも短尺動画を投稿する
  4. 反応の傾向を分析して良い動画は広告で宣伝する
  5. ファンが増えたらライブ配信などで生歌を披露する

忘れてはいけないのが、TikTokとYouTubeショートではMVを短くして流すだけで良いわけではないことです。ショート動画を投稿するにはポイントがありますので、次で解説します。

TikTokで楽曲する具体的な手順は「TikTokに楽曲提供するには?TikTokでオリジナル楽曲を収益化!」で解説しています。

ショート動画を投稿する際のポイント

ショート動画を投稿する上でのポイントは以下が挙げられます。

  • パーソナリティを出したもの
  • 楽曲を使用すること
  • 視聴者の共感を得ること
  • 楽曲と合った内容にすること

上述でもお伝えした通り、TikTokやYouTubeショートの役割は楽曲の認知度を上げていくことです。いきなり楽曲だけを流しても余程の魅力がなければスワイプされて記憶に残せません。

SNSは交流の場でもありますから、音楽アーティスト自身のパーソナリティや歌詞に沿った投稿をして、楽曲への興味を抱いてもらう準備から始めなければいけません。例えば、「歌詞に沿った世界観とキャラクターを用いた短編アニメ」を公開したり、「歌詞のターゲットの共感を得られる出来事3選」などです。

これらの動画コンテンツに、提供した自身の楽曲を挿入して投稿を続けていきましょう。

TikTok動画のパターンは、「成功するTikTok動画の種類とは?動画制作会社が徹底解説」で詳しく解説しています。

アニメMVの価値を上げる

アニメMVもただ公開するだけでは観てもらえません。正確には観てもらっても興味を持たれません。必ず何かしらの仕掛けが必要です。

仕掛けとして重要になるのは、ファンを巻き込むことでMVの価値が上がるようなことです。それぞれ解説していきます。

ファンを巻き込んでMVの価値を上げる

アニメMVを二次創作で盛り上げる

ファンは二次創作をしてくれます。著作権の問題で公開していない場合が多いですが、二次創作を盛り上げることによってファンがファンを呼んだり、話題になったりします。

その良い例とも言えるのが、YouTubeでMVを公開して「歌ってみた」という形でファンが楽曲をカバーした動画です。例えば、ボーカロイドの曲などは作者が二次創作(アレンジやカバーなど)を推奨していることがあります。

二次創作によって出来た「歌ってみた」などのカバーされている曲を聴く人は、オリジナル曲を知りません。しかし、いくつかの動画でカバーされているのを観るうちに「誰がオリジナル曲を歌っているのか」を知りたいタイミングが来ます。

こうしてオリジナル曲を出している音楽アーティストの知名度が上がり、徐々にファンが出来てくるのです。

コミュニティでファンとの交流をする

コミュニティを作るにはYouTubeを活用することがおすすめです。ライブ配信や楽曲の発売までの経緯や裏側を収録した動画をプレミア公開することが可能です。

曲を出すだけではなく、SNSやブログも活用して楽曲に込められた想いやMV制作の裏側などをアーティストの目線から発信することも良いでしょう。パーソナリティを知ってもらうことで、ファンから愛着を持たれるようになれば、楽曲だけでなくアーティスト自身を推奨してくれるようになります。

参考:YouTubeでコミュニティとつながる - YouTube for Artists

顔出しが難しい場合はショートアニメがおすすめ

MVの素材があれば、一貫性を持たせたショートアニメ動画が作成できます。上述の通り、パーソナリティを出していく方が共感を得やすくなるため、アーティストらしさの伝わるテーマにすることが大切です。

  • 歌詞の世界観を短編アニメで表現する
  • キャラクターの対話でアーティストの想いを表現する

このような内容をショートアニメにして、楽曲を挿入して投稿を続けることでYouTubeチャンネルへ誘導しましょう。

ショートアニメをTikTokで投稿するメリットは「TikTokチャンネルでアニメを活用すると得られるメリットとは?」で詳しく解説しています。

TikTokアニメを活用したアカウント運用ガイドブックは「TikTokアニメ運用ガイドダウンロードページ」で無料ダウンロードが可能です。

アニメMVの成功事例

音莉飴(ねりあめ)「陽キャJKに憧れる陰キャJKの歌」

出典:陽キャJKに憧れる陰キャJKの歌/音莉飴 【公式MV】

音莉飴(ねりあめ)は、TikTokから人気に火がついた「あかね&あかり」の2人組ユニットです。作詞作曲・編曲まで自ら行っているようです。Billboard Japanが12月8日に発表した“TikTok Weekly Top 20”で1位に輝いた音莉飴(ねりあめ)の「陽キャJKに憧れる陰キャJKの歌」です。

アニメMVは、フルアニメーションではなくマンガ動画のようなスライド動画で表現されています。

あかねが9月19日に自身のTikTokアカウントにて「陽キャJKに憧れる陰キャJKの歌」を使った動画を投稿したところから知られるようになっていきました。

音莉飴(ねりあめ)の楽曲を使った投稿(UGC)は、2022年3月10日時点で9万6,500投稿にもなっています。

また、YouTubeチャンネルでは二次創作によって、多くの人たちにカバーされることで同じようにUGCの拡散が進んでいます。二次創作を禁止する場合が多く見られますが、SNSの時代においては自由に活用できるようにした方がファンもつきやすく注目されると言えるでしょう。

他にも、男性目線ver.というものもあり視聴者の共感を大切にしていることが分かります。

出典:陰キャJKに惚れる陽キャDKの歌 feat.弱酸性 /音莉飴

このように、楽曲や音楽アーティストをインターネット上で認知してもらい、UGCのような形で二次創作に関した行動が起こる仕掛けを考えていくことが成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

他にも制作実績ページでも、アニメMVの事例を公開しているのでご覧ください。

MV動画マーケティングの注意点

いくらTikTokやYouTubeを駆使しても、あくまで公開先のPR手法でしかありません。本質的には、視聴者に好まれる楽曲と世界観を表現したMVがあって始めてPRの効果を発揮します。

だからこそ、我々は世界観の表現に最適なアニメMVを推奨しています。

なお、アニメMVの魅力は「アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは」で詳しく解説しています。

まとめ

・TikTokは認知に活用する
・YouTubeチャンネルはファン育成に活用する
・新曲リリース後もチャンネル内のファンに宣伝できる
・動画はMVだけでなくパーソナリティを見せる
・歌詞の世界観を表現した短編アニメ投稿がおすすめ

楽曲が売れるためには、良い楽曲を作ることはもちろん、どのように楽曲を聴いてもらうか(知ってもらうか)を考えることも重要です。SNSでUGCを生み出すような二次創作を活用した仕掛けや、動画で注意を引き興味を持ってもらってから楽曲を聴いてもらうなどの工夫が鍵を握っています。これらを促すのにアニメMVは適しており、世界観を表現することにも実写動画に比べて優れています。

NOKIDでは、アニメMVに採用されることが増えてきた「インディーアニメ」を積極的に活用しています。これによって、制作フローが変わり関わる人数が最小限となることで大幅なコストダウンに成功します。

また、制作したアニメMVは、SNSで公開するだけでなく広告によって戦略的にPRを行うことも有効です。アーティストのアニメMVを制作するだけでなく、インターネット広告でPRするまでサポートが可能です。

アニメMV制作・PRならNOKIDにご相談ください。
NOKIDの制作実績:https://nokid.jp/works/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事