2024.06.27

2024.07.04

TikTok広告で使うUGC(風)動画とは?効果的に活用する方法を紹介

TikTokなどのSNSでよく目にするUGC風の動画広告を見たことはあるでしょうか?UGC(風)動画は、信頼性が高い印象を視聴者に与えるためブランドの魅力を伝える際に効果的な方法です。

他社のUGCを活用した動画広告を見て「自社でも同じようにしたい」と思い試みると、ユーザーからの反応が薄く期待する成果が得られないことがよくあります。

また、どうすればユーザーに自発的にコンテンツを作成してもらえるのか、またそのコンテンツをどう活用すれば良いのかが分からない、そんな悩みを抱えている方も多いでしょう。

そこで今回は、企業のマーケティング戦略にUGC(風)動画を取り入れる方法について詳しく紹介します。UGC(風)動画によって消費者の信頼を獲得し、ブランドの認知度を大幅に向上させていけるようにしましょう。
より具体的な施策については「ハッシュタグチャレンジとは?企業がTikTokでUGCを生むためのキャンペーン事例を解説」がおすすめです。


TikTokアニメ運用ガイド」では、アニメーション動画を活用したTikTokアカウントの運用方法を公開しています。実写投稿の多い中でアニメーション投稿を行うことは注目を集めやすく、顔出しなしで可能なため自社のキャラクターを活用することと非常に相性が良いと言えます。企業でTikTokを活用したい際にご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


<記事のポイント>
・TikTok広告で使うUGC”風”動画の効果とメリットが分かる
・成功するUGC動画の選び方と拡散方法が分かる
・企業がUGCを生み出すための仕掛け作りの参考例が分かる
・UGC動画のNGパターンと対策が分かる

目次

TikTokのUGC(風)動画はどんな使い方ができる?

UGC動画の効果を活かした上で、企業でどのように活用できるでしょうか?基本的には、顧客側の目線で魅力を伝える点を重視するのが良いでしょう。以下に活用例を紹介します。

信頼性の高いレビュー紹介として活用する

UGCは、実際のユーザーが製品やサービスを使用している様子や魅力をリアルに映し出したものです。このリアルな内容は、企業から発信する売り手目線の宣伝メッセージよりも高い信頼性を持ちます。

実際に、調査会社のNielsenは以下のように発表しています。

世界中の消費者の92%が、友人や家族からの口コミや推薦のようなアーンドメディアを、他のあらゆる形態の広告よりも信頼している

引用:広告とブランド・メッセージに対する世界の信頼 - Nielsen

このように、UGCを自社の投稿として使用することは、メッセージの説得力を持たせる上で重要だということです。

広告のクリエイティブとして活用する

UGC動画は、広告キャンペーンにおいても非常に効果的です。ユーザーが作成したコンテンツを自社の広告クリエイティブとして活用し、視聴者に対して自然で親しみやすい形で製品やサービスを紹介することができます。

例えば、UGC動画をTikTok広告で配信することで、視聴者は広告を見ているという意識を持たず、より自然に受け入れることができます。なにより、単に投稿するだけに比べて、熱のこもった信頼性の高いレビューを多くの視聴者に知ってもらうことができます。

また、リターゲティング広告で、ブランド自体を知っているユーザーに再度リーチすることも効果的です。

<関連記事>
【保存版】TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を徹底解説
【保存版】TikTok広告メニューは何がある?3つのソリューションの特徴を解説

インフルエンサーとのコラボに活用する

インフルエンサーとのコラボレーションによって制作したUGC風動画を活用することも、企業にとって有効な戦略です。

人気のあるインフルエンサーが製品やサービスを紹介し、そのフォロワーに対してリーチするだけでなく、自社でも活用することで新たな視聴者に興味を持ってもらうきっかけを作ることができます。

また、インフルエンサーからUGCの作成をフォロワーに促してもらうことで、多くのレビューコンテンツを生むような方法も良いでしょう。

企業がUGC(風)動画をTikTok広告で使う効果とは?

TikTok広告が効果的な3つの理由
出典:TikTok fot Business

第三者の投稿活用のためメッセージの信頼性を上げられる

まず、UGC動画は信頼性が高い点が挙げられます。実際のユーザーが作成したコンテンツによって魅力を代弁してもらうことは、視聴者に有益な情報として受け取ってもらいやすい状態を作れます。

前述でも挙げたNielsenが公開した「消費者の92%が他の消費者の推奨を信頼している」という調査結果の通り、ブランドメッセージよりも友人や家族の意見を重視します。

そのため、売り手目線の話よりも、顧客が体験した印象を実際の言葉で伝えているコンテンツを広告で活用する方が参考にしてもらえるということです。

有益さがあるためエンゲージメント率を高められる

次に、UGC動画はエンゲージメントを高める効果があります。TikTokは、新しい発見を求めるユーザーが多く、広告に対しても不快感を持たれづらい傾向があります。

だからといって、キャンペーン告知などの強烈な売り込みばかりしていてはブロックの対象となってしまうリスクが高いため、あくまで紹介するものを使うとどうなるのかを中心に伝えることを意識しましょう。

こうしたコンテンツとして価値のある動画にするためにも、UGCのようなユーザー目線の内容は好意的な反応を得やすくなると言えるでしょう。

例えば、ユーザーが動画に対してコメントを残したり、リミックス機能を使って自分のコンテンツを追加したりすることで、ブランドとのエンゲージメントが強化されます。

アルゴリズムに沿っているためリーチを増やしやすい

前述の通り、UGC動画はコンテンツとしての有益さも考慮されているため、視聴や反応されやすい結果としてバイラル性が高くなる点も魅力です。

TikTokのアルゴリズムは、ユーザーがプラットフォームに長く滞在してくれることを求めているため、多くの関心を集めるコンテンツを高く評価します。その結果、優先的に表示されやすくなり、UGC動画が視聴者の間で拡散されやすい環境が整っています。

例えば、チャレンジやハッシュタグキャンペーンを通じて、多くのユーザーが参加しやすい仕掛けを提供することで、動画が爆発的に拡散される可能性があります。

関連記事:TikTokの投稿を広告で配信するには?Spark Adsの特徴と配信手順を解説

TikTokでUGC風に作った投稿がUGC"風"動画と呼ばれている

See our success stories - TikTok for Business
出典:See our success stories - TikTok for Business

他者が投稿したUGCを広告クリエイティブとして自社で活用するからです。もしくは、顧客が言うであろう気持ちを想定して代弁する「UGCに見せかけた形式」の動画もあります。

つまり、元となる投稿ありなしに関わらず、自社から発信するため正確にはUGCではないということからUGC「風」動画と呼ばれています。

しかし、インフルエンサーによるステルスマーケティングがユーザー側を騙すことで話題となったことから、こうした明確にPRだと分かる方法はユーザー側に受け入れられやすい状況になっています。

なぜUGCに見せかけた動画が使われるの?

ユーザーの実際の投稿を活用する場合は「許諾を取る必要があるため、必ずしも活用できるわけではない」という問題が発生します。

そのため、ユーザーが作成した投稿に見せかけたUGC風動画を使い、許諾を取らなくても利点だけを活かせるようにしているのです。

より魅力を伝えるためにUGCを活用したいものの、許諾が取れない、または取るための時間を省略するために見せかけた動画を活用しているのです。

ただし、元となる投稿が良くなければ結局のところ効果を発揮しないため、本来のユーザーから自主的に投稿してもらう工夫をすることが大切です。

UGC”風”動画は魅力を伝える手段のひとつ

UGC動画の大きな利点は、リアルなユーザーの声や体験を反映している点です。これにより、視聴者はブランドに対する信頼感を持ちやすくなります。

UGC風動画は、この特性を活かすために自社で引用したり、実際のユーザーが作成したコンテンツに見せかけることで、視聴者に自然な印象でサービスや製品の魅力を伝えたり興味を持つきっかけを与えます。

例えば、お取り寄せ品を販売したい場合に、顧客が魅力に感じるようなセリフとして「パッケージが可愛くて即買いしてしまった。」などの形で魅力を伝えることが挙げられます。

このように、UGC風動画はサービスや製品の魅力を伝える手段のひとつだということです。

TikTok広告で活用するベストなUGC動画を選ぶ基準は?

TikTokの投稿探索イメージ
出典:TikTok

UGC動画を広告などで拡散するためには、ターゲットに魅力の伝わるUGCを選ぶことがポイントです。

投稿を選ぶ際には、以下の基準を参考にしてみましょう。

  • エンゲージメントの高いコンテンツを選ぶ
  • リアルなユーザー体験を反映した動画を選ぶ
  • ブランドメッセージに一致する動画を選ぶ
  • 丁寧に作られた映像と音声を選ぶ
  • ストーリーテリングが優れた動画を選ぶ
  • シェアしやすいコンテンツを選ぶ

それぞれ紹介していきます。

エンゲージメントの高いコンテンツを選ぶ

UGC動画を選ぶ際には、視聴者のエンゲージメントが高いコンテンツを優先します。エンゲージメントが高い=アルゴリズムを考慮するとユーザーが興味を持っているコンテンツである可能性が高いからです。

例えば、いいねやコメント、シェアが多い動画は視聴者に強く響いている証拠です。エンゲージメントが高い動画を広告として拡散することで、さらに多くの視聴者にリーチしやすくなります。

リアルなユーザー体験を反映した動画を選ぶ

視聴者にとって自然で共感しやすいコンテンツを選ぶことが重要です。リアルなユーザーの声や体験を反映した動画は信頼性が高く、視聴者の共感を得やすいからです。

例えば、製品を実際に使用しているシーンや、ユーザーの成功体験を紹介している動画を選定します。

ブランドメッセージに一致する動画を選ぶ

UGC動画を選ぶ際には、反応率といった指標だけでなく、ブランドのメッセージや価値観と一致するコンテンツを選定することも大切です。これにより、一貫したブランドイメージを視聴者に伝えることができます。

例えば、環境に配慮した製品を販売している企業であれば、エコフレンドリーな取り組みを紹介しているユーザーの動画を選びます。

丁寧に作られた映像と音声を選ぶ

単にUGCを使えば良いわけではなく、ターゲットに魅力が伝わることが大切です。そのため、高品質な映像や音声の動画を選ぶことも必要です。

ただし、作り込まれ過ぎた動画はヤラセ感が出てしまいますので、あくまで丁寧に作られているという点がポイントです。

例えば、映像の明るさや伝わりやすい音声など、不快感のない自然なものを選びましょう。スマートフォンのカメラで撮影された動画でも、適切に編集された高品質なものを選定します。

ストーリーテリングが優れた動画を選ぶ

優れたストーリーテリングを持つ動画は、視聴者の関心を引き、最後まで見てもらいやすくなります。感情に訴えるストーリーや、視聴者が自分の経験と重ね合わせやすい内容の動画を選びます。

例えば、製品の使用方法を紹介する動画でも、ユーザーが実際に感じた感想や効果をストーリー形式で紹介しているものが効果的です。

シェアしやすいコンテンツを選ぶ

UGC動画を広告として拡散する際には、シェアしやすいコンテンツを選ぶことが重要です。具体的には、

単に商品特徴を語っているものではなく、人に教えたくなる気持ちを刺激できるものがおすすめです。

例えば、熱量が伝わるものや個性的な投稿、または参考になる詳しさなどの特徴を持つものが良いでしょう。

これにより、動画の拡散力が高まり、多くのユーザーにリーチすることができます。

TikTokで自然なUGC動画を生み出す仕掛けを作るには?

自然なUGCを生み出す仕掛けを作るには、ユーザーが自発的にコンテンツを作成したくなるようなアイデアが必要です。本質的には、ユーザーとの交流を深めると言えるでしょう。

UGCを生む仕掛けを設けることで、ブランドの認知度も自然と高めることができます。UGCを生み出すための具体的なアイデアは以下のようなことが挙げられます。

  • チャレンジやコンテストを開催する
  • 投稿に対するインセンティブを提供する
  • イベントなどのブランド体験を提供する
  • コラボレーション企画を開催する
  • ユーザーとの関係を密にする
  • 投稿テーマやフォーマットを指定する

それぞれ紹介していきます。

チャレンジやコンテストを開催する

ユーザーが参加したくなるようなチャレンジやコンテストを開催することが効果的です。人は何かに挑戦する際は、周囲に伝えたくなる”自己顕示欲”を刺激することができます。

例えば、TikTokで流行しているダンスチャレンジやハッシュタグキャンペーンを実施し、参加者が自分の動画を投稿することでUGCが自然に生まれます。賞品を用意することで参加意欲を高めることも有効です。

UGCの創出という点で、Fortniteのようにサービス自体に関与させる仕掛けなども参考にできます。詳しくは「ゲーム実況配信(動画)は売上に影響する?無視できない効果やメリットを紹介」をあわせてご覧ください。

投稿に対するインセンティブを提供する

ユーザーがコンテンツを作成するモチベーションを高めるために、インセンティブを提供します。

例えば、投稿された動画の中から優秀な作品を選び、賞品や特典を提供することで、多くのユーザーが参加するよう促します。

また、投稿されたコンテンツを公式アカウントで紹介することで、ユーザーの注目度を高めることができます。

イベントなどのブランド体験を提供する

ユーザーがブランドに関する特別な体験を得られるような機会を提供します。これは、投稿するネタとして提供する意味でも有効であり、ファン化のきっかけにもなります。

例えば、製品の試用イベントや限定イベントに招待することで、ユーザーはその体験を共有したくなります。このような体験を通じて作成されたコンテンツは、信頼性と共感を呼びやすいと言えます。

コラボレーション企画を開催する

インフルエンサーや人気クリエイターとのコラボレーション企画を実施することで、UGCの生成を促進します。人気のあるクリエイターがブランドの製品やサービスを紹介し、そのフォロワーが同様のコンテンツを作成するように促すことで、UGCが広がります。

例えば、インフルエンサーが自分のフォロワーにチャレンジを提案し、その結果として多数のUGCが生まれることがあります。

ユーザーとの関係を密にする

ユーザーとのエンゲージメントを強化することで、UGCの生成を促します。

例えば、ユーザーからのコメントやフィードバックに積極的に返信し、ユーザーとのコミュニケーションを大切にします。

また、ユーザーの投稿をリツイートしたり、ストーリーでシェアしたりすることで、ユーザーがブランドに対して親近感を持ちやすくなります。

投稿テーマやフォーマットを指定する

ユーザーがコンテンツを作成しやすいように、テーマやフォーマットを指定します。

例えば、「#推しキャラ」や「#今年買って良かったもの」といった具体的なテーマを提示することで、ユーザーはどのようなコンテンツを作成すれば良いかが分かりやすくなります。

また、簡単に編集できるテンプレートやフィルターを提供することも効果的です。オフラインを絡めて、イベントの様子などの投稿をしてもらうような方法も良いでしょう。

これらの仕掛けを実施することで、ユーザーが自発的にUGCを作成してくれる状態を目指しましょう。

TikTok広告で使うUGC(風)動画のNGパターンを5つ紹介

UGC動画は、効果的に活用すれば大きなメリットがありますが、間違った方法で運用すると逆効果になることがあります。

ここでは、UGC動画のNGパターンとその回避法について解説します。

NGパターン1:過度に編集された動画

UGC動画をプロフェッショナルなクオリティに仕上げようとしすぎて過度に編集してしまうと、視聴者に「作り物」の印象を与えてしまいます。リアルなユーザー体験が感じられないと信頼性が低下し、視聴者の共感を得にくくなります。

適度な編集にとどめ、ユーザーの自然な声やリアクションをそのまま残すようにします。リアルな感情や体験を伝えることで、視聴者の共感を呼びやすくなります。

NGパターン2:一貫性のないコンテンツ

ブランドのメッセージと一貫性のないUGCを活用すると、視聴者は混乱してしまい、ブランドの信頼性が損なわれます。特に異なるメッセージが混在すると、ブランドのアイデンティティが不明確になります。

ブランドのメッセージと一貫性のあるコンテンツを活用します。

コンテンツガイドラインを設定するアイデアもありますが、デメリットを挙げていたり悪い評価があることで他の投稿の信頼性も増すため、すべてのUGCがブランドの価値観や目標と一致させすぎないことも大切です。

NGパターン3:視聴者にとって興味のない内容

視聴者の関心を引かない内容の動画を投稿・配信すると、エンゲージメントが低下します。

  • 参考になるか?
  • 面白いか?
  • 興味が出るか?

といった基準でコンテンツを選びましょう。

例えば、製品の特徴ばかりを強調した動画は、視聴者にとって興味を持ちにくいため、投稿者の主観を強めたユニークな内容になっているものや、使用に至った個人的なストーリーを語っているものが良い例としてあげられます。

こうしたリアルな体験や、視聴者が共感できる内容を紹介することで、エンゲージメントを高めることができます。

NGパターン4:過度な売り込み

UGC動画を過度に売り込みの手段として使用すると、視聴者は反感を抱きやすくなります。特に、露骨な宣伝や押しつけがましいメッセージは逆効果です。

情報提供やストーリーテリングに重点を置き、自然な形でブランドや製品の良さを伝えます。視聴者にとって有益な情報やエンターテインメントを提供することで、自然に製品やブランドに興味を持ってもらうことが重要です。

NGパターン5:無許可で使用したコンテンツ

ユーザーからの許可を得ずにコンテンツを使用すると、法的問題や信頼性の低下を招く可能性があります。ユーザーの権利を尊重しないと、ブランドイメージが損なわれます。

ユーザーのコンテンツを使用する際は、利用範囲や目的、使用許可を得るプロセスをガイドラインとして提供するようにしましょう。リスク回避の点だけでなく、ユーザーに対して誠実な印象を与えることにもなるでしょう。

また、ユーザーにとっては、自身の投稿を使ってもらえたという体験や、ブランドとの個人的な交流によって、より好意的になるきっかけを作ることにもつながります。

関連記事:TikTokで再生されやすい動画パターンは?Instagramアルゴリズムとの違いに沿って解説

TikTok広告で使う動画のパターンはUGC"風"動画にもある?

TikTok広告では、さまざまな動画パターンが効果的に使用されています。これらのパターンは、視聴者の興味を引き、エンゲージメントを高めるために重要です。

特にUGC(ユーザー生成コンテンツ)風動画は、自然で信頼性が高く、多くの視聴者に共感を呼びやすいです。

ここでは、TikTok広告で使われる動画のパターンを紹介し、それぞれの特徴とUGC風動画との関連性を解説します。

UGC風(口コミ)

UGC風動画は、実際のユーザーが作成したように見せかけるコンテンツです。このパターンは視聴者に自然で親しみやすい印象を与え、信頼性を高めます。

UGC風動画を広告として使用することで、視聴者は広告を見ているという意識を持たず、より受け入れやすくなります。

例えば、ユーザーが製品を使用しているシーンや体験談を取り入れた動画が効果的です。

クリエイター起用

人気のTikTokクリエイターを起用した動画は、高いエンゲージメントを得やすいです。クリエイターは既に多くのフォロワーを持ち、その信頼性と影響力を利用することで、広告の効果を最大化できます。

クリエイターが製品を紹介し、視聴者に対してリアルな使用感を伝えることで、UGC風動画と同様の効果を発揮します。

例えば、クリエイターが日常生活で製品を使用する様子を自然に撮影した動画が好評です。

関連記事:TikTok事務所所属のクリエイターに制作依頼をするメリット・デメリットとは?

ショートドラマ

ショートドラマ形式の動画は、視聴者の関心を引き、感情に訴えることができます。短いストーリーを通じて製品やブランドの魅力を伝えることで、視聴者のエンゲージメントを高めます。

例えば、ユーザーが製品を使用して問題を解決するシーンをドラマ形式で描くことが効果的です。

関連記事:TikTokショートドラマアカウントとは?新たなPR手法となる理由を紹介

静止画(スライドショー)

静止画を使用した動画広告は、シンプルで視覚的に強いインパクトを与えることができます。複数の静止画をスライドショー形式で表示することで、製品やブランドの特徴を簡潔に伝えることができます。

例えば、ユーザーが撮影した写真を使用して製品の使用シーンを紹介することが可能です。

スライド形式の動画広告は、情報を整理して視覚的にわかりやすく伝えるために効果的です。

アニメーション(キャラクター)

アニメやキャラクターを使用した動画広告は、視聴者に楽しさと親しみやすさを提供します。アニメキャラクターを使って製品やブランドのストーリーを伝えることで、視聴者の興味を引くことができます。

キャラクターの活用によって、ユーザーが製品を使用する様子を可愛らしく親しみやすく表現できます。

例えば、キャラクターが製品を使って問題を解決するシーンを描くことが効果的です。

これらの動画パターンをうまく組み合わせることで、TikTok広告の効果を最大化しましょう。

関連記事:TikTokでアニメーション動画をPRに活用できるの?おすすめできる理由から参考例まで紹介

TikTok広告にUGC風動画を活用する方法についてのまとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • UGC”風”動画は、実際のユーザーが作成した投稿に見せかけたり流用することで、視聴者に説得力のあるメッセージを伝えられる
  • ユーザー目線で語られるUGC動画は魅力が伝わりやすく、視聴者にシェアしてもらいやすい
  • エンゲージメントが高いコンテンツなど、元となるUGCの見極めは注意して行う
  • チャレンジやコンテスト、インセンティブの提供などでUGCを生み出す工夫をすることが大切
  • UGC動画は、過度な編集や一貫性のないリアルなユーザー体験のものを選ぶことが重要
  • UGCが魅力的でも見てもらえなければ意味がないため、SNS広告の活用などが有効
  • UGC”風”動画以外にも、クリエイター起用、ショートドラマ、静止画、スライド、アニメ(キャラクター)などの動画パターンを使い分けることが大切

これらのポイントを踏まえ、UGC風動画を効果的に活用することで、企業は消費者の信頼を得やすく、エンゲージメントを高めることができます。

当社では、TikTokでショートアニメによる投稿の企画・制作やアカウントの運用も対応しておりますので、まずは資料を手に入れてみてください。

マーケティング視点の"作るだけではない"動画企画・制作力

キャラクターを活用したPR、ブランドのイベント企画といったPR活動は、動画制作だけでなく数々のイベントの認知拡大を支援してきた我々NOKID(ノーキッド)なら、幅広いご提案とクリエイティブ制作が可能です。

アニメーションという表現方法の中にも、スライドに動きをつけたものから3DCGを活用したもの、セル画など多岐に渡るテイストがあります。

動画を制作する場合には、要望通りに動画を制作することだけでは効果を発揮しないことが多くあります。NOKIDでは、動画の活用目的に沿った構成や表現を計画しております。

例えば、TikTokであれば認知に適したアルゴリズムになっておりユーザーが次々と動画をスワイプして観ていきます。そのため、冒頭の2〜3秒で注意を引くためのアイデア、PRに繋げるためにどのような情報を発信すべきかといった"ビジネス視点とクリエイティブ視点"のバランスを意識しております。

「初めてのアニメーション制作」「PRまで考慮した映像」をご検討の方はお気軽にご相談ください。



おすすめ記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?










お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる!】動画制作"依頼"パーフェクトガイドブック

無料資料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

【効果的な動画広告をマニュアル化】動画広告設計テンプレート

無料資料ダウンロード

YouTubeショートアニメ制作完全ガイドブック

無料資料ダウンロード

NOKID編集部

1000件以上の映像制作実績を誇る株式会社NOKIDの編集部メンバーが監修。キャラクター・アニメーション分野のノウハウやトレンドの活用手法の紹介が得意です。

RECOMMEND