2023.12.04

2024.04.25

アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法

どのようにして"自社のサービスや製品を効果的にPRし、見込み客(視聴者)に知ってもらうのか?"を考える機会が多い場合は、「アニメーションPRと実写PRのどちらを活用すべきか?」と考えたことがあるかもしれません。

ですが、どちらが良いかを考えるよりも、「ブランドのストーリーをどのように伝え、視聴者に共感を呼び起こすか?」または「どのような行動を取ってもらいたいか?」という"目的"に応じて、それぞれを使い分けることが重要です。

そこで今回は、アニメーションと実写を活用したPR手法の違いを明確にし、それぞれの手法が持つ独特な魅力と効果的な活用法を解説します。アニメーション・実写を使ったPR方法には、どんなものがあるのか、要素ごとの比較やメリットを紹介しながら、それぞれの違いを紹介します。

自社のPR戦略において、どのようにこれらの手法を適切に組み合わせ、最大の効果を引き出すことができるのかの参考にしてみてください。

PRアニメーション動画の制作料金や種類は「【種類別】アニメーション動画制作の料金が知りたい!種類別の制作料金と活用例を解説」がおすすめです。


基礎からわかるアニメーション映像制作ガイド」では、さらに具体的なアニメーションの活用方法や効果などを公開しています。アニメーションを企業で活用するべきか迷っている際にご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


<記事のポイント>
・アニメーションPRと実写PRの基本的な違いと特性が分かる
・アニメーションPRと実写PRが持つそれぞれの魅力が分かる
・どのような状況でアニメーションPRや実写PRを選択すべきか分かる
・アニメーションと実写を適切に使い分けるためのポイントと戦略が分かる

アニメーションPRは企業に有効な方法なのか?

アニメイメージ

アニメーションPRとは?

アニメーションPRとは、企業や商品・サービスの宣伝活動にアニメーション動画を活用することです。アニメーションは、実写では難しい想像力豊かな表現が可能で、視聴者の心に深く印象を残す効果があります。キャラクターを活用したり、目を引くビジュアルとストーリーテリングの力で、伝えたいメッセージを分かりやすく、かつ楽しく視聴者に届けることができます。

例えば、日本の有名な自動車メーカーが展開したアニメーションCMシリーズは、そのユニークなキャラクターと物語で、製品の特長を効果的に伝えると同時に、視聴者に強い感情的なつながりを築きました。このCMは、車の性能や安全性を視覚的に表現することで、視聴者に製品への理解と興味を深めることに成功しています。

また、アニメーションは、言語や文化の壁を越えて幅広い視聴者にアプローチすることができます。その普遍的な魅力は、国内外の幅広い視聴者にリーチし、ブランドメッセージの普及に繋がります。

こうした理由から、アニメーションPRは、企業がターゲットにメッセージを効果的に伝え、ブランド認知度を向上させるための有効な手段と言えるでしょう。

そもそもPRとは?

PRとは「パブリックリレーションズ(Public Relations)」の略です。「公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会」によると、「組織とその組織を取り巻く人間(個人・集団)との望ましい関係を創り出すための考え方および行動のあり方である」と定義づけられています。

言い換えると、SNSを通じてインフルエンサーに自社のサービスを紹介してもらったり、消費者とダイレクトで繋がれるイベントなどが挙げられます。

PR方法には、メディアを使ったPR方法やオフラインイベントでのPRなどがありますが、今回のテーマである「アニメーションを使ったPR」においては、「メディア」を使ったPRの一種に入ります。

関連記事:キャラクターを活用するメリットとは?デメリットや効果も解説

アニメーションPRは費用対効果が高い?

アニメーションPRの費用対効果を考える際、重要なのは、その投資がもたらす長期的な価値です。アニメーション制作には、初期投資として高いコストがかかることがありますが、実写のように出演者が年齢を重ねることがないため、長期的に活用しやすい魅力があります。

つまり、アニメーションは視覚的に売り込み感が少なく、表現の柔軟性によって記憶に残りやすいため、一度の投資で”長期間にわたりブランド認知度を高める”効果が期待できます。他にも、表現次第では幅広い年齢層や背景を持つ、多様化した視聴者に合わせてアピールできる方法です。

また、WebメディアやSNS(ソーシャルメディア)との相性が良く、キャラクターアカウントの運用によって、投稿がシェアされる=拡散力が高いことも魅力です。これにより、広告やマーケティングの予算を抑えつつ、バイラル効果を狙うことが可能になります。

実際の例として、多くの大手企業がアニメーションを用いたPR活動で成功を収めています。これらの企業は、アニメーションを通じて独自のブランドストーリーを創造し、顧客との関係構築や話題に取り上げてもらうことに成功しています。

こうした活用方法により、単なる商品の宣伝を超え、ブランドの価値観やコンセプトを伝えるための効果的な手段となっています。ブランドの特性やマーケティング戦略に応じて、適切にアニメーションPRを活用することで、その真価を最大限に引き出すことができるでしょう。

<キャラクター活用に関する記事>
キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介
キャラクターを使ったSNS運用のメリットとは?成功例やコツを紹介

アニメーションPRと実写PRの違い

比較要素アニメーションPR実写PR
表現の自由度想像力に基づく自由な表現が可能現実に即した具体的な表現
制作コスト初期コストが高いが長期利用可能ロケーションや出演者で変動
ターゲットへの訴求力若年層やファンタジー好きに訴求一般的な視聴者に現実感をもって訴求
メリットオリジナリティと創造性現実感と具体性
デメリット制作時間が長くなる可能性現場の制約や出演者の調整必要
相性の良い活用方法ファンタジーや抽象的なコンセプト実際の製品やサービスの紹介
タイムライン長期的なプロジェクトに適する短期的なキャンペーンに適する
視聴者の反応好奇心を刺激安心感や信頼感を与える
※アニメーションPRと実写PRの比較表

アニメーションPRと実写PRは、それぞれ独自の強みと特徴を持っています。

アニメーションをPRに活用する魅力

アニメーションPRの大きな特徴は、そのクリエイティブな自由度の高さです。アニメーションでは、現実には存在しないキャラクターやファンタジーの世界を創造することができ、視聴者の想像力を刺激し、メッセージをより印象深く伝えることができます。

具体的には、アニメーションPRでは、抽象的な企業の考えや、コモディティ化した商品(商品を見せても新鮮味を与えづらい商品)において、独自の世界観を表現して伝えやすい魅力があります。

ある飲料メーカーが、キャラクターを通して製品のキャンペーン告知を行うようなケースがあります。こういったキャンペーンでは、キャラクターの物語や世界観が消費者の感情を動かし、それをキャンペーンと結びつけることで興味を引き出す工夫がなされています。

また、著作権を保有している場合は、実写映像のデメリットである「キャスティング費用」を抑えることができます。さらには、「利用範囲の制限」に苦労することなく、そのキャラクターを使ってIPビジネスまで検討することが可能になるのです。

このように、アニメーションは存在しないもの=考え方や世界観の可視化が可能で、キャラクターの存在によって、視聴者の心に残るメッセージを届けやすいのです。

関連記事:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由をアニメ会社の視点から解説します

実写をPRに活用する魅力

一方、実写PRは実際の商品を見せたり、特定の実在する個人や風景を紹介する際に、視聴者に対して直接的なイメージで伝えることが可能です。

具体的には、有名人を起用したスキンケア製品のCMがよくあるケースです。こういったCMでは、実際の人物が製品を使用する様子を通じて、その効果をリアルに伝え、視聴者の信頼を得ることに成功しています。さらに、スキンケア製品は効果・効能を謳うことが難しいことから、肌の美しい印象を持つ著名人を前面に出すことで、狙ったイメージの獲得に繋げているのです。

このように、実写は現実感を強調し、視聴者に直接的な訴求を行うことが向いています。

企業は、求めるターゲットや伝えたいメッセージの性質に応じて、これらの手法を適切に選択し活用することが重要です。

関連記事:PR施策の企画書を"読まれる"ように作成するコツは?何を入れたら伝わるのか解説

どのようにアニメーションPRと実写PRを使い分ける?

ブランドの成長を考える際を例に、実写とアニメーションを使い分ける具体的なシナリオを紹介します。

アニメーションの活用に適したシーン

製品を一度しか購入していない顧客層に対して、ブランドの価値観や歴史を伝えるためにアニメーションを使用します。ここでの目的は、ブランドストーリーを通じて感情的な絆を築き、顧客のロイヤリティを深めることです。

アニメーションでは、創造的な物語やキャラクターを用いて、ブランドの起源、成長の軌跡、製品やサービスが持つユニークな価値を表現することが適しています。特に、物語性に敏感な顧客に対して効果的で、ブランドに対する深い理解と共感を促進します。

例えば、エコフレンドリーな製品ラインを展開する場合、地球環境への配慮をテーマにしたアニメーションストーリーを作成し、ブランドの環境保護への取り組みを視覚的に伝えることが可能です。

関連記事:【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説

実写の活用に適したシーン

社員を前面に出したキャンペーンを展開するような場合に、実写を使用します。この場合は、実際の社員や製品開発の過程を通じて、ブランドの人間性と透明性を強調します。

実写は、顧客に対して会社の顔となる人物や、製品がどのように作られているかをリアルに見せることで、信頼と説得力を生み出します。

例えば、高品質な素材を使用している料理関連の製品を扱う場合、キッチンでの製品の使用シーンや、社員が素材選びに情熱を注ぐ様子を実写で撮影し、製品へのこだわりと品質の高さを伝えることができます。

これらの具体的なシーンを参考に、ブランドが持つ独自のストーリーや価値を効果的に伝えるために、それぞれの表現方法の強みを最大限に活かした使い分けをしていきましょう。

関連記事:【業種別】PR動画の活用事例8選!効果的な動画にする方法も解説

実写とアニメーションの融合を実現させるコツは?

製品やサービスのPRにおいては、意図するメッセージが「視聴者に伝わる」ことが重要です。そのための方法として、実写とアニメーションを融合させるのもアイデアとして有効です。

例えば、楽曲のMVなどで、独自の世界観をアーティストが出演した状態で実現できる実写とアニメーションを融合させた動画は、両表現の良いところを活用できます。

出典:Who Framed Roger Rabbit - The 3 Rules of Living Animation - YouTube

上記の動画で紹介されているアニメーション技術に関する解説によると、1988年に公開されたロバート・ゼメキス監督の映画「ロジャー・ラビット」は、実写とアニメーションを融合させた画期的な作品でした。この映画は、アニメーションキャラクターが現実世界に存在しているかのようなリアリティを表現するために、複数の技術を採用しています。

その際のコツは、以下が挙げられています。

  • キャラクターと人の目線を維持する
  • 物理的な相互作用を発生させる
  • 光と影を正確に表現する

それぞれについて解説します。

キャラクターと人の目線を維持する

キャラクターと人の目線を維持する
出典:Who Framed Roger Rabbit - The 3 Rules of Living Animation - YouTube

アニメーションキャラクターと実写の役者との間で、彼らが同じ世界に存在しているように見せるために「目線」が重要な役割を果たしました。

これにより、アニメーションキャラクターと実写の役者が互いに見つめ合っているような視覚的なつながりを作り出し、両者が同じ世界に存在するという印象を強めました。

物理的なやり取りを発生させる

物理的なやり取りを発生させる
出典:Who Framed Roger Rabbit - The 3 Rules of Living Animation - YouTube

次に「物理的に存在している錯覚を与えること」も重要な要素でした。実写の役者、アニメーションキャラクター、小道具、セットが物理的に接触するシーンでは、リアルな相互作用を発生させることで、アニメーションキャラクターが現実に存在しているかのような印象を与えました。

光と影を正確に表現する

光と影を正確に表現する
出典:Who Framed Roger Rabbit - The 3 Rules of Living Animation - YouTube

アニメーションキャラクターが、現実に存在しているかのように表現するためには「光と影を正確に表現すること」も非常に重要です。

アニメーションに影を加えることによって、キャラクターに立体感とリアルな存在感をもたらし、実写環境の一部として自然に溶け込むように見せることができました。特に、「ロジャー・ラビット」では、5種類の影を重ね合わせることでキャラクターに深みとリアリティを与えています。

このように、実写とアニメーションの融合には、視覚的リアリティを高めるための様々な工夫が必要です。制作技術が発展した現在でも、これらの基本的な原則は変わらず、実写とアニメーションを組み合わせる際には参考になるポイントとなります。

関連記事:【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説

PRに適したアニメーション動画制作ステップ

PRアニメーション動画の制作から公開までのステップ

PR向けのアニメーション動画の制作は、映画などの映像作品とは異なり、PRする企業や商品・サービスがターゲットにとって、価値のある存在であると認識されるよう計画・制作を進める必要があります。

また、制作後の公開先や活用方法についても想定しておくことが大切です。具体的なステップは以下のようになります。

  1. ブランドメッセージの明確化:PRの核となるブランドメッセージを明確にし、そのメッセージを効果的に伝える大まかなストーリーを考案します。
  2. ターゲット(見込み客)の分析:メッセージを伝えたい具体的なターゲット層を分析し、彼らが反応する状況や感情、苦痛などを特定し、ブランドメッセージと紐付くアプローチを考えます。
  3. ビジュアル(テイスト)の選定:ターゲットとブランドに合致したテイストを選定します。
  4. ストーリーボードの作成:メッセージを視覚的に伝えるためのストーリーボード(絵コンテ)を作成し、シナリオの流れを具体化します。
  5. 映像・音声(各素材)の制作:選定したテイストとストーリーに沿ってアニメーションを制作し、ブランドメッセージを強化するための音声や音楽を組み合わせます。
  6. レビュー・フィードバックの反映:制作途中でのレビューを行い、関係者からのフィードバックを取り込んで品質を高めます。
  7. 編集・仕上げ:編集を通じて全体の調整や一貫性を確保し、より伝わりやすい表現に仕上げます。
  8. 公開・プロモーション:制作したアニメーションを公開し、ターゲットにリーチするためのプロモーション活動を展開します。

これらのステップで、PR目的に最適化された効果的なアニメーション動画を制作し、ブランドの魅力を最大限に伝えていきましょう。

<関連記事>
実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介
反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介
アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介

アニメーション動画をどこでPR展開する?

アニメーションPRを戦略的に展開するためには、まず明確な目的とターゲットを設定することが重要です。アニメーションはそのビジュアル的魅力により、幅広い年齢層にアピールする可能性を持っていますが、特にアニメそのものが好きな人や、特定のターゲットにリーチしやすい特性があります。

例えば、日本の有名なアニメーションスタジオであるスタジオジブリは、「風立ちぬ」で航空機の魅力を伝えることに成功しました。この作品は、航空機という専門的なテーマを独特のアニメーション表現で描き、幅広い層からの注目を集めました。

この事例からもわかるように、アニメーションPRは、特定のテーマや製品を効果的に紹介し、視聴者に強い印象を与えることができます。

では、具体的な展開先についても紹介していきます。

ポスター・チラシ・パンフレット(紙媒体)

駅のホームや電車内、商店街などで見かける、特定の情報を発信するPR方法です。紙ベースのものから、デジタル化されたものまであり、独自のデザインや入れたい文言などで作成できます。幅広い場面で見受けられ、昔から馴染みのある物が多く存在します。

イベント(オンライン・オフライン)

直接的に顧客とのコミュニケーションを行えるイベントによるPR方法です。例えば、エナジードリンクの会社が新商品の認知を拡大するために配布をするイベントを行うなどが挙げられます。イベントによって、ターゲットが直接ブランドの体験をすることで、ポジティブな印象を抱きやすくなります。

プレスリリース

企業からの公式の文書であり、PRESS=新聞社に向けて情報を発信するものです。自社のあらゆる活動において記事にすることで、新聞やメディアに取り上げてもらい、認知を拡大することを目的としています。プレスリリースを見た関係者からメディア掲載のため取材依頼が来たり、ニュースサイトに転載されたりすることがあります。

SNS(ソーシャルメディア)

共感力が高いSNSでは、発信量やフォロワーが多いユーザーからの拡散により多くのファンからの指示を得ることができます。皆様もご存知の通り、Instagramでの発信は動画や画像を投稿するタイプのため、商品やサービスについて拡散された際に、ユーザーにとって視覚的に情報がわかりやすい特徴があります。

他にも、Youtubeやニコニコ動画などの動画投稿プラットフォームで配信することは、ターゲットが「動画を見に来ている状態」と違和感なくマッチするため、優先して活用した方法です。

これらのように、直接的にターゲットへアプローチするだけでなく、第三者に「拡散」されることも目的とすることが大切です。

また、動画を活用したPR方法には「商品PR」や「企業PR」だけでなく「楽曲PR」も同じく存在します。

アニメPVとMVの違いや事例については「アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは。」で詳しく解説しています。

アニメーションPRと実写PRの違いについてのまとめ

ここまでのポイントをまとめてみます。

  • 実写PRは、現実のシナリオや人物を使って信頼性を高めやすい
  • アニメーションPRは、制作の柔軟性を活かし、非現実的な要素を入れやすい
  • 実写はリアルな表現や、製品の具体的な使用シーンといった現実感に適している
  • アニメーションは、視覚的な魅力とユニークな演出で抽象的なことを伝えるのに適している
  • 実写とアニメーションは、ブランドやメッセージに応じた使い分けが重要
  • アニメーションと実写の融合は、リアルな印象を与えつつアニメーションの魅力を生かした表現が可能

アニメーションを制作することで、自社のサービスや商品がメディアに取り上げられ、認知を拡大できる可能性があることをお伝えしてきました。

企業や商品・サービスのPRにおいて、アニメーションと実写のどちらが優れているという見方ではなく、それぞれの特性を理解し、目的に合わせて適切に活用することが大切です。

アニメーションのクリエイティブな自由度と、実写のリアリティをバランスよく組み合わせることで、ブランドメッセージをより効果的に伝え、深く印象付けることも良いでしょう。

しかし、実際に動画制作をする際には、このような疑問があって検討が難しいかもしれません。

「どのように依頼をしたらいいのか?」
「制作にはどのくらいの予算がかかるのか?」
「どんなアニメーションの種類を用いるのが良いのか?」

そこでおすすめなのが、当社が提供するアニメーション企画・制作サービスです。多くのクリエイターをプロデュース・マネジメントしており、インディーアニメを積極的に活用することでコストを抑えてクオリティを担保できる体制を構築しております。

また、あらゆるテイストでの表現が可能なためブランドに合ったキャラクターや世界観のご提案が可能です。コンテンツのシナリオ設計、IPを前提としたキャラクター企画、MV制作など、アニメーション動画に関する必要な業務は一気通貫で対応いたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。


おすすめの記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


SNS動画:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?


動画制作の依頼についての記事

アニメーションMVの依頼方法を解説!トラブルなくMVを納品してもらうには?


動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


アニメーション動画を外注依頼する前にすべきことを一覧にまとめました


アニメーション制作に困っている方へ。独学・外注どちらが良いのかを解説


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


クラウドワークスでアニメーション制作を依頼するリスクとは?制作会社との違いを紹介


【まとめ版】動画制作をスムーズに依頼するための専門用語を解説


動画制作の基礎についての記事

映像制作に活用されるCGとは?種類や制作会社を選ぶコツまで解説


Unreal Engine(アンリアルエンジン)は映像制作に向かない?機能の特徴や企業が使うメリットを解説


アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは。


動画の作り方についての記事

採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介


ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説


YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう


TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介


動画の著作権についての記事

著作権の譲渡とライセンス契約の注意点を解説!発注前に知っておくべきこと


動画の著作権を二次利用するとは?権利範囲や二次創作を解説



基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説
事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説
種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説
制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介
依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介
依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説
制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介
MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説
実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法
SNS動画:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!
企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由
制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?
採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説
解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?
解説動画:【解説動画】アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?

<動画の違いについての記事>

VFXとは?SFX・CGとの違いや各映像技術の事例を解説
MVとPVの違いとは?制作のポイントも動画制作会社が解説
VR動画をビジネスでどう活用するのか?AR・MRとの違いや業界別事例も解説

<PR企画についての記事>

PR施策の企画書を"読まれる"ように作成するコツは?何を入れたら伝わるのか解説
PR目的のイベントを成功させるには?企画のコツや開催するメリットを解説
ChatGPT(AI)をPRに活用できるの?基礎知識から事例まで初心者向けに紹介
アニメマーケティングを商品開発や商品PRに活かすメリットとは?事例付きで制作会社が解説します
反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介

<PR事例についての記事>

【PR事例】ゲーム・アニメをリアルに体験できるイベントとは?おすすめの成功事例を紹介
地域イベントで町おこしをするには?効果的なPR方法や過去のイベント事例を紹介
【業種別】PR動画の活用事例8選!効果的な動画にする方法も解説
ゆるキャラの成功事例と作り方を解説!キャラクターでPR効果を生むには
キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介

<PR手法についての記事>

NFT(画像・動画)をPR施策にどう活用するのか?参考事例も交えて解説
NFTを会員権として活用するPR施策とは?参考事例や注意点を紹介
3DCG動画広告で効果的なPRを行うには?相性の良い広告手法から反応を得るための内容までを解説
SNSで漫画・イラストインフルエンサーとコラボする際のおすすめは?依頼方法まで紹介
イベント集客を広告で成功させるには?運用テクニックから広告に頼らない施策まで紹介
【事例紹介】3DCG/VR/ARをイベントで活用した新たなプロモーション手法とは?

<PR動画の配信先についての記事>

動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説

RECOMMEND