BLOG

BLOG

TikTokの投稿を広告で配信するには?Spark Adsの特徴と配信手順を解説

TikTok広告では通常の広告配信やハッシュタグチャレンジなどの広告メニュー加えて、オーガニック投稿を広告として利用することができる「Spark Ads」という広告フォーマットがあります。

オーガニック投稿、つまりユーザーや企業アカウントで投稿した動画を広告にすることで、広告らしくない自然な形でユーザーにアプローチすることが可能です。

今回はSpark Adsのメリット、配信手順をキャプチャー付きで解説していきます。

TikTokで広告を出してみたいという方におすすめの配信手法なので、ぜひ参考にしてみてください。

動画広告を配信できる媒体の中でも、TikTokとYouTubeは比較されることが多くあります。これは、見込み客が誰で何を伝えるかによって選定すると良いでしょう。それぞれの違いについては「動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?」で詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。


YouTubeやTikTokで効果的なPRを行うための「動画広告の設計方法」から「アニメーション動画の活用方法」まで「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


TIkTok広告について

TikTok広告はTikTokアプリを利用中のユーザーへ配信できる広告で、配信メニューは以下の4種類となっています。

起動画面広告

TikTokアプリ起動画面に出稿できる広告です。

起動時にスマホ画面いっぱいに表示されるため、ユーザーに強いインパクトを与えることができます。

1日につき1社のみ限定の配信で、広告費は500万円前後からと言われており、かなり高額な広告となっています。

インフィード広告

TikTokのおすすめ投稿へ配信される広告です。

インフィード広告は以下3つのプランに分かれており、契約期間は1日単位となっています。

①TopView(625万円):起動後最初の動画として表示される広告

②OneDayMax(300万円):おすすめ欄の4番目に表示される広告

③BrandPremium(42万円):おすすめ欄の80番目以内に表示される広告

ハッシュタグチャレンジ

ハッシュタグチャレンジはTikTokの広告メニューの一つで、企業が用意したハッシュタグに一般ユーザーが動画投稿を行うように誘導する広告です。

ユーザーが自主的に投稿するため、様々なコンテンツが生まれ、拡散される可能性があります。

ハッシュタグチャレンジは最低メニューが1000万円からと高額なので、しっかりとした設計の上で実施していく必要があります。

企業のハッシュタグチャレンジの運用例は「ハッシュタグチャレンジとは?企業がTikTokでUGCを生むためのキャンペーン事例を解説」にまとめていますので、ぜひご覧ください。

運用型広告

運用型広告は、ユーザーの一般投稿に紛れる形で配信できる広告です。

詳細なターゲティングが可能で1日あたり500円(配信目的によって金額に差はある)から広告出稿することが可能です。

他メニューはTikTokの広告担当者に出稿を依頼する形になりますが、運用型広告だけではTikTok広告マネージャーで運用することができます。

関連記事
【保存版】TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を徹底解説
TikTokメニュー「ブランドエフェクト」とは?アニメを活用した効果的な事例をもとに紹介
TikTok広告出稿は自社でやる?外注する?それぞれのメリット・デメリットを解説

Spark Adsとは

Spark Adsは運用型広告で利用することができる配信方法のことで、ユーザーや企業アカウントで投稿した動画を広告にすることで、広告らしくない自然な形でユーザーにアプローチすることができる広告です。

TikTok広告マネージャーとアカウントを連携することで、Spark Adsを利用することができます。

通常のオーガニック動画では動画に対してCTAボタンをつけることができません。

しかし、Spark AdsであればCTAボタンを付与することができるため、Webサイトへの誘導やランディングページの遷移を促すことも可能です。

前述のTikTok広告メニューはどれも最低出稿額が高く、いきなり広告出稿するには少々ハードルが高く感じてしまう方も多いことでしょう。

しかし運用型広告であれば、ミニマムコストで出稿しながら様子をみることもできるので、こらからTikTok広告を出してみたいという方にはぴったりの配信メニューです。

Spark Adsの配信準備

TikTok広告マネージャーの開設

まずはTikTok広告マネージャーに登録しましょう。

TikTok For Business」で登録が可能です。

「今すぐ登録する」ボタンを押下し、登録を完了させましょう。

TikTokアプリの設定

①ビジネスアカウントに切り替える

デフォルトでは個人アカウントになっているのでビジネスアカウントに切り替えます。

マイページ右上の三本線をタップし、「設定とプライバシー」「アカウント管理」から「ビジネスアカウントに切り替える」をタップすれば完了です。

②TikTok広告マネージャーとTikTokアカウントの連携

TikTok広告マネージャー右上のアイコンをクリックし、さらに「ユーザー設定」をクリックします。

まだ連携が完了してない場合は「TikTokアカウントを連携する」というボタンが表示されているので、画面の指示にしたがってアカウントを連携します。

③広告にしようしたい動画のコード取得する

広告として利用したい投稿とTikTok広告マネージャーを連携させるため、アプリからコードを取得する必要があります。

利用したい動画を開き、右下の・・・ボタンをタップします。

「広告設定」をタップします。

「広告使用承諾」をONにします。

続けて同じ画面で「コードをコピー」を選択し、生成されたコードをTikTok広告マネージャーに入力します。

④TikTok広告マネージャーにコードを入力

TikTok広告マネージャー上部メニューの「アセット」の「クリエイティブ」をクリックします。

左メニューの「Spark Ads投稿」を選択すると、「Spark Ads」で投稿できるクリエイティブ一覧が表示されます。

クリエイティブ追加するには「権限申請」ボタンを押下し、③で生成したコードを入力します。

登録が完了すると、Spark Adsでオーガニック投稿を利用できるようになります。

Spark Adsの配信方法

広告を作成

TikTok広告マネージャーを開き「広告を作成」ボタンを押下し、広告作成画面に移行します。

細かい設定を省きすぐに配信したい方は「簡易モード」を選択することも可能ですが、しっかりとターゲティングをして配信したい場合は「カスタムモード」を選びましょう。

今回はカスタムモードで解説していきます。

目的を選択

広告配信の目的にマッチする広告目的を選択します。

今回は「動画視聴数」を選択してみます。

広告の設定

広告セット名は任意のセット名を設定してください。

「ユーザーによるコメント」ですが、より多くのインプレッションやコンバージョンを得るためには、ユーザーコメントをオンにしておくことが推奨されています。

ユーザーリストは「新規作成」ボタンからカスタムオーディエンスや類似オーディエンスを作成することが可能です。

カスタムオーディエンスは、IDFA/GAIDのアップロードや、SDK連携、TikTok Pixel連携で行動データを元に作成することができます。

デモグラフィックでは配信したい地域を選択してください。

日本のみの配信であれば「日本」のままで大丈夫です。

そしてターゲットとなるユーザーの性別、年齢、言語、世帯収入などを入力していきます。

興味・行動に関するターゲティングを設定していきます。

「興味関心を追加」では、ユーザーの興味がありそうなカテゴリーを選択します。

「行動カテゴリー:動画インタラクション」では、ユーザーが直近の動画視聴後にどのような行動を取ったのかを定義し、ターゲティングすることができます。

「行動カテゴリー:クリエイターインタラクション」では、ターゲットとなるユーザーが動画視聴後にクリエイターを「フォローした」、「プロフィールを閲覧した」人のみに配信することが可能です。

「行動を追加:ハッシュタグインタラクション」では、選択したハッシュタグのついた動画を視聴したユーザーのみに配信することができます。

次に予算とスケジュールを設定していきます。

1日あたりの予算と配信開始日を設定しましょう。

「掲載スケジュール」では、特定の曜日や時間にのみ配信することが可能です。

最適化の目標を設定します。

動画の視聴の場合は「6秒の動画再生」か「2秒の動画再生」のどちらかの最適化を選択できます。

入札タイプはコスト最小で配信したい場合は「最小コスト」を選択しましょう。

逆に予算をだきるだけ使い切りたい場合は「入札の上限」を選択します。

クリエイティブの設定

最後にクリエイティブを設定していきます。

「TikTokアカウントを使用してSpark Adsを配信」をONにすることで、オーガニック投稿を用いたSpark Adsを配信することができるようになります。

広告クリエイティブを設定し、任意でインタラクティブアドオンを設定すれば配信の準備は完了です。

SDKやGAでトラッキングをしたい場合はトラッキングURLを入力しましょう。

広告の出稿手順に関連する記事
【初心者向け】Google広告の出稿手順とクリエイティブの考え方をキャプチャ付きで解説
【初心者向け】Twitter広告の配信手順をキャプチャ付きで解説
【初心者向け】Facebook(Meta)広告の配信手順をキャプチャ付きで解説
【初心者向け】LINE広告の配信手順をキャプチャ付きで解説
【初心者向け】YouTube動画広告の配信手順をキャプチャ付きで解説

まとめ

今回はSpark Adsの配信手順をキャプチャー付きで解説してきました。

Spark AdsはTikTok広告メニューの「運用型広告」で利用することができる、オーガニック投稿を広告クリエイティブとして活用できる広告です。

TikTok広告のメニューはどれも最低出稿費用が高く、初心者にとってはかなりハードルの高く感じてしまうかもしれませんが、「運用型広告」では最低出稿額は1日500円からとなっているため、ミニマムコストで様子を見ながら運用することができます。

その中でもSpark Adsは、ユーザーや企業アカウントで投稿した動画を広告にすることで、広告らしくない自然な形でユーザーにアプローチすることができる広告です。

しかも、Spark AdsであればCTAボタンを付与することができるため、Webサイトへの誘導やランディングページの遷移を促すことも可能です。

TikTokでの広告出稿を検討されている方にはぜひおすすめの配信手法です。


資料ダウンロード

e-book-image

"プロモーション動画の型"や"キャラクターPRの方法"などのお役立ち資料は「資料ダウンロードボタン」から入手してください。


おすすめの記事

関連記事