2023.12.01

2024.05.15

多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説

採用活動において、人事・広報担当者が求職者1人1人へメッセージを伝えるには限界があります。ですが、求職者の行動は"入社が決まるまでに企業のことをSNSや検索でじっくりと調べて検討"します。

こうした状況に動画を上手く活用すると、オンライン上で人事・広報担当者に代わり、求職者との接点を作りアピールし続けてくれる採用ツールとなります。

動画を活用したケースには、採用以外にも研修内容を動画化して社員が好きな時に自主学習できる環境作りにも活用されています。これにより、担当者が研修に掛かる時間を減らし、人によって教え方に差が出てしまうといった属人化を防ぐことができています。

このように、動画を活用することはオンラインでの採用活動だけでなく、組織作り全体に大きく貢献するのです。しかし、実写で作成するのは、「撮影する労力」や出演する社員が退職した際の「著作権リスク」などの心配があります。

こうした心配をせず柔軟に活用できるのが、アニメーションによる採用動画です。また、アニメーションを実写と組み合わせて「両方のメリットを活かす」リアルさと表現力の融合した動画にすることもできます。

この記事では、採用活動においてアニメーション動画が効果的な理由やメリットを詳しく解説していきます。

制作料金の目安が知りたい方は「【種類別】アニメーション動画制作の相場料金は?種類・活用例も解説」以下の記事もおすすめです。


基礎からわかるアニメーション映像制作ガイド」では、さらに具体的なアニメーションの活用方法や効果などを公開しています。アニメーションを企業で活用するべきか迷っている際にご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


目次

採用アニメーション動画で優秀な人材(新卒・中途)を集める方法とは?

採用アニメーション動画の成功は、以下のプロセスを経ることが必要となります。自社で一生懸命に制作したメッセージがあっても、それを”受け取ってもらえなければ意味がない”からです。

採用アニメーション動画を成功させるステップ

採用活動において、新卒や中途の転職者といった優秀な応募者を集めるためには「多くの人に知ってもらい、興味を持ってもらうきっかけ作り」が必要です。その手段として、動画を公開して、誰でも好きなタイミングで自社について知る機会を作ることが大切になります。

具体的には、以下に挙げる要素が必要です。

  • オンラインコンテンツで求職者と接点を作る
  • 接点を活用して自社に興味を持ってもらう

それぞれについて解説していきます。

オンラインコンテンツで求職者と接点を作る(タッチポイント形成)

冒頭で、動画が採用活動において、求職者に自社の魅力を伝えるための効果的な採用ツールだとお伝えしました。人事・広報担当者1人で多くの求職者へアプローチしていくには限界があります。それを解決するために、オンラインコンテンツとして動画やサイトの記事を活用するのです。

オンラインコンテンツは、人事・広報担当者に代わって求職者との接点を作り、メッセージを伝え続けてくれる窓口の役割を果たします。

また、オンライン上では「求職者が接触するのは人ではなくコンテンツ」です。つまり、SNSなどのオンラインで情報検索をする求職者には、企業が発信するコンテンツの存在が最重要なものとなります。

関連記事:認知・ブランディング広告って必要なの?運用のテクニック・考え方を解説

接点を活用して自社に興味を持ってもらう(採用母集団形成)

採用を上手く進めるためには、まず会社の存在を知ってもらうことが必要です。そして、知ってもらった中からより多くの求職者に共感・興味を抱いてもらう必要があるのです。

この中から、ようやく応募に繋がるスペック勝負=雇用条件の提示の流れとなるのです。だからこそ、より多くの人に共感・興味を抱いてもらうことが採用を上手く進める秘訣なのです。

例えば、5人の中で優秀な人材を見つけるのと、100人の中で優秀な人材を見つけるなら後者の方が見つけられる可能性が高いからです。そのため、応募者の数を増やすためには多くの求職者が興味を抱くオンラインコンテンツを発信し、応募を検討する段階に至ってもらう必要があるのです。

関連記事:採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介

求職者(新卒・中途)の就職・転職活動の変化を知る

これまでの採用活動は、求人広告を出し、応募者とのメールや電話によるやり取り、対面での面接によって進められてきました。しかし、現在ではYouTube、Twitter、TikTokでの情報発信やLINEでの簡易的なやり取りが必要になるなど、求職者への対応や行動が変化しています。

まずは、以下のアンケート調査結果をご覧ください。

Q2.就職活動における企業とのコミュニケーションにおいて、 最も利用したいツールは何ですか?(学生の回答)

Q2.就職活動における企業とのコミュニケーションにおいて、 最も利用したいツールは何ですか?(学生の回答)
出典:就職活動時のコミュニケーションツールに関する調査 2022年版 - ネオキャリア
Q2.就職活動における企業とのコミュニケーションにおいて、 最も利用したいツールは何ですか?(学生の回答)
出典:就職活動時のコミュニケーションツールに関する調査 2022年版 - ネオキャリア

ネオキャリアの行った「就職活動時のコミュニケーションツールに関する調査 2022年版」によると、学生が採用業務で企業とのやり取りに利用したいツールは、2022年にLINEが1位となっています。2018年の調査時には17.1%だったものが2022年には54.0%まで増えています。

一方、企業側が採用業務で学生とのやり取りに利用しているツールはメールが1位となっており、ギャップが生じている状態です。

Q4.採用活動において、 学生とのコミュニケーションツールで最もよく利用するものは何ですか?(企業の回答)

Q4.採用活動において、 学生とのコミュニケーションツールで最もよく利用するものは何ですか?(企業の回答)
出典:就職活動時のコミュニケーションツールに関する調査 2022年版 - ネオキャリア
Q4.採用活動において、 学生とのコミュニケーションツールで最もよく利用するものは何ですか?(企業の回答)
出典:就職活動時のコミュニケーションツールに関する調査 2022年版 - ネオキャリア

このように、求職者の行動や考え方は日々変化していくため企業側には柔軟さが求められているのです。

また、「マイナビ2023年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)」によるとインターンシップ・就活情報をSNSで情報収集している学生は62.7%という結果が出ています。

SNSでインターンシップ・就活関連の情報収集をしていますか。
出典:マイナビ2023年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)
インターンシップ・就活関連情報の収集に使用しているもの
出典:マイナビ2023年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)
マイナビ2023年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)の回答結果
出典:マイナビ2023年卒 大学生インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)

SNSの企業アカウントを見て、その企業についてを調べることが当たり前となっているのです。

こうした現代において、"インターネット上に企業から発信する情報がない"ことは、非常に不利であることがお分かりいただけるはずです。だからこそ、動画を活用して求職者へ発信していくことが必要なのです。

集めた求職者(新卒・中途)の入社を促すには?

前述でお伝えした方法で求職者を集めたあとは、入社検討時に「ここへ入社したい」という感情的な部分も考慮することが大切です。

そのためには、企業側の存在理由が求職者にとって魅力的であることがポイントです。そのポイントを順に紹介していきます。

採用活動で起こりがちな間違いは"条件勝負"になること

多くの企業で課題となる採用の問題ですが、じつは大きな間違いがあるのです。それが、スペック勝負になってしまっているということです。

スペック勝負になってしまっているということは、会社の存在理由ではなく福利厚生の充実や給与、知名度といった条件=スペックで戦ってしまっているということです。

なぜそれが間違いなのでしょうか?その答えを知るために、現在の転職市場についてを解説します。

現在、終身雇用制度は崩壊したと言える状態です。2019年10月13日に行われた日本自動車工業会の会長会見では、トヨタ自動車の豊田社長が「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」と述べたことで話題となりました。

就活サイト「あさがくナビ2023」が2023年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施したSDGsに関するアンケート結果によると、7割の学生が、企業がSDGsの取り組みがあることを知ると志望度が上がると回答しています。

就職活動において、企業がSDGsに取り組んでいることを知ると志望度が上がりますか?
出典:SDGsに関する調査 - あさがくナビ

このように、社会貢献性といった企業の在り方に共感し、そこで働きたいという気持ちに繋がっていくのです。働き方改革も影響し、企業の存在は収入を得るだけの場ではなくなっています。なぜなら、インターネットやSNSによって「企業に属さなくても収入を得られやすい」時代だからです。

つまり、企業の取るべき行動は社会貢献などの「企業に属する意味=入社・転職する理由」を求職者へ伝えなければいけないということです。

求職者が企業に属する意味を感じなかったり、相応のメリットがなければ、個人で稼ぐ場合の自由さとを天秤にかけて応募には至らない可能性が高くなるのです。

求職者の「ここに入社したい」感情を刺激する

「企業に属する意味=入社・転職する理由」を感じてもらうことは、企業のミッションに共感されることに紐づきます。ですが、ただミッションを伝えるだけでは足りません。

重要なのは、前述でお伝えした「社会貢献性」のように「その企業へ入りたい」と求職者が感じるかどうか?です。これは、人の印象と同じように考えられるのではないでしょうか。

メラビアンの法則をご存知でしょうか。メラビアンの法則では、人と人がコミュニケーションを取る際に影響する割合は「視覚情報55%」「聴覚情報38%」「話の内容7%」だと提唱されています。例えば、見た目(視覚情報)で怒っている時には、「楽しい」と発した言葉(話の内容)があっても、人は「怒っている」と認識しやすいということです。

メラビアンの法則については以下の動画でも解説しています。

出典:【初対面が全て】第一印象を左右するメラビアンの法則とは?【ビジネス系ショートアニメ】【さめとかめ】

反対に、3つの要素が揃っている場合には相手により一層伝わるとも言えます。つまり、ミッションという企業の在り方があった上で、それに紐づいた行動や発言をしていくことで求職者に想いが伝わるということです。

だからこそ、給与や福利厚生といった「条件」だけで求職者に売り込んでいる間は、理屈だけの合理的な判断のみに縛られるためミスマッチや応募に至らないという結果を生むのです。

このように、求職者が入りたいという感情を持ってくれるようになるのは重要なことなのです。こうした感情を刺激するには求職者へメッセージを伝える際の「表現」を考えることが大切です。しかし、何を伝えるかが練られていなければ意味はありません。

関連記事:採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介

採用戦略にアニメーション動画を活用するべき?

採用戦略にアニメーション動画を取り入れることは、中途採用から新卒採用に至るまで、企業のブランドや価値観を鮮明に示し、求職者の関心を引きつけることが可能になります。

さらに、新卒・中途採用のプロセスを効率化し、企業の人材獲得戦略を強化するのに役立ちます。ここからは、アニメーション動画を採用活動で利用する場合の具体的な価値を解説します。

常に一定水準の伝わりやすい説明ができる(理解の促進)

特に、中途採用においては、転職が基本となるため、候補者が企業について迅速に理解し、ポジションの魅力を感じることが重要です。この際、「どういった人材を求めるか?」といった抽象的な説明にアニメーション動画が適しています。

一方で、新卒採用においては、仕事の内容や企業文化についての具体的なイメージを持ちにくい場合が多いため、アニメーション動画とキャラクターによって、親近感の演出や「イメージがつきやすい状態」を作る役割を果たします。

例えば、ある企業が中途採用向けに特化したアニメーション動画を作成し、職場の日常やプロジェクトの様子、チームメンバーの声などを織り交ぜて伝えたところ、応募者からの反応が向上しました。

つまり、企業が提供するキャリアパスや働く環境、社内の雰囲気や考え方を、直感的に理解してもらいやすい状況を作れるということです。この際、アニメーション動画だけでなく、実写も融合させることで、リアルな雰囲気も伝えながら理解を促しやすくなります。

関連記事:【解説動画】アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?

効率的な採用プロセスの構築に活用できる(工数・費用の抑制)

採用活動にも集客と同じように広告費用、人材紹介手数料、パンフレット作成費用といった明確なコストに加えて、説明会の準備、求職者とのやり取りといった目に見えないコストが発生しています。

動画の活用によって、これらの工数や費用を抑制することが可能です。例えば、説明会では毎回繰り返される説明を動画によって行えば、属人化を抑制した説明会が実現します。

また、動画コンテンツの投稿によって半永久的に求職者へアピールしてくれる状態を作れば広告費の節約にも繋がります。

遠方の会場で開催していた説明会をオンライン動画配信のみに統一することで、旅費・交通費の節約も可能です。

関連記事:マニュアル動画とは?業務効率化の事例やメリット・デメリットを解説

企業のイメージアップをオンライン上でできる(接点の増加)

本来であれば、採用活動は各イベント会場などで出向いて、企業の魅力を直接伝えることが多くなります。

ですが、そこでは出会えない求職者が発生します。これをカバーするために、採用アニメーション動画によって企業の魅力が伝わるコンテンツを「SNSやWebサイトで公開」しておくことで、衝動的に知ってもらうことが可能です。

コンテンツの内容に共感をしてもらえば、直接出向く場合より多くの求職者からのイメージアップが期待できるということです。

関連記事:資産になるコンテンツマーケティングとは?記事を作るだけじゃないPRに必須の手法を解説

求職者の「入社したい」感情を刺激できる(ストーリーとの相性)

アニメーション動画には、視聴者の心を動かすための柔軟な表現が可能です。物語の登場人物に感情移入されたり、ストーリーに感動してもらう力があります。これは採用活動においても同様に活かせます。

求職者の心が動き、自分も貢献したいという気持ちになってもらうには、高い給与・福利厚生・事業説明だけでは不十分です。企業のストーリーを感情に訴えるアニメーション表現で形にし、求職者にアピールしましょう。

新卒採用におけるアニメーション動画の効果

新卒者は、仕事の内容や企業文化についての具体的なイメージを持ちにくい場合が多くなります。この際、アニメーション動画が「企業に属する意味=入社・転職する理由」を、より分かりやすく伝える役割を果たします。

つまり、動画を通じて、企業が提供するキャリアパスや働く環境、社内の雰囲気を直感的に理解してもらいやすい状況を作れるということです。さらに、企業の理念や価値観をストーリー形式で伝えやすい点も、新卒者から共感を得る有効な手段となります。

このように、アニメーション動画は「求職者に向けた情報提供のツール」としてだけでなく、「企業と求職者の感情的な繋がりを得るツール」になるのです。

関連記事:ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説

採用アニメーション動画を作るコツ・ポイント

採用アニメーション動画は、企業の魅力を効果的に伝え、求職者に共感を呼び起こす強力なツールです。これを作成する際には、まず企業の特色や強みを明確にし、それを視覚的に表現することが重要です。

アニメーションは実写にはない表現の自由度を持ち、「抽象的なコンセプトや企業文化」をイメージやキャラクターで表現することが可能です。さらに、動画の長さやリズムも重要で、視聴者の注意を引きつけつつ、情報を適切に伝えるバランスを取る必要があります。

そこで、ここからは表現手段のひとつである「採用アニメーション動画」を作る上で、どのような点に気をつけて制作すれば良いか?のポイントを解説していきます。

なぜ求職者の共感を得る必要があるのか?

採用活動には「応募者を集める」「応募者を精査する」「条件を調整する」といった多くの工程があります。それぞれの工程に合わせた動画を考える必要がありますが、そもそも優秀な人材を得るには「多くの応募者を集める(連絡できる状態を作る)」ことが重要になります。

応募者を集めるためには、多くの求職者に知ってもらい、共感・興味を抱いてもらう方法を考えなければいけません。

例えば、革新的な技術や独特の企業文化を持つ企業が、その特徴をアニメーションで表現する場合、リアルな実写映像では伝えきれない抽象的なコンセプトや企業精神を、視覚的なメタファーやシンボリズムを通じて伝えることができます。アニメーションは、色彩、キャラクターデザイン、動きのスタイルなど多様な要素を用いることで、企業が目指す未来像や働く環境の雰囲気を創造的に描写することが可能です。

これを実現するためにも、SNSなどで発信して求職者に興味を持ってもらう動画に必要な要素をお伝えします。

このようにアニメーションを用いることで、企業の魅力を多角的に、かつ感情的なレベルで伝えることができ、求職者の関心や興味を引きつける効果が期待できます。採用活動においては、このような視覚的かつ感情的なアプローチが、単なる情報提供以上の影響力を持つことを念頭に置くことが重要です。

関連記事:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説

求職者の心を掴むストーリーテリング

採用アニメーション動画において、効果的なストーリーテリングは、単に情報を伝えるだけでなく、視聴者の感情に訴えかけることができる強力な手段です。企業がどのような価値を大切にしているか、どのようなビジョンを持っているかを、物語を通じて伝えることにより、求職者に深い印象を残すことができます。

例えば、企業の創業者の苦労話や、従業員の日常を描いたストーリーは、求職者に企業の歴史や文化を感じさせることができます。

また、未来志向の革新的なプロジェクトを物語形式で紹介することにより、企業が目指す方向性を強調し、求職者の興味を引きつけることができます。重要なのは、ストーリーがリアルで共感を呼び、視聴者に感情移入させることです。

ストーリーテリングを用いることで、求職者はただ情報を受け取るだけでなく、企業の一員としての役割や、そこで働くことの意義を感じることができます。これにより、単に職務内容や待遇の情報提供を超えた、深いレベルでの企業理解と繋がりを築くことができるのです。

関連資料:オンラインで見込み客から"選ばれる"PR動画の内容・表現のコツ

効果的な動画の長さ(尺)とリズム

採用アニメーション動画の効果を最大限に発揮するためには、動画の長さとリズムが非常に重要です。ただし、人の集中力は活動内容によって変わるため、一概に「動画の適切な長さは◯秒が良い」と決めることは適切ではありません。

特に、採用動画では、企業が伝えたい情報を効率的かつ魅力的に伝えるために、自社にとって過不足のない長さを決めることが必要です。多くの企業では、2〜3分程度の動画が効果的であるとされていますが、これは一般的な目安であり、実際には企業ごとに適切な長さは異なるからです。

つまり、重要なのは、企業の特色や求める人材像を「最小の時間で的確に伝える」と同時に、視聴者の関心を刺激することです。

また、動画のリズムに関しても、視聴者の注意を引きつけるために、変化に富んだ映像や音楽、ナレーションを上手く組み合わせることが大切です。

効果的な動画は、単なる情報提供手段を超え、視聴者に感情的な共感や興味を喚起するものであるべきです。ビジュアルや音響の工夫を施すことで、動画は企業のメッセージをより深く、感情的なレベルで伝えることが可能になります。

関連記事:【新時代の作業用BGM】Lo-Fi Beats(ローファイ・ビーツ)とチルアウトミュージックとは?事例や成り立ちを解説

求職者の心に響く採用動画(コンテンツ)を作る3つの要素

求職者の心に響く=求職者の感情を刺激する採用動画には、以下3つの要素が欠かせないのです。

  1. どんな求職者なのか?
  2. どんなメッセージなのか?
  3. どのように伝えるのか?

これには「核となるメッセージ」と「表現となる伝え方」に分けて見ていくことが大切です。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

どんな求職者にどんなメッセージを伝えるか(コンテンツの内容)

まずは核となるメッセージの部分を見ていきましょう。これは、以下の内容を明確にすることが大切です。

求職者はどんな人なのか?=企業とマッチする人物像
求職者に伝えたいメッセージの内容は?=ミッション、ビジョン、ブランドストーリー

ミッションに紐づいたメッセージを企業とマッチする人物像に合った内容に調整します。例えば、クリエイターにとって世の中を良い方向に変えていくミッションがあった場合、マッチする人物像としてクリエイターもしくは、クリエイターの価値を理解している人が候補に挙がります。

そして、伝えるメッセージはクリエイターの置かれている現状や、クリエイターの価値を上げるために行っている事業の説明へと繋がっていきます。クリエイターの評価を上げる方針であれば、ハイクオリティな作品を世の中に公開する取り組みを行ったり、クリエイター1人1人を主人公としたマンガ・アニメーションを制作して発信するなどが考えられます。

これらの活動をメッセージとして求職者に伝えていくことで、企業を魅力的に感じてもらうのです。求職者に最適化されたメッセージを作るためには、マーケティング視点が必要になります。しかし、これはブランドのストーリーを求職者の立場で組み立てていけば良いのです。これは外部の専門企業へ委託するよりも、自社のことを1番よくわかっている社内の人物が考えるのが良いでしょう。

ストーリーの設計に活用できるテンプレートもご用意しております。このテンプレートも併せてご活用ください。

メッセージをどのように伝えるか(表現・展開方法)

次に、作り上げたメッセージをどういった方法で求職者へ届けるべきかを考えます。これは、TVなのかTwitterなのか、YouTubeまたは街中でのデジタルサイネージなのかという「発信場所」と、記事や動画、ポスターといった表現方法の両方を指します。

発信する場所:求職者が見てくれる場所
伝え方:テキスト、対面、動画、ポスター

つまり、本質となる求職者に最適化されたメッセージが根底にあった上で、感情に訴える表現方法を用いるのです。そして、求職者に見てもらえる場所を見定めて発信するのです。感情に訴える表現を作るのに最適な表現方法のひとつに、アニメーション動画が挙げられます。

しかし、こんな疑問が出てきたのではないでしょうか?

「アニメーションはテイストが独特だから使えるビジネスが限られる」

この疑問にお答えするために、アニメーション動画がビジネスにおいてどのような価値があるのかをお伝えしていきます。

関連記事:反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介

採用アニメーション動画の効果測定・改善は不可欠

採用アニメーション動画を成功させるためには、その効果を定期的に測定し、動画コンテンツを適宜改善することが不可欠です。動画の影響を正確に評価し、より効果的な採用戦略を構築するためには、継続的な分析と改良が必要となります。

目標達成に必要な測定指標を設定する

採用アニメーション動画の効果を正確に測定するためには、目標達成に関連する中間指標を決めることです。

このプロセスでは、動画によって求職者が取る行動(反応)を定量的に評価することが求められます。具体的には、以下の指標が挙げられます。

  • 視聴回数(注意を引けた回数)
  • 視聴完了率(期待通りだった確率)
  • クリック率(興味を持たれた確率)
  • 応募者数(検討している人数)

さらには、動画に対する直接的なフィードバック(コメント)やSNS(ソーシャルメディア)での反応などを分析します。

効果測定のポイントは、単にデータを収集することではなく、それらのデータからどのような改善点や成功要因が導き出せるかを明確にすることです。

例えば、視聴回数が多いのに視聴完了率が伸び悩んでいる場合、動画の内容が期待通りではない可能性が考えられます。他にも、視聴完了率が高いのにクリック率が低い場合、CTA=行動喚起が曖昧であるといった原因が見えてきます。

これらの結果を踏まえ、動画のメッセージやCTA(コール・トゥ・アクション)を見直し、より効果的な動画コンテンツへと改善することが重要です。

このように、効果測定とは動画によって採用活動を行う上で、成功へ近づくための重要な部分です。ただ投稿・配信を続けるだけでなく、状況を定期的に測定できるようにしておきましょう。

動画コンテンツの改善とブラッシュアップ

採用アニメーション動画を最大限に活用するためには、継続的なコンテンツの改善とブラッシュアップが必要です。動画の最初のバージョンは、出発点に過ぎず、時間が経つにつれて、求職者の反応や市場の変化に応じて、動画を更新し続けることが重要だからです。

そのためにも、動画の内容、メッセージ、ビジュアルなどを定期的に見直し、より魅力的で効果的なものへと進化させていきましょう。

例えば、求職者からのフィードバックやデータ分析を基に、より関心を引くストーリー展開に変更したり、視覚的要素を強化したりすることが考えられます。

また、企業の状況や採用ニーズの変化に応じて、動画のメッセージを更新することも重要です。このように、動画コンテンツの継続的な改善とブラッシュアップにより、採用戦略の効果を持続的に高めることができます。

動画の視聴数を増やす上で、効率的な改善方法の考え方はYouTubeチャンネルの運用でも同じことが言えます。詳しくは「YouTubeチャンネルの視聴回数を稼ぐには?外部流入とバズが与える危険性を解説」を参考にしてみてください。

採用アニメーション動画のキャラクターデザイン

採用アニメーション動画でのキャラクターデザインは、企業のブランドイメージを視覚的に伝える重要な要素です。キャラクターが持つ独特の魅力と特性は、企業の文化や価値観を反映し、求職者に企業の個性を効果的に伝えることができます。

ターゲット層から共感を引き出すキャラクターデザイン

採用アニメーション動画におけるキャラクターデザインは、ターゲット層に響き、視聴者の共感を引き出すことが極めて重要です。キャラクターは動画の中で、企業の価値観や文化を象徴し、視聴者に企業の魅力を伝える役割を担います。このため、キャラクターはターゲット層の興味や価値観に合致し、彼らが共感できる特性を持つことが求められます。

例えば、若い世代の求職者をターゲットにする場合は、現代的でエネルギッシュなキャラクターが効果的です。

また、キャラクターが持つバックストーリーや性格を通じて、多様性や包摂性などの企業の価値観を反映させることも大切です。キャラクターがリアルで共感を呼ぶ存在となることで、動画は視聴者に深い印象を残し、企業への興味や応募意欲を高める効果を発揮します。

このように、キャラクターデザインは、単に見た目の魅力だけでなく、企業の理念や文化を体現する重要な手段となります。

関連記事:キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介

企業文化を反映したデザインの重要性

採用アニメーション動画におけるデザインは、企業文化を反映していることが重要です。動画のビジュアルデザインは、企業のアイデンティティや理念を視覚的に表現する手段として機能し、求職者に企業の特性や魅力を伝えます。

例えば、革新性や創造性を重視する企業は、斬新でクリエイティブなビジュアルスタイルを採用することで、その特性を強調することができます。一方、伝統や安定を重視する企業は、クラシックで落ち着いたデザインが適している場合があります。

デザインの要素には、色彩、フォント、グラフィックスタイルなどが含まれます。これらの要素を組み合わせることで、企業の独自性や文化を視聴者に伝えることが可能になります。企業文化を反映したデザインは、動画を通じて求職者に企業の世界観を体感させ、企業への興味や共感を喚起します。

このように、デザインは単なる装飾ではなく、企業のブランドを形成し、採用プロセスにおける強力なコミュニケーションツールとして機能します。

関連記事:反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介

採用アニメーション動画の配信チャネルを計画する

採用アニメーション動画の成功は、適切な配信戦略に大きく依存しています。なぜなら、以下のプロセスを経て、自社で一生懸命に制作したメッセージを”受け取ってもらえなければ意味がない”からです。

  • 狙うターゲットに適した動画を作る
  • 動画の存在を知って見てもらう
  • 動画で企業に興味を持ってもらう

そのためにも、ターゲットに最も響くプラットフォームとタイミングを選択し、動画を効果的に展開することで、その影響力を最大限に発揮させましょう。

ターゲットに合った配信チャネル選択は前提となる

採用アニメーション動画を最大限に活用するためには、ターゲットオーディエンスに合わせた配信チャネルの選択が不可欠です。適切な配信チャネルの選択は、動画コンテンツが最も関連性の高いオーディエンスに届けるために重要だからです。

さっそく、若年層(新卒)と経験者(中途)に分けて、大まかに相性の良い配信チャネルを紹介していきます。

YouTubeもしくはTikTokの活用を検討している場合は「動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説」も参考にしてみてください。

若年層の求職者(新卒)にアピールする配信チャネル

若年層の求職者にアピールする場合、InstagramTikTokなどのソーシャルメディアプラットフォームが最適です。これらのプラットフォームは、視覚的魅力と短いフォーマットが特徴で、若者に人気があります。

動画コンテンツは、エネルギッシュでカラフルなビジュアル、ダイナミックなアニメーション、短くキャッチーなメッセージを取り入れることで、若年層の注意を引き、興味を喚起することができます。

関連記事:TikTokでアニメーション動画をPRに活用できるの?おすすめできる理由から参考例まで紹介

経験豊富な求職者(中途)にアピールする配信チャネル

経験豊富なプロフェッショナルや特定の業界に焦点を当てる場合、LinkedInや専門的なオンラインコミュニティが効果的です。これらのプラットフォームは、より情報量が多く専門的な内容が好まれる傾向があります。

動画コンテンツは、企業の専門性や経験を強調し、業界における企業の立ち位置や専門知識を詳しく伝えることで、対象となるプロフェッショナル層の関心を引くことができます。

また、インターネットを活用した採用活動においては、「配信したら終わり」ではなく、「配信したら何度も改善を繰り返す」という意識が大切です。そのため、各プラットフォームの特性を理解し、その特性に合わせて動画を最適化していくことで、より高いエンゲージメントを達成していくことが求められます。

関連記事:Discordがコミュニティ作りに活用される理由とは?熱狂的なファンが勝手にできる仕組みを解説

SNSとWebサイトの活用方法の違いは?

採用アニメーション動画の配信において、SNSとWebサイトはそれぞれ異なる役割と活用方法を持っています。

SNSプラットフォームの活用方法

SNSプラットフォームでは、動画の短いクリップやハイライトを共有することで、視聴者の注意を引きつけ、拡散力を活用することができます。SNSは情報が素早く共有されるため、インパクトのあるショートバージョンの動画が効果的です。

関連記事:キャラクターを使ったSNS運用のメリットとは?成功例やコツを紹介

企業のWebサイトの活用方法

一方で、企業のWebサイトでは、動画をより詳細かつ綿密に展開することができます。ここでは、完全な長さの動画を用いて、企業の文化や仕事環境、求める人材像について詳細に語ることが可能です。Webサイトは企業の正式な情報の源であり、動画を通じて企業に深く興味を持ってもらうための場となります。

SNSは動画のリーチと興味を引くためのツールとして、Webサイトは動画を深く掘り下げ、詳細な情報を提供するためのプラットフォームとして、それぞれが異なる役割を担っています。効果的な採用アニメーション動画の配信戦略では、これらの媒体の特性を理解し、適切に活用することが重要です。

関連記事:【解説動画】アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?

視聴者の反応を読んだ押し付けない投稿戦略

採用アニメーション動画の成功は、狙うターゲットに適した動画を作り、その存在を知ってもらい、企業に興味を持ってもらうというプロセスに大きく依存しています。これを達成するためには、一方的にメッセージを押し付けるのではなく、受け手の反応を読み取り、適切な投稿を見極めて継続することが不可欠です。

例えば、動画が特定のセグメントの視聴者やトピックで高い反応(エンゲージメント)を得られると分かった場合、そのセグメントやトピックに焦点を当てて配信を強化することが挙げられます。

また、受け手の反応を理解するためには、視聴データ、コメント、シェア数、リアクションなどの指標を分析することは必須となります。

「どの要素が視聴者に共感や興味を引き起こしているのか?」
「どの要素の改善が必要か?」

といった視点で分析します。

トピックやターゲットといった方向性が定まってきたら、A/Bテストなどを用いて異なるバージョンの動画をテストし、最適化していくステップも重要です。視聴者の反応に基づいて、投稿を柔軟に調整し、動画のリーチと影響力を最大限に高めることで、動画を通じて企業に興味を持ってもらうことが可能になります。

関連記事:TikTok投稿の再生数を伸ばす投稿のコツは?分析方法やアルゴリズムの特徴も解説

採用アニメーション動画のCTAはどうすれば良い?

採用アニメーション動画のCTA設計に必要な要素は「動画の目的」と「視聴者の行動」を繋ぐこと

採用アニメーション動画の目的は、ターゲットに興味を持ってもらい、自社との繋がりを獲得することです。そのためには、視聴者に具体的なアクションを促すためのコール・トゥ・アクション(CTA)が不可欠です。

効果的なCTAの設計には、以下の要素がポイントです。

  • 応募を促すメッセージの工夫
  • 視聴者の心理とニーズへの対応
  • 適切なタイミングと配置

それぞれについて解説していきます。

応募を促すメッセージの工夫

採用アニメーション動画のCTAを成功に導くためには、まず最初に、明確かつ具体的なメッセージが必要です。読者が直面する主な課題は、視聴者にどのような行動を取ってもらいたいのかを伝えることにあります。

そのため、CTAは「今すぐ応募する」「詳細情報はこちら」といった、直接的で分かりやすい指示を提供する必要があります。

これにより、視聴者は混乱せず、企業の求める具体的なアクションを理解しやすくなります。明確なメッセージは、視聴者が求める情報を的確に届け、動画の目的を達成するための最初のステップとなります。

視聴者の心理とニーズへの対応

CTAを成功に導くためには、視聴者の心理とニーズに対応することが欠かせません。採用アニメーション動画を視聴する際、以下のような点を理解することが大切です。

  • 視聴者が抱える問題は?
  • 視聴者がどのような動機で動画を観ているのか?
  • 何を求めているのか?

例えば、キャリアアップを目指す視聴者には「成長のチャンスを掴もう」といったメッセージが響きます。視聴者の期待や関心に対応したCTAは、彼らに強い共感や行動の動機を与え、動画の目的達成へと繋がります。

適切なタイミングと配置

最後に、CTAの適切なタイミングと配置も、その成功に不可欠です。読者が直面する一般的な問題は、CTAをいつ、どの場面で提示するかについての判断です。効果的なアプローチは、視聴者の関心が高まる瞬間、例えば企業文化を紹介するセクションの終わりや感動的なストーリーラインのクライマックスでCTAを配置することです。

このようなタイミングで提示されるCTAは、視聴者の行動を促しやすく、動画の目的達成に直結します。視聴者のエンゲージメントを高めるタイミングでのCTAは、動画の効果を最大限に引き出す鍵となります。

採用アニメーション動画のCTAは、視聴者を具体的な行動へと導くための重要な要素です。この動画を成功に導くためには、ここまでにお伝えした3つの要素を満たしたCTAを考えることが必要です。

これらの要素を効果的に組み合わせることで、視聴者は動画のメッセージに共感し、違和感なく企業が求める具体的な行動へと動かされます。その結果、「単なる情報提供や、一方的な会社アピールが出来ただけ」という状態から一歩進み、企業と求職者との強固なつながりを築くための強力なツールとなるのです。

採用アニメーション動画事例を独自に分析・解説

ここからは、イメージを膨らませるために実際に公開されている採用アニメーション動画の例をいくつかご紹介します。

株式会社ジーアングル

出典:株式会社ジーアングル 採用コンセプトムービー【セルアニメVer】

フルアニメーションと感動的な音楽によって心を動かす動画になっています。

入社後の不安として、皆に受け入れてもらえるだろうか?といった気持ちを表現し、そんなことはないという結果を見せて安心感を与えています。ナレーションを活用して、主人公の心の内を言葉にすることで求職者の共感を得られる表現になっています。

実際の職場の様子を描き、自身が働いた場合を具体的にイメージしやすい形にしながらナレーションと音楽によって感情に響かせる素敵な動画となっています。

富士古河E&C株式会社

出典:富士古河E&C株式会社 アニメーション動画

技術系のエンジニアの新卒向けに作られている富士古河E&C株式会社の採用アニメーション動画です。

生涯エンジニアというコンセプトを軸に、その会社でエンジニアになった場合のキャリアステップをストーリー展開しています。求職者の「将来どうなっていくのか」の疑問に応えることでミスマッチ抑制や、応募への後押しをしています。入社後の不安を挙げて、その解消法まで伝えられている求職者の気持ちに寄り添った動画になっています。

その他の事例は「【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説」も参考にしてみてください。

関連記事:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説

採用アニメーションの作り方についてのまとめ

採用アニメーション動画には、実写では表現が難しいシーンを形にできる力があります。キャスティングのコストや版権に縛られる使いづらさがなく、自由な登場人物を創造できます。

求職者が抱える不安や、入社後の活躍をイメージできる構成で共感を得ましょう。そして、企業の持つストーリーや価値観を伝えていくことで、求職者に興味を抱いてもらいましょう。こうした活動によって、雇用条件だけではない自社にマッチした人材を見つけやすくなります。

オンラインでの求職者との接点はコンテンツです。採用アニメーション動画を活用して、多くの求職者にアピールできる採用ツールを作り上げてください。

採用活動で多くの求職者に自社を知ってもらい興味を抱いてほしいが、自社で作るには企画や構成が難しいと感じている場合は、ぜひNOKIDにご相談いただければ幸いです。採用に限らず、集客・ブランディング・広告クリエイティブなど幅広く動画の企画・設計が可能です。


おすすめの記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


SNS動画:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?


動画制作の依頼についての記事

アニメーションMVの依頼方法を解説!トラブルなくMVを納品してもらうには?


動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


アニメーション動画を外注依頼する前にすべきことを一覧にまとめました


アニメーション制作に困っている方へ。独学・外注どちらが良いのかを解説


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


クラウドワークスでアニメーション制作を依頼するリスクとは?制作会社との違いを紹介


【まとめ版】動画制作をスムーズに依頼するための専門用語を解説


動画制作の基礎についての記事

映像制作に活用されるCGとは?種類や制作会社を選ぶコツまで解説


Unreal Engine(アンリアルエンジン)は映像制作に向かない?機能の特徴や企業が使うメリットを解説


アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは。


動画の作り方についての記事

採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介


ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説


YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう


TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介


動画の著作権についての記事

著作権の譲渡とライセンス契約の注意点を解説!発注前に知っておくべきこと


動画の著作権を二次利用するとは?権利範囲や二次創作を解説



RECOMMEND