BLOG

BLOG

【制作会社が解説】企業がキャラクターを上手く活用する方法を徹底解説

認知を広めたり購入意欲を高めたりするための施策として、広告やCM、チラシやパンフレット配布などがありますが、近年ではキャラクターを使ったマーケティング戦略を重視する企業が増えています。

なぜなら、キャラクターを使った戦略の効果として、ユーザーに対しての認知拡大や購入意欲を高め、問い合わせや購入を促す効果が見込めるからです。しかし、実際に企業の戦略としてキャラクターを活用したい際に、どんな点を考慮するべきなのかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

キャラクターを使った戦略と言っても、ただキャラクターを使用するだけでは上手く活用することは困難です。また、制作費用に対して効果が発揮できるとは限りません。この記事ではそんな「キャラクターを活用する方法がわからない」方に向けて、キャラクターマーケティングの魅力と、上手く活用する方法について解説していきます。

キャラクターを活用したアニメーション動画の制作料金を知りたい方は「【種類別】アニメーション動画制作の相場料金は?種類・活用例も解説」もおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


キャラクターを使った戦略とは

キャラクターを使った戦略の一つとして、日清チキンラーメンと鬼滅の刃とのコラボレーションが挙げられます。この日清チキンラーメンのキャラクター戦略には、自社のヒヨコのキャラクター「ひよこちゃん」を使ったり、他社のキャラクターとのコラボレーションをしたりしています。

出典:チキンラーメン公式Twitter

このように、キャラクター戦略とは「キャラクター」が持つ特性を活用したマーケティング手法のことです。

では、具体的にキャラクターを活用するメリットについて見ていきましょう。

キャラクター活用のメリット

メリットとして、主に以下の2つが挙げられます。

  • ユーザーにとって親近感が湧きやすい
  • ブランディングでき、ユーザーの購入意欲を高められる

キャラクターを使う目的の一つに、宣伝・ブランディングとなり、企業のシンボルになれる可能性があります。

日清チキンラーメンの公式キャラクター「ひよこちゃん」が存在することで、「カップラーメン」という商品カテゴリーのイメージから、「かわいいひよこのカップラーメン」という差が生まれます。これにより、他社よりも選ばれやすくなるのです。他にも、本来のカップラーメン購入層とは異なる顧客層からの興味関心を得ることにも繋がります。

キャラクター活用のデメリット

キャラクターのデメリットとして、次のようなものが挙げられます。

  • 雰囲気やイメージに合うキャラクターを起用する必要がある
  • オリジナルキャラクターの制作が難しい

例えば、教育に関する事業のキャラクターにも関わらず意味もなく動物のキャラクターを制作してしまうと、ユーザーの興味を引くことは困難になるでしょう。事業や企業から、イメージにあったキャラクターを制作することが必要となるものの、制作工数からオリジナルのキャラクターを制作することは難しいです。

キャラクターの活用メリット・デメリットは以下の記事で詳しく解説しています。

キャラクターの戦略には2種類ある

キャラクターを活用する際は、オリジナルキャラクターを使用する場合と、他社が制作した既存のキャラクターを使用する場合の2種類があります。

日清チキンラーメンの例では、「ひよこちゃん」を使ったキャラクター戦略はオリジナルキャラクターとなります。反対に、上述に挙げた「鬼滅の刃」キャラクターとコラボレーションした戦略は、既存キャラクターを活用している方法です。

では、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

オリジナルキャラクターを使用する場合

オリジナルキャラクターを使用する戦略には、次のようなメリットがあります。

  • 自社ブランドの武器になる
  • 売り上げた利益を自社で全て回収できる
  • 他社にIP(知的財産)を渡すことも可能になる

メリットの一つ目として、キャラクター自体が企業のブランドとなる可能性があります。日清チキンラーメン「ひよこちゃん」のように、ひよこちゃんを一目見ればチキンラーメンのキャラクターである、と判別できるようになります。これが、「キャラクター=ブランディング」ができている一例です。

また、オリジナルキャラクターを制作することで、他社に向けてキャラクターのコラボレーションを勧めることができます。つまり、オリジナルキャラクターなので利益を自社に入れることができます。

このように、制作したキャラクターをさまざまなコラボレーションやグッズ販売に活用するビジネスを「IP(知的財産)ビジネス」といいます。IPビジネスに関しては、次の記事で解説しています。

既存キャラクターを使用する場合

既存キャラクターを活用すると、次のようなメリットが挙げられます。

  • ファンの育成が不要なため、自社の商品やサービスの認知拡大を図れる
  • 集客が比較的容易となる

既存キャラクターを活用する場合は、キャラクターに既にイメージが確立されているため即時に販促に繋げることができます。また、この認知拡大を図れるメリットから、宣伝や販促にかかる工数や費用を比較的抑えることができるメリットもあります。

例えば、日清チキンラーメンのキャラクターである「ひよこちゃん」と全く知らないアパレルブランドがコラボレーションしたとしましょう。ユーザーは、アパレルの洋服を見て「興味・関心が持てるか」「自分に必要な商品か」どうかを判断できなければ、アパレルブランドに興味をもってくれません。しかし、コラボレーションをして「ひよこちゃん」のTシャツを商品化するとします。すると「ひよこちゃん」を既に知っているユーザーは、アパレルブランドについて認知していなかったとしても、ブランドに関心を持つことが可能になるのです。

既存キャラクターを活用したい場合は、コラボレーションしたいキャラクターの性格や、ユーザーに見せたい企業の印象を念頭に置きながら、コラボレーション先を検討しましょう。

キャラクターを活用したアニメーション動画事例

解説動画

キャラクターを活用したアニメーション動画は、顔出しせずに何かを解説する場合にも活用できます。キャラクターのメリットである親近感を持ってもらい楽しく説明を見てもらえます。

また、表現の幅も広く「言葉だけでは伝わりにくいことも短い時間で伝えられる」といった強みがあります。YouTubeなどのプラットフォームに投稿しておけば、営業資料の代わりや社内研修の効率化に活用できます。

アニメーション動画の種類や制作料金について詳しくは以下の記事で解説しています。

その他のエンターテインメント性を重視した事例については「制作事例」もご覧ください。

オリジナルキャラクターを活用したい場合は

ここまでで、キャラクターを活用することの「魅力と活用方法」について具体例を交えながら解説してきました。

そんなメリットの多いキャラクターの活用ですが、オリジナルキャラクターの場合はキャラクター企画・制作が必要になります。単にキャラクターを作って公開するだけでは活かしきれません。また、せっかくコストを掛けるなら、キャラクターを活用することでコスト以上の収益改善に繋げる必要があるはずです。

我々によくある相談の中でも、オリジナルキャラクター制作では次のような悩みを持つ方が多くいらっしゃいます。

  • コンセプトが決まってもいいデザインが思い浮かばない
  • ラフ絵は描けたが、完成に近づけたい
  • 描いてみてから思っていたイメージと違う気がする

企業がキャラクターを上手く活用するために、サービスや商品・企業イメージに合ったオリジナルのキャラクター制作が必要だと考えております。我々NOKIDは、そんな魅力が伝わりやすいキャラクターを1から企画・制作いたします。また、YouTubeチャンネルやTikTokアカウントの運用ノウハウを活かした、視聴者に最適なアニメーション動画のストーリー設計までお任せいただくことが可能です。

ぜひ下記お問い合せページから無料でご相談ください。
https://nokid.jp/contact/

今ならノウハウを活用したストーリー作りのテンプレートも下記ページで無料公開中です。


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事