BLOG

BLOG

TikTokチャンネルでアニメを活用すると得られるメリットとは?

先日公開した「動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?アニメーション制作会社が解説」では、「動画の活用方法」をテーマに「YouTubeとTikTokのどちらに動画を投稿する方がエンゲージメントが得られるのか?」「YouTube広告、TikTok広告の違いってある?」といった疑問に向けて、YouTubeとTikTokの違いを解説しました。

YouTubeとTikTokどちらに動画を投稿するべきかは、その動画を投稿する目的によって異なります。そして、「広告収入を得たいのか」「動画の長さをどれくらいにしたいか」などは、投稿する目的を明確にしなければ最適な答えも出せません。

動画の中でも、「アニメーション動画」をTikTokで活用するのは実際どうなのでしょうか。そこで今回は、TikTokでアニメーション動画を活用するメリットがわからないという方に向けて、TikTokとアニメーション動画の関係について解説していきます。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


アニメーション動画とTikTokの関係

アニメーション動画のメリット

TikTokに限らず、アニメーションのメリットは次の4つが挙げられます。

  1. キャラクター化(IP活用)できる
  2. 費用を抑えやすい
  3. 修正が納品後もできるため改善していける
  4. 記憶に残りやすい

TikTokでは、これらアニメーション4つのメリットをさらに補強するような特徴があります。

アニメーション動画はブランディングにも適しています。詳しくは以下の記事もおすすめです。

TikTokでアニメーション動画が活用される理由

TikTokでアニメーション動画を活用するメリットは次の4つです。

  • 動画の本数を増やしやすい
  • フォーマットが充実している
  • YouTubeとの連携が可能になる
  • 消費行動に結びつきやすい

それぞれについて解説していきます。

動画の本数を増やしやすい

TikTok動画の長さは1本30秒〜3分程度となっており、短尺動画のため、アニメーション動画を今までの1本分のコストでショート動画を3〜6本制作が可能になります。

1本あたりの制作費用を抑えることによって、同じ予算でも投稿本数を多くしてアプローチ機会を増やしながら、アカウント運用まで代行できるケースもあります。

フォーマットが充実している

TikTok公式アプリや、動画編集ツール内にはTikTok専用のフォーマットが充実しています。動画制作を始めたばかで慣れていない場合には、TikTok公式アプリでの編集機能で十分と言えるでしょう。

公式アプリではメイクアップやエフェクト、フィルターによる特殊加工が出来るのです。また、素材がなくてもアニメーション制作ツール内の素材やストーリーを活用することも可能です。

YouTubeとの連携が可能

TikTokのプロフィール画面にYouTubeチャンネルのURLを記載をすることで、TIkTokからYouTubeへ誘導してファン育成のコミュニティを作ることが可能です。しかし、TikTokフォロワー数が1,000人以上にならないとURLをプロフィールに入れられません。まずはTikTokアカウントを育成することに集中しましょう。

消費行動に結びつきやすい

TikTokユーザーの特徴として、エンゲージメント率が高いことが挙げられます。具体的には次の3つ。

  1. TikTokユーザーは新しい「発見」を求めている
  2. 「ショート動画」によって最後まで視聴してもらえる可能性が高い
  3. 「強制視聴なし」の視聴体体験が提供されている

参考:主体的に観られているから効果を発揮!TikTok動画広告の強みとは - TikTok For Business

Kantar (カンター)が発表した「グローバル広告エクイティランキング」によると、TIkTokは消費者にとって広告好感度ランキング1位となり、他媒体に比べて広告の需要性が高い結果となりました。

この結果から、他のSNSよりもエンゲージメントが高いことがわかります。このように、消費行動に結びつきやすいTikTokは、ファンが増えるとIPビジネスを視野に入れられるアニメーション制作に、適しているといえます。

出典:グローバル広告エクイティランキングKANTAR JAPAN カンター・ジャパン 

個人でアニメーション制作は難しい

ここまでの解説で、TikTokはアニメーション投稿に効果的なことがお伝えできました。各種フォーマットや制作ツールも充実してきており、動画制作のハードルも下がってきています。しかし、TikTokアカウントを育成する点においては「動画を制作すれば終わり」というわけではありません。

動画を制作するための「目的」や動画を届けたい「ターゲット」の選定、「コンセプト」決めなどの検討すべきことは多くあります。他にも、構成やスケジュール、予算も重要です。

また、制作した動画はTikTokのみの公開で良いのか?他の媒体との役割分担はどうするか?といったように一貫性を保った上での媒体選びも必要です。

そのため、動画制作に慣れない方が実施しようとすると、「思ったより工数がかかってしまった」「追加で外注依頼を繰り返していたら、予算を超えてしまった」ということになりかねません。

アニメーション制作ならNOKIDへ

「ご自身でアニメーション制作をするのは不安」という方や、「運用まで行える自信がない」という方は、制作・運用の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

弊社でも、アニメーション動画制作を軸としたTikTokアカウントの運用代行、広告によるアカウント育成などワンストップの対応が可能です。ご依頼を検討中の方は、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら
https://nokid.jp/contact/

今なら自社TikTokアカウントをアニメーション動画で運用してきたノウハウを「TikTokアニメ運用ガイドブック」にて無料公開中です。

下記ページでダウンロードが可能です。ぜひ活用してみてください。

関連記事