2024.01.25

2024.05.08

【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説

企業のアニメーションCMは、視覚的な魅力とストーリーテリングの力を組み合わせた効果的な広告手法です。近年、企業がアニメーションCMを活用する理由は何でしょうか?なぜアニメーションが選ばれるのか、その魅力とは何でしょうか?

アニメーションCMは、その特性から多くの利点を持っています。具体的には、アニメーションならではのビジュアル表現は、視覚的に魅力的で記憶に残りやすいという特徴があります。

また、キャラクターやストーリーを通じて感情的なつながりを生み出し、視聴者の共感を得ることができます。さらに、アニメーションは実写とは異なり、柔軟にクリエイティブな世界を表現できるため、企業のブランドイメージやメッセージを効果的に伝えることが可能です。

では、具体的にはどのような映像を作れば良いのかイメージを掴みやすくするためにも、PRアニメーション動画を公開している企業の例をご紹介していきます。

ちなみに、企業がアニメーションCMを活用する際には、視聴者の心を掴む魅力的なストーリー、キャラクター設定、ビジュアル表現に注力することが重要です。キャラクター設定のコツは「ファンのできるキャラクターはどうやって作るの?特徴や作り方のコツを紹介」がおすすめです。


見込み客から"選ばれる"PR動画の作り方ガイドブック」では、視聴者にとって興味のない動画は簡単に無視される時代に「"興味を持ってもらいやすい"動画の条件」や「なぜアニメーション動画が興味を持たれやすいのか?」を公開しています。広告効果の悪化が益々懸念される今後の"新たな一手"を考えておきたい場合にご活用ください。 他のテーマも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


<記事のポイント>
・どのような企業アニメーションCMが市場で成功しているのか分かる
・成功した企業アニメーションCMの特徴は何か分かる
・企業アニメーションCMの具体的な事例が分かる
・企業アニメーションCMに必要な要素のポイントが分かる

企業アニメーションCMの事例解説:商品PR・プロモーション編

技術の発展は、過去の例を参考に改善を繰り返してきたように、0から考えるよりも具体的なイメージを見てアイデアの参考にすることがスムーズです。ここからは、具体的な事例を挙げて順に紹介していきます。

商品PR:日清焼そば「U.F.O.」 - 「そろ谷U.F.O.食べたやろ 篇」30秒

出典:日清焼そばU.F.O. CM「そろ谷U.F.O.食べたやろ 篇」30秒 / そろ谷のアニメっち - YouTube

2023年4月のCM好感度総合1位に輝いた日清食品「U.F.O.」のアニメーションCMです。アニメ監督・脚本家・漫画家の“そろそろ谷川”氏のYouTubeチャンネル「そろ谷のアニメっち」とコラボレーションしたアニメCMです。「そろ谷のアニメっち」は、YouTube登録者数85.4万人、総再生数5億3,658万回再生(2024年1月29日時点)を記録し、多くのファンからの指示を得ています。

参考:日清食品のアニメCMがワン・ツーを飾る(2023年4月度 銘柄別CM好感度トップ10) - CM総合研究所

商品PR:カップヌードル - 「塩分控えめプロ出た 篇」30秒

出典:カップヌードルCM「塩分控えめプロ出た 篇」30秒 / はじめまして松尾です・眉村ちあき

カップヌードルの「塩分控えめプロ出た 篇」は、カップヌードルPROシリーズから塩分を30%カットした「塩分控えめ」タイプが発売されたことを告知するアニメーションCMです。眉村ちあきさんの「顔ドン」をBGMに、「はじめまして松尾です。」とのコラボレーションのアニメーションCMとなっています。

塩分が30%オフで、カルシウムやビタミンDも入って、塩分を気にする方にも、食べていただきたい思いが込められているそうです。

参照:カップヌードル「塩分控えめプロ出た 篇」 - 日清食品

商品PR:日清焼そば「U.F.O.」 - 「そろ谷U.F.O.炭酸合う 篇」30秒

出典:日清焼そばU.F.O. CM「そろ谷U.F.O.炭酸合う 篇」30秒 / そろ谷のアニメっち - YouTube

さらに、別バージョンでは、他社ブランド製品(コーラ飲料)との組み合わせを推奨していることで、新鮮さを出しながら、不快感のない売り込みをしているところもポイントです。こうしたコラボレーションによって、新たな層からの注目を集めやすくなったのではないでしょうか。

ブランドのコラボレーションに限らず、キャラクター同士をコラボレーションさせる方法もあります。詳しくは「キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介」と「キャラクターを用いたコラボ戦略と活用事例から成功の秘訣を探る」を参考にしてみてください。

参照:"濃厚ソース×爽快な刺激" の組み合わせが、やっぱり最強! - 日清食品

商品PR:マルコメ - 「料亭の味 液みそ いつまでも一緒に篇」90秒

出典:マルコメ 料亭の味 液みそ いつまでも一緒に篇 90秒 - YouTube

現代の日本社会に生きる夫婦の愛情を描写したアニメーションとなっており、YouTubeのコメント欄でも「感動した」というコメントが多く寄せられています。

ノスタルジックな風景だけでなく、音楽にも拘っており、使用しているピアノとバイオリンはどちらもおよそ100年前に製造されたビンテージの逸品とのことです。

アニメーション内では実際の商品のボトルが登場しますが、ストーリーの雰囲気を壊すことなく、しっかりと商品のPRができています。

実写映像で商品のボトルが映ると「いかにも広告らしい」見え方になってしまったかもしれませんね。

参照:「料亭の味」アニメCMシリーズ8作目 2020年1月26日(日)より全国で放映開始

商品PR:タクトホーム - 「探す理由」30秒

出典:タクトホームアニメーションCM「探す理由」30秒ver. - YouTube

「子供は元気な方がいい」そうは言いつつも、アパートでうるさくするわけにはいきません。

ターゲットとストーリーが明確なアニメーションCMとなっており、アパートで子育てをしている方なら、共感してしまうのではないでしょうか?

子供が怒られるシーンは実写映像だと露骨な感じになってしまいそうですが、アニメーションにすることでマイルドな表現になっているように感じました。

参照:タクトホーム特設サイト

商品PR:Netflix(ネットフリックス) - 「アニメで言葉があふれだす。」60秒

出典:アニメで言葉があふれだす。Netflix特別アニメーション60秒| ネトフリアニメ - YouTube

数々のアニメの名シーンを繋いだNetflix特別アニメーションCMです。Netflixで観ることの出来る数々のアニメ作品のワンシーンで構成され、「いいアニメを見ると、つい、人と話したくなる」=「アニメで言葉があふれだす。」といったメッセージが伝えられている長尺のCMです。

企業の広告・PRから脱線してしまうかもしれませんが、そのアニメ作品を知っている人なら一瞬だけでも注意を惹きつけられてしまうのではないでしょうか。アニメーションがいかに人の心に残りやすいのかを表しているといえます。

参照:ネットフリックス

商品PR:マクドナルド - 「行った気になる篇」15秒

出典:McDonald's N.Y.バーガーズ CM 「行った気になる」篇 15秒 - YouTube

ニューヨークをイメージした新商品のPRのために公開されたアニメーション動画です。アメコミ風のアニメーションに「ゴーストバスターズ」の楽曲の替え歌を起用し、コミカルでノリの良いCMとなっています。

日本ではアメコミ原作の実写映画は人気がありますが、アメコミ風のアニメーションに馴染みのある方は少ないのではないでしょうか?違和感があるからこそ、つい目を止めて見入ってしまいますね。

参照:カモンベイビー!「N.Y.ニューヨークバーガーズ」から3つの新商品が登場! - マクドナルド

企業アニメーションCMの事例解説:企業PR・プロモーション編

企業PR:広島ガス - 「このまち思い物語 第1話」

出典:広島ガスCM「このまち思い物語」第1話 - YouTube

地元に根付いた企業だからこそ、地元の言葉を使うことで親しみやすいアニメーションとなっています。

馴染みのある言葉や地元の風景、景色が映ると嬉しくなりますよね。

1分という短い尺ではありますが、テンポ良く物語を繋ぐことができ、ストーリーの全体像がイメージしやすい点もアニメーション動画のメリットだといえます。

参照:新作CM「このまち思い物語『前を向く』篇」の放映を開始 - 広島ガス

企業PR:ENEOS(エネオス) - 「エネルギーのこれから」30秒

出典:「ENEOS エネルギーのこれから(30秒)」 - YouTube

ENEOSのキャラクター「エネゴリくん」をアニメーション化し、自社の「大切なエネルギーのこれからをとことん考えて、答えを出していくこと。 それがENEOSの仕事です。」というメッセージを伝えています。

自社のキャラクターをアニメーション化することで、キャラクターが目にされる度にメッセージが想起されるという流れが作られています。サービスステーションでも液晶パネルにて配信されているので、給油時に気になった方も多いのではないでしょうか?

参照:エネゴリくんのヒミツ - ENEOS

企業PR:大成建設 - 「シンガポール編」

出典:【アニメCM】 大成建設 シンガポール篇 新海誠/コミックス・ウェーブ・フィルム - YouTube

「君の名は。」や「秒速5センチメートル」の監督として知られる新海誠がCMの監督を努め、映像の繊細さやストーリーの完成度はまさに新海ワールドそのものです。

メインキャラクターの声を長澤まさみ、音楽はスキマスイッチがそれぞれ担当しています。

企業の実績を再現しつつ、これまでのゼネコン業界のイメージを払拭するような爽やかなアニメーション、そして仕事に対する情熱も伝わってきます。

実写映像であったならここまでの爽やかさは出せなかったことでしょう。

参照:シンガポール編 - 大成建設

企業PR:玉家質店(TAMAYA) - 「託された想い篇」80秒

出典:TAMAYA アニメCM 「託された想い篇」80秒 玉家質店 original animation cm full - YouTube

「どうして質屋なのにファンタジーなの?」と思われた方も多いかもしれません。

じつは、「若年層に認知してもらいたい」という狙いがあり、質屋で売買される商品をゲームの装飾品になぞらえ、ファンタジーの世界に落とし込んで表現したとのことなんです。

質屋なのにファンタジーという意外性がありながらも、コンセプトがロジカルに組み立てられており、映画の予告編のような壮大さに引き込まれてしまいます。

参考:質屋のCMが超絶作画ファンタジーアニメってどゆこと? 監督は『SAO』アクション作監

ここまでに紹介したフルアニメーションは、自主制作アニメである「インディーアニメ」を活用することで手軽に制作できるようになってきています。詳しくは、「インディーアニメの制作費用が安い秘密とは?MVにも使われる人気の秘密を解説」で解説しています。

企業アニメーションCM事例から成功する傾向・要素を読み解く

企業アニメーションCMが成功する要素・傾向

企業がアニメーションCMで成功を収めるための要因は多岐にわたりますが、特に重要なポイントは、すでにファン層のいるキャラクターやYouTubeチャンネルとのコラボレーション、コンテンツとして気楽に楽しめる要素、そして商品の押し付けない自然な紹介です。

現代のインターネットユーザーは、自分にとって魅力的でないコンテンツを簡単にブロックできます。このため、共感できる内容と、視聴者に楽しさや役立つ情報を提供することが、アニメーションCMの成功には不可欠です。たとえば、人気のあるアニメキャラクターや有名なYouTubeクリエイターとのコラボレーションは、視聴者の関心を引き、ブランドへの好意を高める効果的な方法です。

このようなアプローチは、商品の直接的な宣伝から離れ、視聴者に価値あるエンターテイメントを提供することで、自然な形で商品やブランドを紹介します。結果として、視聴者はコンテンツを楽しみながら、ブランドや商品に対する肯定的な印象を持つようになります。

それでは、動画を構成するシナリオとビジュアルに分けて、それぞれの傾向を読み解いていきましょう。

CM事例から成功するシナリオ要素を読み解く

企業アニメーションCMの成功するシナリオ要素

アニメーションCMでの成功は、ただ目を引くビジュアルだけでなく、心に残るシナリオに大きく依存しています。企業がアニメーションCMで成功を収めるためには、ストーリーテリングの要素を巧みに組み合わせ、視聴者に深い印象を残すことが必要です。

成功するシナリオはストーリー&キャラクター&ブランドの統合

成功するアニメーションCMの多くは、視聴者が共感できるストーリー、親しみやすいキャラクター、そしてブランドのメッセージを自然に統合したシナリオを特徴としています。例えば、ファン層を持つキャラクターやYouTubeチャンネルとのコラボレーションは、既存の視聴者に安心感を与えると同時に、新しい視聴者層を引きつける効果があります。これにより、CMは単なる宣伝から一歩進み、視聴者にエンターテイメントとしての価値を提供します。

インターネット視聴に合わせたシナリオ

インターネットの時代では、視聴者は自分の興味に合わないコンテンツを簡単にスキップするため、アニメーションCMはただ目を引くだけでなく、視聴者に何らかの価値を提供する必要があります。これは、楽しめる内容であったり、有益な情報を含むことで、視聴者の関心を維持し、ブランドメッセージを効果的に伝えることができます。

ストーリーのポイントを押さえる際、どのような登場人物や役割を用意し、どのように話を展開するかをまとめるかは「ゆるキャラの人気を上げるためにインターネットで発信すべき内容の考え方と企画パターン」の資料を参考にしてみてください。

CM事例から成功するビジュアル要素を読み解く

企業アニメーションCMの成功するビジュアル要素

視聴者に印象を残しやすい色・動き

アニメーションCMの色使いは、視覚的な魅力だけでなく、視聴者の感情にも直接影響を与えます。例えば、明るい黄色やオレンジは元気や活力を表現し、青や緑は安心感や信頼を象徴します。これらの色は、視聴者の注意を引き、ポジティブな印象を与えるのに効果的です。また、色のコントラストや組み合わせを工夫することで、CMのメッセージを強調し、記憶に残りやすくなります。

動きの要素に関しては、アニメーションならではの魅力を最大限に活かすことが重要です。滑らかで自然な動き、サプライズを含む動的なエフェクト、視覚的なリズム感は、CMのストーリーラインを強化し、視聴者の興味を引きつけます。特に、物語のクライマックスや重要なポイントでの印象的な動きは、視聴者の記憶に強く残ります。

ブランドイメージ・シナリオとの一貫性

アニメーションCMにおけるブランドの一貫性や一体感は、視聴者に対するブランドメッセージの説得力を高める上で非常に重要です。ビジュアルスタイルがブランドのアイデンティティや価値観と一致していないと、視聴者が混乱し、CMの内容だけが記憶に残り、ブランド本来の価値が伝わらなくなるという状況になります。

例えば、高級感を売りにしているブランドが、カジュアルでポップなスタイルのアニメーションCMを使用した場合、視聴者はブランドのメッセージを誤解しやすくなります。このような状況では、ブランドの信頼性を損ない、最終的には顧客が離れていってしまうことにつながります。

一方で、ブランドのアイデンティティとビジュアルスタイルが一致している場合、視聴者はブランドメッセージをより明確に理解し、ブランドに対する信頼と好感を深めることができます。

このため、アニメーションCMを制作する際には、ブランドのアイデンティティと一致したビジュアルスタイルを選び、ブランドメッセージの一貫性と説得力を保つことが非常に重要です。

関連記事:ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説

感情的なつながりを作るキャラクター

キャラクターは視聴者との感情的なつながりを作る重要な役割です。魅力的で個性的なキャラクターは、ストーリーに深みを加え、視聴者の共感や感情移入を促します。人は、聞きたいものしか記憶に残りづらいため、キャラクターにつながりを作る役割を持たせて注意を向けてもらうことが大切です。

例えば、カクテルパーティ現象と呼ばれるものがあります。忘年会などで、それぞれが話に夢中になっている時、会場にはさまざまな音や声が聞こえてきます。このような時に、聞きたい相手の声をはっきりと選択して聞き取れる力のことです。

特に、視聴者の日常生活や経験に関連するキャラクターは、より注意を惹きつけ共感を生み出します。キャラクターが視聴者の心に響く物語の一部として描かれることで、ブランドへの親しみや関心が深まるということです。

関連記事:キャラクターを活用するメリットとは?デメリットや効果も解説

アニメ表現を活用しても記憶に残らなければ意味がない

いくら表現が柔軟であるアニメーションを活用したCMでも、ブランドの一貫性がなければ短期的に話題とされるだけで終わってしまいます。ロングセラー商品のように、長く記憶に残り選ばれ続けるには、一貫したメッセージやブランドイメージをブレさせないことが大切です。

記憶に残るためには、シナリオとビジュアルの両面で、視聴者の感情を動かすことが大切です。特に、感情には共感してもらうことや強調(インパクト)する部分とそうでない部分のメリハリ、視聴者にとって目が話せないテーマ(問題解決)といった内容を盛り込むことを意識すると良いでしょう。

CM事例から分かる記憶に残すポイント

例えば、映画やドラマのように映像にストーリー性を持たせることで、視聴者が共感・感動し、その商品や企業に好意的なイメージを抱きます。大成建設やマルコメ、広島ガスのアニメーションはストーリーが熟考されており、多くの人が共感できる作品となっています。

玉家質店のアニメーションのように、視聴者に強烈なインパクトを与える動画は記憶に残りやすいといえます。マクドナルドの場合は、映像のインパクトに加えて、耳に残りやすい音楽、そして自社の商品を連呼することで視聴者に強い刺激を与えています。

ターゲットとなる視聴者の問題解決に直結する映像であれば、記憶に残る可能性は高いです。タクトホームのアニメーションが良い例ですが、「元気な子供がアパートでは近所迷惑になってしまうかも」→「家を購入し子供は伸び伸び遊べる」という問題解決に繋がっています。

ストーリーのポイントを押さえる際、どのような登場人物や役割を用意し、どのように話を展開するかをまとめるかは「ゆるキャラの人気を上げるためにインターネットで発信すべき内容の考え方と企画パターン」の資料を参考にしてみてください。

心理学も組み込んで「単純接触効果」も活用する

CMで流れる音楽を、いつの間にか口ずさんでしまったり、頭から離れなくなってしまうことが度々あると思います。ある刺激に触れれば触れるほど、それを好きになっていく現象を、社会心理学では単純接触効果と言います。映像においても単純接触効果は機能するため、視聴者に繰り返し観てもらうことで、商品や企業への好感を抱かせることができます。

ただし、むやみに繰り返せば良いというわけでもありません。そもそも不快感を持たれる映像であれば、何度も視聴してもらうことはブランド毀損となります。他には、繰り返し過ぎると飽きてしまい、効果が薄れてしまうため、テーマを複数用意しておくことも大切です。

参考:繰り返し接しているうちにどんどん好きになるのはなぜ? - 公益社団法人日本心理学会

企業アニメーションCMを制作会社に依頼する際の料金は?

制作会社にアニメーション動画を依頼する際、尺や内容によって料金の相場は変わってきます。

目安の料金相場と制作期間は以下の通りです。

種類ごとの制作料金・期間の目安一覧

動画の種類料金相場制作期間相性の良い活用方法
スライドショー10〜30万円1〜2週間商品紹介
モーショングラフィックス40〜200万円1〜2ヶ月間複雑なサービス解説
ホワイトボードアニメーション50〜100万円1〜1.5ヶ月間セールス動画、学習関連の解説
キャラクターアニメーション50万円〜100万円
+キャラクター企画費用
2〜3ヶ月間YouTube投稿、ショート動画広告
フルアニメーション300万円〜2〜6ヶ月間ブランディング
ショートアニメーション5〜10万円1〜2週間TikTok、Twitter投稿
3DCG200〜500万円2〜3ヶ月間商品や建物の内部構造の解説、ゲーム
アニメMV100万円〜2〜3ヶ月間ゲームMV、アーティストMV

アニメーション制作の料金について詳しく知りたい方は「【種類別】アニメーション動画制作の料金が知りたい!種類別の制作料金と活用例を解説」もご覧ください。種類別の料金に加え、活用例も記載しています。

企業アニメーションCMの事例解説についてのまとめ

企業でアニメーションCMが活用される理由は、視覚的な魅力とストーリーテリングの力による効果的なPR手法であることが挙げられます。

  • クオリティの高いアニメーション制作を行うことで、視聴者に信頼を持ってもらう
  • 視聴者の嗜好やニーズを把握し、共感を呼ぶコンテンツを制作して注目される
  • 魅力的なストーリーを構築し、視聴者を楽しませながら不快感のないようにメッセージを伝える
  • アニメーションCMを通じて、企業・ブランドのメッセージに一貫性を持たせる
  • キャラクターの起用によって、視聴者と企業の感情的なつながりを作る
  • 鮮やかな色使いやコントラストの高い色の組み合わせは、視聴者の注意を引き、CMの記憶に残りやすい
  • キャラクターが視聴者の心に響く物語の一部として描かれることで、ブランドへの親しみや関心が深まる

これらの要素をうまく組み合わせることで、アニメーションCMは視聴者に深い印象を残し、ブランドの価値を効果的に伝えることができます。色・動き、キャラクター、ブランドの一体感が適切に活用された時、CMはその目的を達成し、視聴者との長期的な関係構築に貢献します。

アニメーション動画のテイストごとのイメージや魅力、PR動画を企画するコツなどのより具体的な資料は、以下のダウンロードページで手に入れてみてください。


おすすめの記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


SNS動画:【TikTokアニメ】”バズる”アニメーションの特徴とは?大人気アカウントを一挙ご紹介!


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?


動画制作の依頼についての記事

アニメーションMVの依頼方法を解説!トラブルなくMVを納品してもらうには?


動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


アニメーション動画を外注依頼する前にすべきことを一覧にまとめました


アニメーション制作に困っている方へ。独学・外注どちらが良いのかを解説


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


クラウドワークスでアニメーション制作を依頼するリスクとは?制作会社との違いを紹介


【まとめ版】動画制作をスムーズに依頼するための専門用語を解説


動画制作の基礎についての記事

映像制作に活用されるCGとは?種類や制作会社を選ぶコツまで解説


Unreal Engine(アンリアルエンジン)は映像制作に向かない?機能の特徴や企業が使うメリットを解説


アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは。


動画の作り方についての記事

採用動画を制作しても応募は来ない?内容の考え方や制作事例まで紹介


動画広告を上手く作りたい!制作ディレクション方法と発注のコツを解説


反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介


ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説


YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう


TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介


動画の著作権についての記事

著作権の譲渡とライセンス契約の注意点を解説!発注前に知っておくべきこと


動画の著作権を二次利用するとは?権利範囲や二次創作を解説



PR企画についての記事

PR施策の企画書を"読まれる"ように作成するコツは?何を入れたら伝わるのか解説
PR目的のイベントを成功させるには?企画のコツや開催するメリットを解説
ChatGPT(AI)をPRに活用できるの?基礎知識から事例まで初心者向けに紹介
アニメマーケティングを商品開発や商品PRに活かすメリットとは?事例付きで制作会社が解説します
反応を得られるプロモーション動画の作り方とは?企画方法から外せないポイントまで紹介

PR事例についての記事

【PR事例】ゲーム・アニメをリアルに体験できるイベントとは?おすすめの成功事例を紹介
地域イベントで町おこしをするには?効果的なPR方法や過去のイベント事例を紹介
【業種別】PR動画の活用事例8選!効果的な動画にする方法も解説
ゆるキャラの成功事例と作り方を解説!キャラクターでPR効果を生むには
キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介

PR動画の配信先についての記事

動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説

お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

YouTubeショートアニメ制作完全ガイドブック

無料資料ダウンロード

【ゆるキャラの人気を上げる方法は?】発信すべき内容がわかる企画テンプレートガイドブック

無料資料ダウンロード

【縦型アニメ・PRアニメ専用】ストーリー設計テンプレート

無料資料ダウンロード

RECOMMEND