BLOG

BLOG

【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説

企業の商品やサービスの認知度を高める手法のひとつであるPR動画ですが、近年ではPR・ブランディングにアニメーション動画を活用している企業も多くなってきました。

アニメーション動画は実写よりも抽象的な概念を伝えることに適しており、表現の幅も広いことから、ストーリーを視聴者に伝えやすいというメリットもあります。

そこで今回は、商品PRのために、アニメーション動画を公開している企業の例をご紹介していきます。

商品のPRだけでなく、アニメーションを活用したMVが最近話題となっているように用途は多岐に渡ります。楽曲PRに関しては「アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは」で解説しています。

アニメーション動画制作の依頼方法については「動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説」がおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


ENEOS

ENEOSのキャラクター「エネゴリくん」をアニメーション化し、自社の「大切なエネルギーのこれからをとことん考えて、答えを出していくこと。 それがENEOSの仕事です。」というメッセージを伝えています。

自社のキャラクターをアニメーション化することで、キャラクターが目にされる度にメッセージが想起されるという流れが作られています。サービスステーションでも液晶パネルにて配信されているので、給油時に気になった方も多いのではないでしょうか?

大成建設 シンガポール編

「君の名は。」や「秒速5センチメートル」の監督として知られる新海誠がCMの監督を努め、映像の繊細さやストーリーの完成度はまさに新海ワールドそのものです。

メインキャラクターの声を長澤まさみ、音楽はスキマスイッチがそれぞれ担当しています。

企業の実績を再現しつつ、これまでのゼネコン業界のイメージを払拭するような爽やかなアニメーション、そして仕事に対する情熱も伝わってきます。

実写映像であったならここまでの爽やかさは出せなかったことでしょう。

マルコメ

現代の日本社会に生きる夫婦の愛情を描写したアニメーションとなっており、YouTubeのコメント欄でも「感動した」というコメントが多く寄せられています。

ノスタルジックな風景だけでなく、音楽にも拘っており、使用しているピアノとバイオリンはどちらもおよそ100年前に製造されたビンテージの逸品とのことです。

アニメーション内では実際の商品のボトルが登場しますが、ストーリーの雰囲気を壊すことなく、しっかりと商品のPRができています。

実写映像で商品のボトルが映ると「いかにも広告らしい」見え方になってしまったかもしれませんね。

出典:「料亭の味」アニメCMシリーズ8作目 2020年1月26日(日)より全国で放映開始

タクトホーム

「子供は元気な方がいい」そうは言いつつも、アパートでうるさくするわけにはいきません。

ターゲットとストーリーが明確なアニメーションCMとなっており、アパートで子育てをしている方なら、共感してしまうのではないでしょうか?

子供が怒られるシーンは実写映像だと露骨な感じになってしまいそうですが、アニメーションにすることでマイルドな表現になっているように感じました。

マクドナルド 「行った気になる」篇

https://www.youtube.com/watch?v=YjZBlff9a0c

ニューヨークをイメージした新商品のPRのために公開されたアニメーション動画です。

アメコミ風のアニメーションに「ゴーストバスターズ」の楽曲の替え歌を起用し、コミカルでノリの良いCMとなっています。

日本ではアメコミ原作の実写映画は人気がありますが、アメコミ風のアニメーションに馴染みのある方は少ないのではないでしょうか?

違和感があるからこそ、つい目を止めて見入ってしまいますね。

広島ガス

地元に根付いた企業だからこそ、地元の言葉を使うことで親しみやすいアニメーションとなっています。

馴染みのある言葉や地元の風景、景色が映ると嬉しくなりますよね。

1分という短い尺ではありますが、テンポ良く物語を繋ぐことができ、ストーリーの全体像がイメージしやすい点もアニメーション動画のメリットだといえます。

玉家質店

「どうして質屋なのにファンタジーなの?」と思われた方も多いかもしれません。

実は「若年層に認知してもらいたい」という狙いがあり、質屋で売買される商品をゲームの装飾品になぞらえ、ファンタジーの世界に落とし込んで表現したとのことなんです。

質屋なのにファンタジーという意外性がありながらも、コンセプトがロジカルに組み立てられており、映画の予告編のような壮大さに引き込まれてしまいます。

参考:質屋のCMが超絶作画ファンタジーアニメってどゆこと? 監督は『SAO』アクション作監

Netflix  アニメで言葉があふれだす。

数々のアニメの名シーンを繋いだNetflix特別アニメーションCMです。

企業の広告・PRから脱線してしまうかもしれませんが、そのアニメ作品を知っている人なら一瞬だけでも分かってしまいますよね。アニメーションがいかに人の心に残りやすいのかを表しているといえます。

ここまでに紹介したフルアニメーションは、自主制作アニメである「インディーアニメ」を活用することで手軽に制作できるようになってきています。詳しくは、「インディーアニメの制作費用が安い秘密とは?MVにも使われる人気の秘密を解説」で解説しています。

記憶に残りやすいアニメーションとは

ストーリー性がある

映画やドラマのように映像にストーリー性を持たせることで、視聴者が共感・感動し、その商品や企業に好意的なイメージを抱きます。大成建設やマルコメ、広島ガスのアニメーションはストーリーが熟考されており、多くの人が共感できる作品となっています。

インパクトを与える

玉家質店のアニメーションのように、視聴者に強烈なインパクトを与える動画は記憶に残りやすいといえます。

マクドナルドの場合は映像のインパクトに加えて、耳に残りやすい音楽、そして自社の商品を連呼することで視聴者に強い刺激を与えています。

視聴者の問題を解決する

ターゲットとなる視聴者の問題解決に直結する映像であれば、記憶に残る可能性は高いです。

タクトホームのアニメーションが良い例ですが、「元気な子供がアパートでは近所迷惑になってしまうかも」→「家を購入し子供は伸び伸び遊べる」という問題解決に繋がっています。

単純接触効果

CMで流れる音楽をいつの間にか口ずさんでしまったり、頭から離れなくなってしまうことが度々あると思います。ある刺激に触れれば触れるほど、それを好きになっていく現象を社会心理学では単純接触効果といいます。

映像においても単純接触効果は機能するため、視聴者に繰り返してみてもらうことで、商品や企業への好感を抱かせることができます。しかし、ただ繰り返せば良いというわけでもありません。

繰り返し過ぎると飽きてしまったり、嫌悪感を抱いてしまう可能性もあるので、視聴者にとっての最高値がどこなのかを見極める必要があります。

出典:繰り返し接しているうちにどんどん好きになるのはなぜ?

アニメーション動画の料金は?

アニメーション動画といっても尺や内容によって料金の相場は変わってきます。

料金相場と制作期間の目安は以下の通りです。

動画の種類料金相場制作期間相性の良い活用方法
スライドショー10〜30万円1〜2週間商品紹介
モーショングラフィックス40〜200万円1〜2ヶ月間複雑なサービス解説
ホワイトボードアニメーション50〜100万円1〜1.5ヶ月間セールス動画、学習関連の解説
キャラクターアニメーション50万円〜100万円
+キャラクター企画費用
2〜3ヶ月間YouTube投稿、ショート動画広告
フルアニメーション300万円〜2〜6ヶ月間ブランディング
ショートアニメーション5〜10万円1〜2週間TikTok、Twitter投稿
3DCG200〜500万円2〜3ヶ月間商品や建物の内部構造の解説、ゲーム
アニメMV100万円〜2〜3ヶ月間ゲームMV、アーティストMV

アニメーション制作の料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。種類別の料金に加え、活用例も記載しています。

アニメーション動画を作るなら

「動画広告」や「企業PR」にアニメーション動画を検討されている方も多いことでしょう。まずはどんな映像を作りたいのか、どんなPRをしたいのか、弊社に相談してみませんか?

企画作りからアニメーション制作、プロモーションまで一気通貫でお手伝いさせていただきます。

ご相談はこちら
https://nokid.jp/contact/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事