2022.09.30

2024.04.18

TikTok事務所所属のクリエイターに制作依頼をするメリット・デメリットとは?

TikTokチャンネル内で動画を制作して運用するのは個人だけではありません。企業のPR・広報担当の方も活用しようと考える方も多いのです。

しかし、動画の企画から制作、さらには運用まで自社でいきなり取り組むのは難しいはずです。

そのため、TikTokチャンネル自体の運用を外注したり、動画制作のみを外注したりすることでサポートを受けながら取り組んでいく企業の担当者も増えてきました。

TikTok動画を制作してくれる企業は多くありますが、TikTokに特化したインフルエンサーである「TikToker(ティックトッカー)」が多く所属している「TikTok事務所」というものも存在します。TikTok事務所は、自社に所属しているTikToker(クリエイター)のマネジメントや活動のサポートを行っています。

例えば、企業案件を受注してくることで収益を得ている"芸能事務所"に近い組織です。

そこで今回は、以下の疑問を持つ方に向けてクリエイターコンテンツを活用するメリット・デメリットを解説しています。

「TikTok事務所に所属するクリエイターへコンテンツ制作を依頼することは実際どうなのか?」
「TikTok事務所がどういった組織かわからない」

最後までご覧ください。

TikTokでアニメーションを活用したい場合は「TikTokでアニメーション動画をPRに活用できるの?おすすめできる理由から参考例まで紹介」がおすすめです。


YouTubeやTikTokで効果的なPRを行うための「動画広告の設計方法」から「アニメーション動画の活用方法」まで「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


TikTok(ティックトック)事務所とは何ですか?

TikTok事務所とは、インフルエンサーがPRを行って人気になるサポートをしている事務所の中でも、特に「TikTok」に特化している事務所を指します。事務所に所属しているクリエイターを「TikToker(ティックトッかー)」と呼び、企業案件の獲得や企画サポート、ノウハウの提供を行っています。

TVCMやSNS広告、新聞広告など企業が消費者に向けて直接訴求する広告よりも、身近な人物やロールモデルとなる人が発信する情報を受け取る"インフルエンサーマーケティング"が、企業へ普及してきました。

つまり、インターネット上でターゲットとする顧客から信頼を集めている人(=インフルエンサー)からの口コミ・レビューによって、見込み客の目に留まりやすくなる重要な効果を、企業も実感しているということです。

参照:TikTok for Business

TikTok事務所の主な業務内容

TikTok事務所の主な業務内容は、次の4点です。

  • クリエイターのマネジメント
  • クリエイターの活動サポート
  • 企業案件の受注
  • 企業案件の動画制作

TikTok事務所の種類は主に3種類

TikTok事務所と一言でいっても、様々な事務所が存在します。TikTok事務所の特徴を知る前に、TikTokチャンネルの運用のフローについて解説させていただきます。TikTokチャンネルの運用フローは、下記の通りです。

  1. お問い合わせ
  2. 企画・設計
  3. 制作準備
  4. 運用
  5. 分析

TikTok事務所は、TikTokチャンネル運用フローのいずれかの工程に特化していることが多いです。TikTokerに強みを持っている事務所や、映像制作に強みを持っている事務所、SNSマーケティングに強みを持っている事務所などがあります。

TikTok事務所に依頼するメリット・デメリット

では、TikTok事務所に所属するTikToker(クリエイター)に制作を依頼するメリットとデメリットには何があるしょうか。TikTok事務所に所属するクリエイターへ制作依頼するメリットとデメリットは、下記の通りです。

メリット

  • 成功するTikTok動画のノウハウが蓄積されている
  • 有名なTikTokerが多く所在しているため認知しやすい
  • 企業案件やコラボ案件を受けることが多いため、依頼しやすい

TikTok事務所のメリットは、何といってもノウハウの蓄積にあります。フォロワーを多く抱えているTikTokerが多数所属しているため、認知を広くできるだけでなく、成功するフォーマットや企画案のノウハウがあり、TikTok動画の企画から相談をしたい方に適しています。さらに、事務所内のTikToker同士とのコラボをすることも可能になったり、事務所側が企業案件を請け負っているため、案件を依頼しやすいといったメリットがあります。

デメリット

  • 事務所の方針によって内容に制限がかかることがある
  • 自社で運用・個人TikTokerで依頼するよりも費用がかかる

事務所の方針により、TikTokerに依頼する内容が制限される可能性があります。また、TikToker個人とやり取りするわけではなく、事務所を通じてTikTokerと契約するため、個人と契約するよりも費用がかかってしまう傾向にあります。しかし、メリットも多くありますので、予算に合わせて検討することが重要です。

関連記事:【TikTok広告】クリエイター起用動画を制作したいときは何をしたら良い?制作会社が解説

おすすめのTikTok事務所一覧

インフルエンサーに強い事務所はどこですか?

GROVE株式会社公式

出典:GROVE株式会社公式

こちらの事務所はTikTokやYouTubeで有名な大関れいかさんや、なえなのが所属している事務所です。有名インフルエンサーを抱えており、企画から制作までに強みを持っている事務所です。

CARAFUL株式会社

出典:CARAFUL株式会社

こちらの事務所はコラボ実績が豊富となっており、TikTok公式サイト内でも紹介されているドミノピザやコカ・コーラなどの大企業とのコラボ実績もあり、クリエイターに強みを持っている事務所となっています。

PPP STUDIO.

PPP STUDIO.公式サイト
出典:PPP STUDIO.公式

PPP STUDIO.は、TikTokをメインとした700名を超える人気インフルエンサーが所属しています。

所属クリエイター数とフォロワー数、総動画再生時間
出典:PPP STUDIO.公式

所属クリエイターのフォロワー総数が2億5,000万人となっており、インターネットで広く認知拡大を行えるだけの土台が揃っています。

企業案件を親会社であるTORIHADAと提案する体制があるため、ニーズに応えるための所属クリエイターの育成や、ブランド展開までサポートしています。

TikTok事務所だけでなくアニメ制作会社もおすすめ

「運用スケジュール」の企画・設計〜運用まで一気通貫して制作してくれる会社もあります。運用初心者であれば、依頼以外の内容でつまずいたり、依頼した動画制作以外、運用面で失敗したりしてしまう可能性があります。

TikTokでアニメーションを活用したいと考えている場合には、アニメーション制作会社に外注することも検討してみてはいかがでしょうか。アニメーション制作会社によっても、TikTok事務所と同じように特徴や強みがそれぞれ異なっていますので、自社が必要な業務だけを任せることもできますし、企画や設計・チャンネル運用、分析まで一気通貫して依頼することも可能です。

アニメーション制作の流れや依頼方法のコツについては「動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説」下記の記事で詳しく解説しています。

TikTok事務所への制作依頼についてのまとめ

これまで、TikTok事務所所属のクリエイターに依頼をするメリットとデメリットについて解説してきました。主なメリットとしては、ノウハウが蓄積されているため企画の相談がしやすいこと、フォロワーを多く抱えているTikTokerが多く、認知しやすいことなどが挙げられます。

また、デメリットとしては事務所によって制限がかかる可能性があること、費用がかかってしまうことが挙げられます。

弊社では、商品や企業の魅力が伝わりやすいPRアニメーションの企画・制作を行なうアニメーション制作スタジオを運営しております。さらに、登場するキャラクターのIP(知的財産)ビジネスへの展開を考慮した上での企画・制作のノウハウもあるため、安心してご相談いただくことが可能です。依頼をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

今なら自社TikTokアカウント運用で培ったノウハウを活かした「TikTokアニメ運用ガイドブック」を無料公開中です。ダウンロードは下記ページよりご請求くださいませ。

下記ページからダウンロードできますので、気になる方は資料をご覧くださいませ。


おすすめ記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?



お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

【効果的な動画広告をマニュアル化】動画広告設計テンプレート

無料資料ダウンロード

【基礎からわかる!】動画制作"依頼"パーフェクトガイドブック

無料資料ダウンロード

YouTubeショートアニメ制作完全ガイドブック

無料資料ダウンロード

RECOMMEND