BLOG

BLOG

キャラクターを用いたコラボ戦略と活用事例から成功の秘訣を探る

近年増加するキャラクターコラボ商品は、経済・企業にどれだけの効果をあたえているのか、ヒット企画や商品にはどんな戦略や要因、メカニズムがあるのかを紐解いていきます。

そして今後のキャラクターマーケティングの成功条件を探っていきます。

IPビジネスについては「【制作会社が解説】IPビジネスがアニメ事業のチャンスに!自社IPの可能性とは?」もおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


キャラクターコラボ商品の増加

企業が行うプロモーション活動やタイアップ企画などのコラボレーション商品において、アニメ作品やゲームなどのキャラクターをコラボ相手に起用した商品が増加しています。

古くはハローキティやポケモンから始まり、近年では「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」などの人気作品のキャラクターが描かれた商品を、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどでも見かける機会が増えたことと思います。

コラボする企業や商品は飲食だけに限らず、日用品や雑貨はもちろんのこと、金融業界、BtoBでも活用されています。

ではキャラクターとのコラボはどんなメリットがあるのでしょうか?

キャラクターコラボのメリット

認知を拡大できる

人気アニメやキャラクターの認知度を自社の商品やサービスにも活用することができます。

今まではその商品に興味のなかった人でも、アニメやキャラクターが好きで「ついその商品を手に取ってしまった」というパターンは多いはずです。

店頭で似たようなデザインの商品が並ぶ中、キャラクターコラボ商品はインパクトが強く、視界に入りやすいというメリットもあります。

また、キャラクターコラボ企画はSNSでも話題になりやすく、エンゲージメント率が高いだけでなく、拡散されやすい傾向にあります。

ブランディングにも効果的

キャラクターの持つイメージを活用して、企業や商品のイメージアップに繋げることも可能です。

タレントや芸能人を起用した場合、出演者が事件や事故を起こしてしまうと、その企業や商品までイメージダウンしてしまうこともあります。

また、急な引退などでイメージタレントを変更する場合は、新たな人選や広告やパッケージの変更に工数や経費もかかる上に、これまで積み上げてきたイメージが台無しになってしまうかもしれません。

アニメキャラクターの場合はスキャンダルの可能性は低く、長く安定した起用が可能です。

企業のキャラクターコラボ事例

鬼滅の刃×缶コーヒー

『鬼滅の刃』は漫画原作の大人気アニメで、劇場アニメ『無限列車編』の日本国内での興行収入は404.3億円に達し、日本歴代興行収入第1位となりました。

アニメの放送開始と同時に多くの企業とコラボ商品を販売しており、その数は2021年の1年間で飲食関係だけで50社以上といわれています。

飲食以外にもGUやユニクロ、しまむらなどの衣類や掃除用品、日用品など様々な商品とコラボしており、その人気の高さが伺えます。

鬼滅の刃とコラボした企業の成功事例として、ダイドードリンコ株式会社のコラボ缶コーヒーが挙げられます。

発売から約3週間で5,000万本を販売し、2020年10月の同社のコーヒー飲料の販売本数を前年同月比1・5倍に押し上げました。

鬼滅の刃の登場キャラクターが描かれたパッケージは合計28種類、推しキャラの缶を選べることでファンの間でも話題となった商品です。

SNSで「箱買いしてしまった」と報告している方も多く、複数のデザインを用意することでファンの収集欲を刺激したことも成功の要因だったのではないでしょうか。

参考:ダイドー『鬼滅の刃』コラボ缶が3週間で5000万本、若者の缶コーヒー離れも改善 - AdverTimes

キャラクター×しまむら

出典:ファッションセンターしまむら

アパレル業界ではしまむらとアニメキャラクターのコラボが目立ちます。

旬のアニメやディズニー作品はもちろんのこと、一部のファン層をターゲットにしたマニアックなアニメともコラボしており、定期的にコラボ商品が販売されることでアニメファンからは注目されています。

しかし、しまむらではキャラクターコラボ商品を大々的に宣伝することはなく、あえて数量や店舗を抑えて販売することで、希少性を演出しているのです。

だからこそ、コラボ商品を見つけたときに驚きが産まれ、SNSでの拡散に繋がっているそうです。

コラボするにあたっては、「作品の世界観を理解すること」「キャラクターのイメージを壊さないこと」を重要視しているとのこと。

「キャラクターのイメージを大事にしつつ、商品に希少性を持たせる」

これがしまむらの成功の要因と言えるでしょう。

参考:【特集】今ゲーマーの間で話題の「しまむら」を直撃!完売続出の“キャラTシャツ”展開の狙いとは

A3!×コスメ

出典:JILLSTUART

イケメン役者を育成するスマホ向け大人気アプリゲーム『A3! (エースリー)』とコスメティックブランドのJILLSTUART (ジルスチュアート)とのコラボ事例です。

A3!のキャラクターに商品である「ルージュリップブロッサム」の各カラーを割り当て、さらに購入特典として缶バッチとポストカードをプレゼントしました。

このキャンペーンに参加したお客の8割以上が新規客で、1ヶ月後までの再来店率も通常より高かったそうです。

もともと、ジルスチュアートの認知度は20代〜30代女性の間で約80%とかなりの高水準で、認知拡大よりも使用者を増やすことが課題でした。

「一度使ってもらえれば良さをわかってもらえる」という商品・サービスへの自負があったからこそ、成功した施策だといえます。

参考:ジルスチュアート、ゲームとのコラボで逆風リップが跳ねた理由

イケメン×ATM

出典:PR TIMES

恋愛シミュレーションゲーム風のオリジナルキャラクターを用いた「セブン銀行」の例をご紹介します。

人気声優が声を演じるイケメンキャラクターをATMの画面に登場させ、取引を案内する「セブンコンシェルジュ」は金融とエンターテイメントを融合させたキャラクターコラボサービスです。

「イケメンコンテンツによる女性顧客の新規獲得および継続利用促進」を目的に、プロジェクトチームが立ち上げられ、2018年に都内を中心にサービスが開始されました

ボイスを当てる声優は、前野智昭、小野友樹、岡本信彦、木村良平、代永翼、小林裕介、津田健次郎、いずれも女性ファンを魅了する人気声優が参加しています。

2019年にサービスは惜しまれつつも終了となってしまいましたが、ATMの常識を覆すイノベーティブなサービスであったことは間違いありません。

参考:イケメンATMって一体?開発メンバーが語るセブンコンシェルジュの裏側

成功の秘訣とは

アニメ作品やキャラクターの選定

まずはコラボを検討する作品やキャラクターのファン層を分析することが大事です。

提供したい商品やサービスの客層とファン層がマッチしているかを調査する必要があります。

鬼滅の刃とコラボしていたダイドードリンコの缶コーヒーは、若い世代でも飲みやすい甘いカフェオレでした。

これが無糖や微糖のブラックコーヒーだった場合は違う結果だったかもしれません。

意外性のある企画

2つ目はアニメやキャラクターの世界観を壊すことなく、それでいて正規作品にはない「コミュニティの話題」となり得る企画を生み出すことです。

あえてアニメとは関係してこなかった商品、イメージが結び付かなかった商品とのコラボが、多くの反響を受けることも多く、意外性と変化を消費者に与えることが、コラボの効果を引き立ててくれるのです。

ソーシャルメディアの活用

アニメ作品は「視聴する」という限定的な存在であることに対し、コラボ商品は日常生活の中にアニメ作品やキャラクターが入り込むことによって、消費者に喜びが生まれ、コミュニティの場を提供することに繋がります。

また、アニメはSNSやコミュニティサイトなどで、ファン同士の情報交換や口コミの拡散が頻繁に行われているジャンルであり、ソーシャルな拡散力に優れています。

キャンペーンを通して商品とともに話題を作り、SNSや口コミにより拡散されることで企業のブランディングとして大きな効果を発揮します。

コレクションしたくなる商品や特典

合計28種類のパッケージを用意した「きめつ缶」、A3!の購入特典など、消費者が「集めたくなる」気持ちを上手に活用することが成功に繋がっています。

しまむらの「希少性」を高める戦略も消費者にとって集めたくなる要因の一つとなります。

おわりに

今回はキャラクターを用いたコラボ戦略と活用事例と成功の秘訣についてまとめてみました。

キャラクターマーケティングについて気になった方はこちらの記事もご覧ください。


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事