2021.09.03 アニメ アニメーション動画

キャラクターマーケティングの活用メリットと絶大な効果について

Pocket

企業戦略において、商品開発やプロモーションの一部としてキャラクターマーケティングを活用する企業が増えています。「キャラクターマーケティングって聞いたことはあるけど、実際にどうなの?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、数ある手法の中で「キャラクターマーケティング」が人気となっている理由をテーマに、「活用することで得られるメリット」とその「絶大な効果」についてお伝えしていきます。

キャラクターマーケティングとは

認知を広めたり購入意欲を高めたりするための施策の中には、さまざまな手法がありますよね。具体的には広告、CM、チラシやパンフレットの配布などがありますが、今回はそんな認知拡大・購入意欲を高める施策の中でも、「キャラクターマーケティング」に特化して解説していきます。

キャラクターマーケティングとは、その名の通り「キャラクター」の特性を活用したマーケティング手法のことを示します。キャラクターを用いることで、ユーザーに対して認知を広めることができ、さらに購入意欲を高めて問い合わせや購入を促す効果が見込めます。

他社の成功事例としてあげられるのはディズニーキャラクターです。アニメーションから始まったディズニーキャラクターは、皆さんもご存知の通り、今ではさまざまな企業の商品とコラボしています。さらに、キャラクター自体を商品化し、ぬいぐるみやキーホルダー、文房具などを販売していたりすることで、莫大な収益をあげています。企業は、既に認知があるディズニーキャラクターとコラボすることで、商品やサービス自体に安心感や信頼を与えることができるという効果をもたらしているのです。

では、さらにキャラクターマーケティングについて知るために、「キャラクター」自体のメリットとデメリットを見ていきましょう。

キャラクターのメリット

メリットとして、主に以下の2つが挙げられます。

  • ユーザーにとって親近感が湧きやすい
  • ブランディングでき、ユーザーの購入意欲を高められる

ユーザーにとって親近感が湧きやすい

キャラクターを用いた企画やイベント・宣伝を行うことによって、自社のイメージアップを図ることができます。「キャラクターが可愛らしくてつい見てしまう」など、ユーザーにとって親近感が湧きやすく、愛着を持ってもらえることに繋がります。

例えば、ウォーターサーバーを販売する企業がサンリオ「ハローキティ」とコラボレーションをし、イベントを行なったとします。ユーザーは、ハローキティのキャラクターが柄として入っているペットボトルを受け取った時、ウォーターサーバーのみ書かれているペットボトルよりも興味や関心を持ってもらうことができたり、キャラクターの愛嬌の良さから、親近感を持つことができます。このように、ウォーターサーバー自体に興味があまりない方にとっても親近感が沸きやすくなる可能性があります。

参考:SDGsの取組みを応援している「ハローキティ」とコラボ!「富士山麓のおいしい天然水 リサイクルペットボトル・ハローキティ ラベル」

さらに、オリジナルキャラクターを制作することで、キャラクターによる情報発信や商品化も視野に入れることができ、IPビジネスへ展開することも可能です。

IPビジネスに関しては、次の記事で解説しています。

​​>>【制作会社が解説】アニメ事業でIPビジネスがチャンスに!自社IPの可能性とは?

ブランディングでき、ユーザーの購入意欲を高められる

キャラクター自身が企業のブランディングをできる場合があります。例えば、「ENEOS株式会社」の企業キャラクターである「エネゴリくん」があげられます。これはキャラクター自体が企業の顔となっている一例となっており、企業のブランディングを成しています。

元々はサービスステーションという事業から、男性の顧客が多かったENEOSですが、「エネゴリくん」というキャラクターによって主婦層への知名度が上がったという経緯があります。このように、キャラクターの知名度が上がればサービスも知られていき、印象に残りやすいので、興味を持たれやすくなるのです。

さらに、例で挙げた「ENEOS」の主な事業、サービスステーションだけではすぐに競合に流れてしまう可能性がありますが、ブランドを知ってもらい共感を得られれば、サービスに飽きてしまったとしても、ユーザーがブランドに対して愛着を持ってもらえるため生涯の顧客価値が向上する効果もあります。

参考:>>キャラクター活用の今(読売新聞広告情報サイト)

キャラクターのデメリット

キャラクターのデメリットとして、次のようなものが挙げられます。

  • 雰囲気やイメージに合うキャラクターを起用する必要がある
  • オリジナルキャラクターの制作が難しい

では、順に見ていきましょう。

雰囲気やイメージに合うキャラクターを起用する必要がある

既存のキャラクターとコラボを行いたい場合、自社のサービスや商品に合うようなキャラクターを見つけなくてはなりません。既にイメージが定着しているキャラクターの中で、選定を間違えてしまうと、ブランド毀損につながってしまう可能性があります。

例えば、実在する俳優や女優などとのコラボレーションほどではないものの、キャラクターの中の人が行ったSNS投稿により、ブランドとかけ離れた言動をされてしまったというトラブル事例もあります。

このことから、自社のサービスや商品のイメージに合う、既存のキャラクターを見つけることは大変難しく、リスクもあるといえます。

既存キャラクターを活用したい場合は、コラボレーションしたいキャラクターの性格や、ユーザーに見せたい企業の印象を念頭に置きながら、コラボレーション先を検討しましょう。

オリジナルキャラクターの制作が難しい

既存のキャラクターとのコラボが難しいとなった場合に、次に考えられるのは自社のオリジナルキャラクターを制作することだと思います。

しかし、自社のイメージに合うキャラクターを一から制作したい場合には、その制作にかかる工数が問題となります。普段の仕事に+αで業務量が増えることになるため、通常業務の質が落ちてしまってはも朋子もありません。さらに、時間がない中、付け焼き刃で制作したキャラクターでは効果を出すのは難しいと考えられますし、制作費用に見合った効果のあるキャラクターが制作できるとも限りません。

まとめ

ここまでで、キャラクターマーケティングの効果や、メリット・デメリットについて解説してきました。ユーザーにとって親近感が湧きやすく、購入意欲を高められるメリットがある反面で、既存のキャラクターとコラボするリスクや、自社制作の難しさがデメリットとして挙げられました。

このように、一からキャラクターを制作し活用していくのは困難ですが、キャラクターのメリットを生かし、効果の出るキャラクターマーケティングができたらいいですよね。

ここまで読み、キャラクターマーケティングに興味を抱かれた方におすすめなのが、株式会社NOKIDが運営する「voiPic」というサービスです。

「voiPic」では、漫画制作、声優によるアテレコも一貫して行なってくれるため、非常に質の高いコンテンツを依頼することが可能です。また、必要な業務内容に応じて幅広いサービスを提供してもらえます。

NOKIDにはイラストレーターや漫画家が多く在籍しています。特徴としてクリエイティブ力を強みとしており、腕に磨きをかけた漫画家への制作依頼が可能ですので、初めての本格的なキャラクターマーケティングをご検討中の方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。