BLOG

BLOG

ブランディング動画で感動を与えるには?効果・活用方法・作り方のコツを解説

業績アップや採用強化のためにブランディングをしようと考えた時、曖昧なイメージしかなく正解が分からないと思ったことはありますか?それは間違いないかもしれません。ブランディングは目に見えない企業やブランドの思想などを伝えて認識を変えることだからです。

そんな伝えづらいブランディングだからこそ、情報を伝える力を持つ「動画」の活用が有効です。実際に多くの企業がブランディング動画を制作し、商品やサービスの好感度や認知度の向上に繋げています。

今では、YouTubeやSNSの普及により、ブランディングは大手企業だけのものではなくなりました。中小企業やベンチャー企業がブランディング動画を作り、他社よりも顧客の心を掴んでいることも珍しくありません。ですが、ブランディング動画とは何かが具体的にイメージしづらいのも事実です。

そこで今回は、企業のマーケティング担当者なら知っておきたいブランディング動画の概要やメリットについて動画制作会社の視点から網羅的に解説していきます。


YouTubeやTikTokで効果的なPRを行うための「動画広告の設計方法」から「アニメーション動画の活用方法」まで「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


ブランディング動画について

ブランディング動画の概要

ブランディングとは、企業やブランドに対する価値観やイメージのことです。つまり、人の印象と同じように企業やブランドそれぞれなのです。人が誰かから好かれたいように、企業も同じように顧客から持たれる印象を変えたいためにブランディングを行うのです。方法は様々で、社会貢献活動もあればイベントを開催するようなこともあります。

ブランディング動画とは、上述のブランディングを動画によって視聴者に対して行うためのものです。企業やブランドに対して、信頼や安心感を持ってもらうために制作した動画です。理念やビジョンを「ストーリー」にして動画で伝えることで、視聴者の共感を得ることも狙います。

アニメーションを使ったブランディングについては「【広報担当者必見】企業や商品のブランディングにアニメーションを活用するメリットとは?」で詳しく解説しています。

ブランディング動画によって得られる効果

ブランディング動画によってどんな効果があるのでしょうか。商品やサービスが他社よりも売りやすくなったり、顧客との関係が継続しやすくなったりといった間接的に業績を左右する非常に重要な役割を持っています。

しかし、直接的に販促を狙うものではないため、ダイレクトレスポンスが中心のオンラインマーケティングに慣れ親しんでいるマーケティング担当にとっては、社内の決裁が通しづらかったりと頭を抱える部分が多いことを多くの相談を受けてきて感じました。

ブランディング動画にこれが正しいといった明確なものはありません。企業が顧客からどんな印象を持たれたいかによってブランディング動画の内容や見せ方は異なります。それらを前提にした上で、ブランディング動画には次のような効果が期待できます。

  1. 自社の商品やサービスを知っている人が増える
  2. 動画が影響して共感を得れば商品やサービス購入の後押しになる

1.自社の消費やサービスを知っている人が増える

ブランディング動画はストーリー性やメッセージ性を重視するため、単に広告を表示させるよりも記憶に残りやすくなります。そのため、認知させて興味を抱いてもらう効果が期待できます。

こうして知名度が上がってくることで、ブランドが確立されていきます。また、既存顧客にとっても自身が気に入っているブランドが有名になるほどモチベーションが上がり更なる購買や口コミの効果まで期待できるのです。

2.共感を得れば商品やサービス購入の後押しになる

過剰な表現や限定感、商品特長を伝えて「行動」を期待したセールス動画がある一方、ブランドの思想や企業としての取り組みを伝えて印象を変える「態度変容」を期待したのがブランディング動画です。共感を得ることによって、直接的ではないものの企業としての価値が上がり長期的に業績を上げていく効果が期待できます。

ブランディングには、アニメーション動画によってブランドストーリーを分かりやすく伝える方法もあります。詳しくは以下の記事で解説しています。

ブランディング動画の使い方

ブランディング動画は様々な使い方があります。それぞれの使い方で成功に繋げるためには、目的ごとに最適なブランディング動画を計画していく必要があります。

ブランディング動画を制作依頼する際の注意点は「【アニメ会社が解説】ブランディング動画制作依頼における注意点とは?」以下で詳しく解説しています。

ブランディング動画を活用する

ブランディング動画を活用する3つの代表的な目的をご紹介します。

  1. 動画広告で活用する
  2. 広報・採用で活用する
  3. イベントで活用する

それでは、順に詳しく解説していきます。

1.動画広告で活用する

動画広告にブランディング動画を活用する場合は、TVCMだけでなくYoutubeやTiktok、TwitterといったSNS内で配信できる動画広告もおすすめです。顧客のフェーズに合わせて、認知や理解といった目的にブランディング動画広告は活用されます。

商品の質に差がなくなってきた現代においては、なぜこのブランドなのか?を理解してもらうことが大切です。メディアからの注目が集まりやすくなったりとPRにも活かされます。

各動画広告に関しては以下の関連記事をご覧ください。

TikTok広告については「【保存版】TikTokの広告出稿は実際どうなの?TikTokの特徴を徹底解説」で詳しく解説しています。

YouTube広告については「YouTube広告は手間が掛かる?広告手法と運用ステップを具体的に解説」で詳しく解説しています。

2.広報・採用で活用する

広報や採用にブランディング動画を活用する場合は、企業のイメージを伝えることで採用活動をスムーズにする目的で使われます。これは、顧客や求職者だけでなく社内に対する効果も期待できます。

カルチャーフィットが重要だと言われるように、価値観の合った人材確保には企業からのメッセージ発信がカギを握ります。企業がどうなっていくのか?何を目指しているのか?どういう歴史があるのか?といったメッセージを込めたブランディング動画から読み取れる「やりがい」は、優秀な人材に興味を持ってもらうきっかけとなります。

採用アニメーション動画の作り方は以下の記事で詳しく解説しています。

3.イベントで活用する

セミナー時の会社紹介や、株主総会での解説といったイベントにブランディング動画を活用する場合は、企業やブランドイメージを短時間で魅力的に伝えるのに役立ちます。他にも、イベント時のパフォーマンスの意味でも効果的です。セミナーといった権威性が重要になる現場において、ブランディング動画を用いることで視聴者の心を掴むことは後々の進行に影響を与えます。

他にも、こうした外部との接触時にはSNSでシェアしたくなるようなコンテンツとしての狙いも期待できます。多くの企業が参加するイベントでは、目に留まることが先決です。

リアルの場では、イベントだけでなく電車内の動画なども注目されています。詳しくは以下の記事で解説しています。

動画がオンライン上の広報担当となる

オンライン上では対面とは異なりコンテンツが企業の顔となる重要な役割を持ちます。ブランディング動画によって、顧客の心を動かしシェアしてもらうことで、知名度や人気さをアピールできます。営業活用においても採用活動においてもオンライン上でのリサーチが前提となった現代は、こうしたオンライン上のコンテンツがあることで一定の信頼を獲得できます。

BtoB企業のように何かを請け負う場合には、特に信頼性が重要となるため自社の発信するコンテンツは必要不可欠と言えるでしょう。ブランディング動画は、実写表現だけでなくアニメーション表現も企業で活用され始めています。

アニメーションを活用したブランディング動画の制作時のポイントは以下の記事で解説しています。

ブランディングの本質は感情を動かすこと

冒頭でお伝えした通り、ブランディングは人の印象のように抽象的な概念です。そのため、テキストや画像だけで伝えるのが難しい場合もあります。狙った印象とは違う形で伝わってしまったり、魅力が十分に伝わらないことで、ブランディングに失敗してしまうケースもあります。

ブランディングに失敗すれば、せっかく掛けた費用も無駄となってしまいます。また、ネガティブなイメージがついてしまった場合には業績に影響が出るため注意が必要です。

一方で、テキストや画像ではなく動画には情報伝達能力の高さがあります。Forrester ResearchのJames McQuivey博士によると、「1分間の動画は一般的なWEBページの3600ページ分の情報量」と言われています。

※米国調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士が2014年4月に発表した研究結果

つまり動画は、伝わりにくいことを直感的に伝えられるということです。そのため、ブランディングといった印象を左右する活動に適しているのです。ブランドの思想などを動画にすることで、顧客のブランドに対する理解が進み共感を得やすくなるのです。

最近では、情報伝達能力の高さを活かして「社員教育」などにも動画が活用されています。詳しくは以下の記事で解説しています。

ブランディング動画を企画する

それでは、実際にどのように制作を進めていくのかについてポイントを解説していきます。

アニメーションに限定した企画について知りたい方は「アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由をアニメ会社の視点から解説します」がおすすめです。

1.ブランドコンセプトを明確にする

効果的なブランディングを行うために、まずはブランドコンセプトを明確にすることが大切です。たとえば、「○○ならこの企業」というイメージを持ってもらうためには、自社のブランディングは欠かせない要素です。

他社と差別化するためにも、自社の商品やサービスは誰にどのようなことを提供することができるのかを明確にし、動画でもしっかりと内容として盛り込みましょう。

ブランディング動画の重要性については以下の記事で解説しています。

2.ブランドのターゲットを明確にする

動画を制作するにあたって、誰にどのようなブランドメッセージを届けるのかを明確にすることも重要です。

逆に、ターゲット設定があいまいなまま動画を制作すると、内容がぼやけたものになってしまう可能性が高くなります。その結果、伝えたいことがわからない動画になりかねません。

そうならないためにも、ペルソナを詳細に設定することが必要になります。特に、求職者の採用向けの動画や株主総会、IR向けなど、ターゲットによっても見せ方は大きく異なるので、動画を届けたいターゲットを明確にしておきましょう。

3.ブランドに関連したストーリーを作る

ブランディング用の動画には、ストーリー性が必要不可欠です。ストーリー性のない動画は、ただのキャンペーン動画になってしまう可能性もあります。そうならないためにも、動画にストーリー性を持たせて視聴者にどのようなブランド価値を提供できるのかをわかりやすく伝えることが重要です。

ブランドストーリーの入った動画にするためには、ブランドの存在理由を明確にしておく必要があります。その他にも、顧客にとってどんなメリットがあるのかを考えます。

会社の雰囲気を伝えるような場合には、実際に働いている人を中心としたストーリーにして想いを伝えていくのもおすすめです。こうした理由から、人に注目することがストーリー作りの秘訣と言えるでしょう。

ブランドストーリーは、オリジナルキャラクターを使って語ることで親近感のある状態で思想を伝えることができます。キャラクターマーケティングは以下の記事で解説しています。

感動を与えるために必要な要素を入れる

動画の内容は顧客に寄り添った内容にする

ビジネスにおいては、顧客の心に寄り添ったものを表現しなければ顧客から必要とされません。一方、自分の主張したいことを表現して社会問題を提起するものはアートではないでしょうか。

こうした理由から、ビジネスで活用する動画にはマーケティング視点が必要不可欠なのです。そして、顧客に共感してもらえる形でストーリーを作り、最適な表現方法で可視化して届けることが大切です。

ビジネスに相性が良い動画の事例ついては、こちらの記事もおすすめです。

感動を与えるストーリーはマーケティング視点が必須

ストーリー性の高い動画は人の感情を動かすのに有効です。ですが、そのストーリーもすべての人に合うわけではありません。そこで必要になるのが、マーケティングの視点です。

感情を動かすストーリー作りには根幹となる重要な要素があります。それは、顧客がどんなことに反応し、どんな不安を抱えていて、どんな生活を送っているのかといった仮説から最適なストーリーを設計することにあります。

つまり、人の感情を動かすストーリーを作るためには、マーケティング視点が必要不可欠だということです。そうは言っても、専門家でもない限り簡単には行きません。今なら、我々も活用しているストーリー設計テンプレートを以下で無料公開しています。ぜひ活用してみてください。

2つの制作技法から選択する

ここまでで、どういったストーリーを作るかについてを解説しました。とはいえ、感情を動かすストーリーだけあっても伝え方を間違えれば顧客には伝わらず水の泡となります。

そこで、感情を動かすストーリーを伝えるのにおすすめな動画表現についてを解説していきます。

実写動画とアニメーション動画の違い

人の感情を動かすには、ストーリーが視聴者に伝わらなければなりません。その場合、ビジュアル的な表現は非常に重要な要素となってきます。

ブランディング動画の制作方法には大きく分けて2種類あります。

  1. 実写動画
  2. アニメーション動画

1.実写動画

実写動画の場合は、リアリティを出しやすいという特長があります。例えば、会社の想いを社長自らが直接撮影したものを視聴者に届けることができます。反対に、社員から社長へのメッセージや結婚式のお祝いメッセージなども本人が映っているものの方が伝わりやすいのではないでしょうか。

このように、実写はその人という「個人」そのものをアピールするのに適しています。

他にも相性の良いものとしては、映像の綺麗さが重要となる場合です。例えば、宿泊施設の様子や景色といった現地をリアルに伝えるような場合です。

2.アニメーション動画

アニメーションの場合は、実写とは異なり抽象的なものを分かりやすく伝える場合に適しています。例えば、ブランドの持つストーリーを使って伝えるような場合です。

アニメーション動画のひとつである「アニメ」は、小さな子どもから大人まで幅広い年代の人が慣れ親しまれています。「アニメマーケティング白書2020」によると、国内アニメ視聴者数は約3,515万人という国内人口の約40%もの人が視聴している調査結果が出ています。

※出典:アニメマーケティング白書2020 - 株式会社KADOKAWA

「日本映画製作者連盟」が発表した「2020年公開映画の興行収入ランキング」では、邦画に絞ってみると上位10作品のうち半数の5作品がアニメーションによって制作されているという結果になっています。

このように、表現の幅が広く多くの人に慣れ親しまれているアニメーション動画は、感情を動かすストーリーを顧客へ伝えるのに適しているのです。

実写PRとアニメーションPRそれぞれの違いは「アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法」で詳しく解説しています。

WEBだけで公開することを目的としたWEBアニメも存在します。詳しくは「WEBアニメを知らない人必見!WEBアニメが優れている点を制作会社が徹底解説」で解説しています。

ブランディング動画を公開する

制作されたブランディング動画は、どのように公開・拡散されているのかについて解説していきます。ブランディング動画を作っても公開する場所がなければ見てもらえません。公開先としては次の3パターンが挙げられます。

  • Twitter、FacebookなどのSNS投稿
  • テレビCM
  • Youtubeチャンネルの投稿
  • 自社サイトのトップページ

さて、動画を作った後に悩むことが多いのがTikTokとYouTubeでは、どちらを活用したら良いのか?という公開先の選定です。詳しくは以下の記事で解説しています。

ブランディング動画の事例紹介

具体的に他社が行なったブランディング動画の事例を見てみましょう。

出典:【アニメCM】 大成建設 シンガポール篇 新海誠(コミックス・ウェーブ・フィルム

こちらは、新海誠監督が制作した「大成建設株式会社」のブランディング動画です。大成建設株式会社のキャッチコピーである「地図に残る仕事。」というコンセプトが表現された動画が制作されました。

公開から2ヶ月ほどで再生回数4万回以上となり、地元メディアに取り上げられた話題のブランディング動画です。

参考:なぜ企業PRに「アニメ」を?実際に作った会社の社長に聞いてみた。 | Creative info for Biz

ブランド価値を高める意味では、楽曲の価値を高めるために制作されるMV(ミュージックビデオ)も同じです。

MVについては「アニメーションMVとはなに?尺の短いアニメ作品が急増している理由とは」で詳しく解説しています。

その他のアニメーション動画事例は「【PR動画事例】企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説」で詳しく解説しています。

ブランディング動画が適したビジネス

ブランディング動画についてを解説しましたが、中でも中小企業にとってはBtoBのように高単価で信頼性が重要となる際には特に適しています。その理由は下記の通りです。

  1. 顧客企業が限定されている
  2. 購入決定までの検討期間が長い
  3. サービスに対する理解度が担当者ごとに異なる

それぞれを解説していきます。

1.顧客企業が限定されている

BtoBの顧客は、BtoCのように一般顧客をターゲットとしていないため、発信するメッセージをより具体的にすることができます。また、顧客課題も読み解きやすいため、課題に対する高い専門性をアピールできれば競合優位性を保ち受注の難易度が下がります。

2.購入決定までの検討期間が長い

購入決定まで数ヶ月~1年以上かかることもあるBtoBでは、短期間の獲得向け広告だけでは担当者との繋がりを作る程度にしかなりません。つまり、長期的にアピールしたり、決裁者にも信頼性を持たれるためにはブランディング動画を配信していくことも重要になります。また、広告だけでなく自社サイトやSNSによる投稿は残り続けるため、長期的な意思決定でも担当者〜決裁者へ専門性のアピールをし続けることが可能です。

3.サービスに対する理解度が担当者ごとに異なる

BtoBでは、こちらが営業したいサービスに対してのリテラシー(理解度)が担当者ごとに均一ではありません。そのため、理解度が異なっても「皆が知っている」という共通認識の状態は競合他社と比較される際などで有利に働きます。リテラシーが均一ではないからこそ、「●●に詳しい」という専門家的な印象は均一にすべきなのです。

ブランディングには、ブランド専用のキャラクターを使ってサービスの認知度を上げるのもおすすめです。詳しくは以下の記事で解説しています。

企画段階からプロに相談してみる

ブランディング動画を実際に制作するとなると、企画や構成をどうするか困ってしまうかもしれません。さらに、発信元となる媒体によっても視聴者層や最適な構成は変わってくるため、企画する段階から制作会社に相談することも大切です。

ただし、結局のところ動画そのものが狙った視聴者に届き、意図した印象を与えられるかが最も重要となることは忘れないでください。マス広告の時代は一方的に見させることができたものの、情報過多の現代においては見たい気持ちになってもらえなければ記憶から消えてしまい、飛ばされてしまいます。

ブランディング動画には、企画というアイデアが軸となるくらい重要な部分です。そして、軸となるアイデアに沿ってシナリオと動画編集による表現が付随する形です。だからこそ、多くの事例を知り専門家となっている制作会社の力を借りることが大切なのです。

制作会社のおすすめの選び方については以下の記事で詳しく解説しています。

企画にお困りならご相談ください

NOKIDはマーケティングの観点から、視聴者の感情に訴える動画を企画することに重点を置いております。これは、購買行動だけに限らず、企業のイメージをコントロールし採用活用に活かしたり、作品そのものを見たいと感じさせる活用までさまざまな応用が可能です。

他にもエンターテインメントに特化した物語性を重視した動画や、記事コンテンツを動画化してアプローチする顧客層を拡張するといった方法もおすすめです。イメージの詳細は以下のページからご覧ください。

お見積もりやご相談は、お問い合わせからご連絡ください。
NOKIDの制作実績:https://nokid.jp/works/

「お問い合わせ」や「資料ダウンロード」は以下をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事