BLOG

BLOG

インタラクティブ動画の活用術とは?視聴者ごとに分岐できる動画の事例を紹介

みなさんはインタラクティブ動画という動画形式をご存じですか?

インタラクティブ動画はユーザーのクリックやタップなどの行動によって、動画のストーリーが変わる視聴者参加型の映像コンテンツを意味します。

従来の映像コンテンツよりも視聴者のエンゲージメントが高く、マーケティング施策としてもとても効果的なため、インタラクティブ動画を制作する企業も増えてきています。

今回はインタラクティブ動画のメリット・デメリット、企業の活用例をご紹介していきます。


ストーリー設計テンプレート」では、マンガ動画・アニメーション制作にて使えるストーリー設計の方法を公開しています。視聴者を引き込む動画の構成にお困りの際はご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


インタラクティブ動画とは

インタラクティブは情報の送り手と受け手の関係が固定的ではなく、互いにやり取りできる状態を意味します。

これまで、YouTubeやTikTokなどの動画媒体やテレビやCTVなどの映像は、完成された配信コンテンツを受動的に視聴するということが多かったと思います。

クリックやタップなど、視聴者自身のコマンドや選択で、ストーリーが変わっていくなど、視聴者参加型の動画コンテンツがインタラクティブ動画となります。

これまでの受動的に視聴するというような形ではなく、視聴者自身がストーリー選択をすることで、動画の視聴時間が長くなったり、映像へ意識を向けている時間が長くなり、マーケティング効果が高まることが期待できます。

インタラクティブな映像といえばテレビゲームが代表的でしたが、Webの技術が進歩するにつれて、マーケティングやPR活動に活用することができるようになりました。

インタラクティブ動画のメリット

ユーザーのニーズに応えやすい

インタラクティブ動画であれば、ユーザーがストーリーを選択できるため、ユーザーが必要としている情報に辿り着きやすく、ユーザーの離脱が少なくなります。

インタラクティブの幅が広がることで、ユーザーのニーズに応えやすくなります。

エンゲージメントが高くなる

前述の通りユーザーの離脱率が少なくなるので、エンゲージメント率も高くなります。

商品説明やプロダクトの説明であれば、通常の動画よりもユーザーの理解度が深まるため、コンバージョンに繋がりやすくなります。

通常の動画であれば幅広い人が視聴することを前提に、基本的には1から100まで説明しなければなりません。

しかしインタラクティブ動画であれば視聴者の理解度に合わせて、必要な情報だけを視聴させることも可能なので、視聴者側のストレス軽減にもなります。

ユーザーの行動を分析することができる

インタラクティブ動画であれば、視聴者がどのようなストーリーを選択したのか、ユーザーの視聴行動データを収集することが可能です。

ユーザーの視聴行動データを分析することで、ユーザーのニーズを洗い出すことができるので、次回以降の動画制作に活かすことができます。

インタラクティブ動画のデメリット

制作コストが大きい

通常の動画と違い、クリックやタップなどの機能を実装したり、分岐するストーリーを制作する必要があり、制作コストは通常の動画よりも高い傾向にあります。

また、制作するには専門的な知識が必要なため、インタラクティブ動画を制作できる映像制作会社が限られてしまいます。

ストーリーが難しい

複数のストーリーが組み合わさるインタラクティブ動画は、ストーリーが複雑になりすぎてしまい、本当に伝えたいことや訴求内容がブレてしまう可能性があります。

できるだけ複雑になりすぎないようなストーリー設計を心がけましょう。

視聴のハードルが高い

インタラクティブ動画はユーザーが能動的に視聴する必要があるため、視聴ハードルは通常の動画よりも高くなります。

通常の動画であれば流し見ということもできますが、ユーザーの操作が多くなればなるほど、視聴に結びつけることが難しくなります。

プラットフォームが限られる

インタラクティブ動画はまだまだ配信プラットフォームが多くなく、選択肢が限られてしまいます。

また、YouTubeのような大手動画プラットフォームでは完全にインタラクティブ動画に対応しているとはいえず、配信方法などについては検討する必要があります。

YouTubeのインタラクティブ機能ではリンクカードやアクションゲッターのみとなります。

インタラクティブ動画の活用方法

採用でインタラクティブ動画を活用する

近年では採用動画を制作する企業が増えています。

企業の雰囲気や理念を求職者に伝えることで、企業のブランディングになるだけでなく、企業と求職者のミスマッチを減らすことができます。

インタラクティブ動画であれば、部署やチームごとのストーリーを求職者にえらんで視聴してもらうことが可能です。

動画内に応募ページへの導線を組み込むことで、動画視聴で興味を持った求職者にダイレクトにアプローチできます。

ECサイトでインタラクティブ動画を活用する

商品説明をインタラクティブにすることで、ユーザーが知りたいことを効率良く視聴することができます。

ファンションであれば、服装のカラー選択をインタラクティブすることで、ユーザーが好みのカラーで商品を確認することが可能です。

動画内に購入フォームやECページへのリンクを挿入することで、動画視聴から商品購入に誘導するのもインタラクティブ動画ならではです。

学習コンテンツでインタラクティブ動画を活用する

教育コンテンツや学習コンテンツでもインタラクティブ動画は活用されています。

クイズ形式で視聴者に解答を促したり、レベルに応じて難易度を選択できたりすることで、視聴者のニーズによりマッチした学習コンテンツとなります。

また、診断形式の動画を作ることも可能なので、学習の前段として、どのような学習をしていくのか診断するところからスタートすることもできます。

インタラクティブ動画の活用事例

マカロニ

インタラクティブ動画イメージ
出典:macaroni - インタラクティブ動画

食にフォーカスしたライフスタイルメディア「マカロニ」では、食材に応じてレシピのストーリーが分岐するインタラクティブ動画が公開されています。

最初の分岐で鶏むね肉か豚バラ肉かを選択すると、次に4種類のメニューが表示されます。

好きなメニューを選ぶと、そのメニューのレシピが表示されるというストーリーになっており、その時の食材と気分でレシピを選ぶことができる面白い動画となっています。

出典:macaroni公式HP

東京都消防庁

出典:いっしょに学ぼう!ふむふむ防災TV(ぼうさいティービー)火災編 - 東京都消防庁公式HP

楽しみながら防災について学べるデジタルコンテンツとしてインタラクティブ動画が制作されました。

動画内に出てくるクイズに答えながら、防災について勉強することができます。

小学3年生から4年生向けのコンテンツですが、インタラクティブ動画にすることで子供でも飽きずに楽しめます。

セブンプレミアム

出典:セブンプレミアム - インタラクティブ動画

セブンプレミアムの商品をハロウィンデコレーションしていく動画で、動画で使用されている商品をタップすることで、商品の説明が表示される仕組みとなっています。

商品サイトへの動線も確保しており、気になった商品はそのままWebサイトで確認することも可能です。

出典:セブンプレミアム公式HP

新生銀行

出典:新生銀行 - インタラクティブ動画

資産運用の新規顧客獲得を目的としたインタラクティブ動画です。

投資コンサルタントに直に相談しているかのような作りになっているのがこの動画の特徴で、視聴者の投資イメージに合わせてストーリーが展開されていくので、興味を維持したまま動画を視聴させることができます。

説明することが難しい商材やプロダクトであってもインタラクティブ動画であれば効率良く視聴者に伝えることができます。

出典:新生銀行公式HP

くまモン

出典:くまモン - インタラクティブ動画

熊本の人気キャラクターくまモンのイベント「くまモン誕生祭」のPRのために作られたインタラクティブ動画です。

視聴者の選択によってくまモンの行動が変わるため、くまモンが好きな人は何度も分岐ストーリーを視聴してしまうことでしょう。

出典:くまモン公式HP

パートナーエージェント

出典:パートナーエージェント - インタラクティブ動画

婚活サポートサービスの疑似体験がインタラクティブ動画となっています。

動画内で自身の性別を選択し、次に理想の結婚観を選ぶことで、コンシェルジュがどのように婚活をサポートしてくれるのかを説明していきます。

動画内で婚活サポートの疑似体験を受けることで、本サービスへのコンバージョンに繋げることが可能です。

出典:パートナーエージェント公式HP

Mfro

出典:株式会社エムフロ - インタラクティブ動画

新米エンジニアの一日をインタラクティブ動画で実現した採用動画です。

動画視聴完了後にエントリーページへの導線をシームレスに表示しています。

出典:株式会社エムフロ公式HP

インタラクティブ動画についてのまとめ

・インタラクティブ動画は、視聴者のクリックやタップなどの行動によって、ストーリーや情報が変わっていく動画のこと。

・インタラクティブ動画は、ストーリー構成が難しい反面、視聴者によって分岐するシナリオを魅せることができる。

・専用の制作プラットフォームを活用することで、ユーザーの行動を分析することも可能。

従来の映像コンテンツのように受動的に視聴するというような形ではなく、視聴者自身がストーリー選択をすることで、視聴者が映像へ意識を向けている時間が長くなり、マーケティング効果が高まることが期待できます。

動画制作コストが大きい点やストーリーの難しさがデメリットとして挙げられますが、広報やPRとしての効果はもちろんのこと、採用やEC、営業ツールなど幅広く活用することができます。

ぜひインタラクティブ動画を検討してみてはいかがでしょうか?


資料ダウンロード

e-book-image

"プロモーション動画の型"や"キャラクターPRの方法"などのお役立ち資料は「資料ダウンロードボタン」から入手してください。


おすすめの記事

関連記事