2021.03.22 YouTube運用 登録者を増やす

Youtubeの運用コンサル会社は何をしてくれるの?依頼するメリットもご紹介

Pocket

1、Youtubeの運用コンサル需要が激増中

最近はYoutubeで動画を配信する、Youtuberが増えてきましたね。音楽や料理などの趣味を配信する人や、ゲームの解説、ドキュメンタリー配信など、そのジャンルは多岐にわたります。

同様に、企業の宣伝のためにYoutubeチャンネルを開設する人が増えたり、

Youtubeの動画広告を出す企業が増えたことも事実です。

このように、運用する人が増えたからといって、簡単に結果が出るというわけではありません。どのようにYoutubeチャンネルを運用していいかわからない、と悩む人も増えてきたことから、その悩みを解決するべく運用会社が増えてきました。

こうして運用会社が増えているものの、そもそも運用会社を利用するメリットは何でしょうか?

この記事では、外部にお任せするかどうかでお悩み中の方に向けて、運用会社を利用するメリットとデメリットをまとめていきます。

2、運用会社を利用するメリットとデメリット

この項目では、Youtube制作を自社で内製する方法と、運用会社へ外注する方法のメリット・デメリットをまとめていきます!

簡単に、メリットとデメリットは以下の通りです。

●運用会社へ外注するメリット

  • 専門的な知識があるため、いクオリティを望むことができる
  • 動画制作の時短になる
  • 編集の技術がなくても確実に制作することができる
  • より競合と差別化した運用をすることができる
  • プロに任せることで、本業に専念することができる

●運用会社へ外注するデメリット

  • 1件あたりのコストが高い
  • 内製する場合に比べてコミュニケーションがとりにくい

新入社員の研修計画や、企業紹介動画など、企業映像例に関して、業者に外注を依頼する法人様も多いそうです。もちろん、動画編制作にかかるコストはかかってしまうものの、クオリティを担保したいときや、また通常の業務と並行して動画制作を行うことができない、といったときには外注をしたほうがよいかもしれません。

3、内製化するメリットとデメリット

●内製化するメリット

  • 動画制作するスキルが身につく
  • いつでも編集することができる
  • 長期的に見て人件費が抑えられる

●内製化するデメリット

  • 完成までに時間がかかる
  • 高いクオリティを望むのが難しい

内製化するメリットとデメリットについて、やはり時間がかかってしまったり、動画制作のプロではありませんからクオリティを保障することは難しくなったりします。

一方で、外注先のスケジュールを気にしなくてもいいというメリットがあるため、今流行りのことを動画にしたいという方は、スケジュールにもよりますが外注よりも内製化することで早く仕上げることが可能になります。

また、動画制作1本あたりに時間がかかってしまうことは明らかですが、何本も制作を行い作業に慣れてくれば、動画制作のスキルを身に着けることができます。よって、長期的に見て外注するよりも安く済ませられることができるのです。

4、運用会社によって業務領域が異なる

では、運用会社を利用するメリットとデメリットを踏まえたうえで、お任せしたいと考えたとき、どんな会社を選べばよいかご存じでしょうか?

Youtube運用会社とひとことで言っても、運用会社によって得意なジャンルは異なっており、業務内容も異なっています。

この項目では、運用会社によって異なるジャンルについて、主に3つについて解説していきます!

4-1:ディレクションが得意な運用会社

Youtubeの視聴前、視聴後に出てくる関連動画などに表示される広告を運用してくれる会社です。Youtuberが行っているようなコンテンツの作成ではなく、広告として利用したいと考えている方におすすめの運用会社です。

こちらはYoutubeのチャンネルを成長させたいというのではありませんので、チャンネル登録者数や視聴回数を伸ばしたいと考える方にはおすすめできません。コンテンツの質を高めたいと考える方には、ディレクションを得意とする運用会社は適していないといえるのではないでしょうか。

また、このような広告として利用する際には、広告代理店に頼むという手段もあります。広告代理店の中にはYoutube広告の運用に関してサポートしてくれる会社もあり、さらに動画広告までサポートしてくれる場合もあります。

4-2:動画制作が得意な運用会社

Youtubeのチャンネルを成長させたいと考える人におすすめの運用会社です。

このジャンルで得意な運用会社には、動画制作会社がサポートしてくれるという会社が多く、「動画コンテンツ」の作成に特化していることが多いです。

・チャンネル登録者数を増やしたい

・視聴回数を伸ばしたい

・コンテンツのクオリティを改善したい

など、既に動画を投稿している方に向いているといえると思います。

しかし、いくら質の高い動画を制作しても、投稿した動画の分析と改善を繰り返さなければ視聴率などの結果はよくなりません。

あくまでも「動画コンテンツ」の制作に長けた会社ですので、その後の分析をしてもらえるかについては、運用会社にお問い合わせすることをおすすめします。

4-3:分析が得意な制作会社

3つ目に、分析が得意な制作会社があります。

先述した通り、いくら動画コンテンツの質を高めても、分析をサボっていては視聴回数・チャンネル登録者数は増えていきません。

このジャンルが得意なYoutube運用会社は、動画コンテンツを制作するだけでなく、その後の結果分析まで行ってくれる会社です。

分析が得意なYoutube運用会社は、「総合Youtube運用会社」と呼ばれることが多く、

・「Youtubeについて全く分からないからお任せしたい」

・「そもそもYoutube運用にかける時間があまりない」

と考える方におすすめの会社です。

基本的に、企画~動画制作~分析までを行ってくれる会社ですが、話し合いを重ねていくことでより納得のいくチャンネルを作っていくと考えるといいかもしれません。

5、Youtubeアカウントで何をしたいのか、の把握が大事

まとめると、運用会社を利用するメリットとデメリットは以下の通りです。

●運用会社へ外注するメリット

  • 専門的な知識があり、高いクオリティを望むことができる
  • 動画制作の時短になる
  • 編集の技術がなくても確実に制作することができる
  • より競合と差別化した運用をすることができる
  • プロに任せることで、本業に専念することができる

●運用会社へ外注するデメリット

  • 1件あたりのコストが高い
  • 内製する場合に比べてコミュニケーションがとりにくい

Youtube運用を依頼する際には、①現在どんな悩みを抱えているのか ②悩みを解決できる運用会社はどこか の2点をしっかりと考えることがポイントになります。

Youtubeチャンネルの運用は、企画から動画制作、分析などと作業が多く、苦労している方や、始めたばかりで運用に自信がない方も多いことでしょう。

メリットとデメリットを踏まえたうえで、運用会社にお任せする場合には、自社の悩みをしっかりお伝えできるようにすることが望ましいでしょう。

この機会に、企業に代わって運用を行ってくれる、「Youtube運用会社」を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。