2021.05.13 YouTubeチャンネル 動画制作 費用

Youtubeチャンネルの動画費用はどうやって決めるべき?費用対効果を上げる方法を解説

Pocket

近年は、Youtubeチャンネルの運用を始める方が急増しています。ところが、早速始めようとする方に多い悩みが、「費用」の部分。どのように費用を決め、効果を上げていくのかに頭を抱える方が多くなっているのが現状です。

この記事では、悩めるYoutubeチャンネル運用者の方のために、「動画費用の決め方」や制作費用を決める上で把握しておくべきポイントについて解説をしていきます!

動画制作費用ってどうやって決めるの?

動画制作には、求める質の高さによって人件費や編集にかかる工数が決まるため、こちらの希望を整理しておくことが大切です。

おおよそ、動画制作にかかる費用は下記のようなことが考えられます。

①制作にあたっての企画とディレクションはこちらで行なうか、外注するか。

②出演者は必要か。必要な場合、誰を起用するか

③照明エンジニアやビデオエンジニアが関わる制作会社かどうか

まとめると、動画制作を依頼する場合には、制作会社と話し合って作っていくイメージなのか、こちらが考えた企画を制作してもらうイメージなのかによって、大きく値段が変わってきます。

しかし、金額面ばかり考慮した結果、動画の質が低くなってしまわないように注意が必要でしょう。

制作費用を決める上で把握しておきたいこと

全体のマーケティング予算と人的リソースを考慮するべき

動画の制作費用を決めるときには、全体のマーケティング予算を考える必要があります。なぜなら、Youtubeのチャンネル運用は、マーケティング施策の一つであるからです。

また、マーケにかけられる予算と人的リソースは、もちろん限られた中で施策を打っていくと思います。全体の予算を把握していなければ、ただ失敗に終わってしまう可能性があるからです。

マーケティング予算には、リスティング広告やYoutubeの広告予算、広告運用手数料や、サイトデザイン費用も含まれます。また、動画制作を行う場合、カメラマンやキャスティングなど、PR企画の費用もかかります。

Youtube運用を行なう目的を明らかにしよう

Youtube運用をする場合、何のためにチャンネルを開設するのかを明らかにしましょう。文字や画像だけのコンテンツとは違い、臨場感や共感を生みやすいYoutube動画は、企業の認知や獲得を目的に利用されることが多いです。

伝えたいことができたときに動画制作をする。思い付きのチャンネル運用の方法では、動画内容にばらつきが出てしまいます。チャンネル全体の動画に一貫性が生まれるように、将来的にチャンネル全体をどのような物にしたいのか、イメージを具体的にし、運用していく必要があります。

まず、Youtubeの運用をする際には自社のチャンネルのコンセプト・目的を決めましょう。

大事なのはチャンネル内の総再生時間、視聴維持率を高めるか

動画制作をする場合、制作にかかる予算ばかり気にしてしまいがちですが、安価で依頼したものをアップしても意味がありません。結論から申し上げますと、Youtube動画の効果を高めるためには「質の高い動画の更新頻度を高くする」ことが重要となります。

継続的に作成しないと、一度興味を持ってくれた視聴者に忘れられ、関心が次第に薄れていってしまうのです。そうならないためにも、動画作成の頻度を高める運用体制が必要になります。

では、なぜ「動画更新の頻度を高くする」ことによってYoutubeの登録者数が増えるのかといいますと、動画更新の頻度を高くするメリットとして挙げられる、次のことが理由は以下となります。

配信内容に興味を持った人にとって、その関連動画がチャンネル内にたくさんあると「もっと見たい」という気持ちが沸き起こります。

逆に、日々たくさんの動画がアップロードされているYoutubeにおいて、更新頻度が低いと、その分動画を見てもらえる機会は少なくなってしまいます。

そして、更新頻度だけを考えてはいけません。「ユーザーはどんな情報を求めているのか」を考え、価値の高い情報を提供することが良いチャンネル運営への一歩となります。

そのためには、一定クオリティを担保できる動画制作本数を決めるべきでしょう。目安としては、月間3本で5分ほどの動画が最低ラインです。

重要なYoutubeチャンネル全体の総再生時間

Youtubeにおいて、重要となるのはチャンネル全体の総再生時間です。総再生時間とは、チャンネル内の動画の再生時間を加算した合計時間のことを示します。

Youtubeは、「動画が表示される→クリックされる→動画が長く観みられる」という流れを持っています。

おすすめに動画が表示されたとしてもクリックされなければもったい勿体ないですし、クリックされても、すぐに視聴をやめてしまえば総再生時間が短くなってしまいます。

例えば、「タイトルを見て興味がありそう」と思って動画を見始めたのに、全く関係のない動画だったとしたらすぐに観るのをやめてしまいますよね。

クリックした視聴者の再生時間を伸ばすためには、タイトルとサムネイルと動画の内容の3つのそれぞれについて、不自然でないかどうか確認することが大切です。

また、総再生時間を伸ばすことによって、Youtubeでの評価が高まり、おすすめ動画にも出やすくなります。この理由からも、総再生時間を改善することが重要となります。

視聴維持率も重要

チャンネル全体の総再生時間と同様に、視聴維持率もまた重要です。

継続的に作成しないと、一度興味を持ってくれた視聴者に忘れられ、関心が次第に薄れていってしまいます。そうならないためにも、動画作成の頻度を高める運用体制が必要です。

動画更新の頻度を高くすることで、ユーザーにできるだけ長く視聴してもらうようになりり、その結果、視聴維持率が伸びていきますので、まずは多くの動画を更新する意識が必要です。

アニメーションという選択肢もありなのでは。

今後も、画像やテキストよりわかりやすい動画コンテンツのニーズはますます高まっていくと考えられます。

コンテンツの質を高めたいと考える方には、アニメーション制作を依頼することもおすすめです。

イラストレーターや漫画家が多く在籍しており、クリエイティブ力を強みとしている企業です。サービスの一つである、「voiPic」は、漫画動画・アニメーション動画の作成を提供しています。漫画制作、声優によるアテレコも一貫して行なってくれるため、質の高いコンテンツを依頼することが可能です。

さらに、Youtube広告配信やYoutube漫画動画チャンネルの開設支援から、漫画動画のイラスト制作、漫画家/イラストレーターのメイキングなど、幅広く提供をしてくれます。

この機会に、漫画動画制作を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。