2021.04.21 YouTube運用 会社

Youtube運用代行会社ってどこが有名?おすすめ5社をピックアップ

Pocket

Youtube広告の運用代行を依頼する際には、2つのポイントを意識することが大切です。一つ目は、現在どんな悩みを抱えているのか、要するに、Youtubeの広告運用代行をお任せする目的を明確にすること。二つ目に、その悩みを解決できる運用代行会社かどうか、考えること。

この二つを意識して運用代行会社を選べば、効果的な広告配信ができるでしょう。この記事では、Youtube広告の運用代行を依頼しようと考えている方に向けて、Youtube広告の運用代行会社の特徴と、おすすめの5社を紹介します。

Youtube運用を外注する会社が増えている。

近年では、Youtube広告の運用を代行会社に依頼する会社が急増しています。

運用を代行する場合には、見積もりを行う前に、「何を外注するのか」を明確にすることが大切です。動画制作を得意とする代行会社に依頼したとき、その動画制作会社ができないことを依頼すると、発注先の業者が他の業者に依頼しなくてはなりません。

すると、自然と見積もりも高額となってしまい、限度額を超えてしまう事態となってしまいます。そうならないためにも、Youtube広告運用について、詳しくみていきましょう。

目的と何を外注するかを明確にしよう

まずお伝えしたいのがyoutube運用代行会社によって得意分野が異なります。そのため、記事の冒頭でも述べた通り、Youtube広告の運用をするにあたり、何を代行会社に依頼したいのか、そして、依頼する目的は何なのか、を明確にする必要があります。

例えば、予算をできるだけ抑えながら広告配信をしたいと考えている場合、行程の中で、どこを削るか明確にしなくてはなりません。何もわからずにすべてを外注してしまえば、想定以上の見積もりとなってしまうことが考えられます。

では、Youtube広告の運用代行では、どんなことが外注できるのか、次の項目で詳しくみていきましょう。

Youtube広告の運用代行会社に外注できる内容

Youtube広告の運用代行を依頼する場合、多くの代行会社は3種類に分類することができます。それは、動画制作を得意とする代行会社、ディレクションを得意とする代行会社、分析を得意とする代行会社の3種類です。

代行会社によっては引き受けてくれない内容もありますので、依頼する場合には、その会社が何に特化しているのかを調べておきましょう。

外注できる内容は、主に動画制作と広告運用です。

動画制作

Youtube広告を配信するため、動画を制作する場合、その動画制作にかかる金額の内訳について解説をしていきます。

動画制作において、一般的に、下記のような流れで動画コンテンツが制作されます。

①企画と構成 ②撮影 ③動画の編集 ④音響とナレーションの追加

①~④のすべての行程を行なうと、約15万円~約40万円ほどかかるようです。その内訳として、①の企画と構成段階で5万円~15万円ほど。②の撮影に3万円~10万円ほどかかり、さらに、編集と音響それぞれに3万円~8万円ほどがかかる計算です。

参考:https://imitsu.jp/cost/movie/article/youtube

広告運用(広告出稿する場合)

Youtube広告運用とは、具体的には入稿作業や効果計測などを行なってくれることが多いです。

ちなみに、Youtube広告を出稿する場合は、その予算も予め決めておくことをおすすめします。

そもそもYoutube広告にはいくつか種類があり、料金形態が一律で決まっているわけではありません。それぞれ広告出稿による料金について、見ていきましょう。

Youtube広告には、大きく分けて5種類あります。

①ストリーム広告

②ディスカバリー広告

③バンパー広告

④マストヘッド広告

⑤アウトストリーム広告

このように、Youtube広告にはさまざまな料金形態があります。目的と予算に合った広告出稿方法を想定したうえでの依頼が重要です。

初めてYoutube広告を出す方の中には、月額10万円~20万円ほどで設定する方が多いようです。しっかりと予算を組んで広告出稿をする場合には、月額30万円~必要となるでしょう。

Youtube戦略コンサル(予算があったら)

予算があれば、企画~動画制作~改善まで一気通貫で行なってくれるコンサルタントに依頼するのもいいでしょう。Youtubeの知識が全くなくて困っている方や、これ以上人的リソースをかけられない方におすすめの運用代行会社です。

しかし、一気通貫で行なってくれるといこともあり、動画制作のみや、広告運用のみを依頼する場合よりも費用が多くかかってしまいます。できるだけ予算を抑えながら、実績のある会社に依頼したい!という方のために、おすすめ5社を紹介します。

おすすめ5社をピックアップ

おすすめの運用代行会社を5社、ご紹介をします!ぜひ代行をお願いする際の会社選びの参考にしてください。

①株式会社pamxy

こちらの企業は、プロデュースしたナイツ塙氏のYoutubeチャンネルが有名になったことで広く知られています。企画から動画編集、改善まで一貫して業務を行なってくれる企業です。

株式会社pamxy

②Global Link Japan

Global Link Japanは、Youtube広告だけでなく、Instagram広告の運営代行やオンライン会議の代行など、幅広い業務を行なっている会社です。必要な運用作業を自由に組み合わせて依頼が可能なことが一番の特徴です。

また、多くの大手企業から受注している実績もあり、信頼できる企業の一つでしょう。

③株式会社リスティングプラス

リスティングプラスは、1000社以上の中小企業のWeb集客を行ってきた、ディレクションを得意とする運用代行会社運用会社です。

また、広告運用のノウハウを活生かし、広告を配信するユーザーを的確に定めることができるため、より大きな成果を出せることを強みとしています。

「Youtube広告を売り上げにつなげたい」という方や、「効果検証、改善ができない」などと考える方におすすめの運用代行会社運用会社です。

株式会社リスティングプラス

④Crevo

Crevoは、さまざま様々なテイストの表現動画ができる、動画制作を強みとしている会社です。

アニメーション動画や実写動画の作成を行ってくれるうえ、要望に合わせた幅広い料金設定で依頼することが可能です。

「シンプルにとにかく安く抑えたい」

「ブランディングを目的にクオリティにこだわりたい」

「インパクトの残る面白い動画を作りたい」

などオリジナリティのある動画制作をしたい方は検討してみてはいかがでしょうか。

動画制作・映像制作のCrevo株式会社(クレボ) | 東京都目黒区

⑤WIQOMEDIAN

WIQOMEDIANは、熱狂的ファンを創造するYoutube動画の制作に強みを持っている会社です。ファン開拓のノウハウを熟知しており、2013年に創業して以降、ファンの「好き」を作る動画を制作しています。

WIQOMEDIAN Inc. | YouTube企業チャンネルプロデュース

アニメーションという選択肢もありなのでは。

今後も、画像やテキストよりわかりやすい動画コンテンツのニーズはますます高まっていくと考えられます。商品やサービスの魅力をよりわかりやすく伝えるため、質の高いコンテンツが必要となってくるでしょう。

コンテンツの質を高めたいと考える方には、アニメーション制作を依頼することもおすすめです。

イラストレーターや漫画家が多く在籍し、クリエイティブ力を強みとしている企業です。同企業のサービスである「voiPic」は、漫画動画・アニメーション動画の作成を提供しています。漫画制作、声優によるアテレコも一貫して行なってくれるため、質の高いコンテンツを依頼することが可能です。

この機会に、漫画動画制作を検討してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。