2020.12.04 YouTube運用

youtubeチャンネル運用のメリット・デメリットは?運用代行するポイントも解説。

Pocket

youtubeチャンネルを活用して採用活動に生かしたい、自社のブランディングのために活用したい、リードを増やすために活用したいなど、youtubeチャンネルを活用する企業が増えるつつあります。

しかしyoutubeチャンネルは、制作工数があまりにも多く、youtubeチャンネルを作っただけで放置状態になってしまうなど、作っただけで失敗するケースも非常に多いのです。

今回は、youtubeチャンネルのアカウント運用に関して、多い挫折パターンは何か、またyoutube運用のメリット・デメリット、始める前に抑えておきたいことなどをまとめてみましたので、youtubeチャンネル運用を行う前にぜひ確認してみてください。

1,youtubeチャンネルを開設する企業が急増

それでは、youtubeチャンネルならではのメリットや、なぜyoutubeチャンネルを開設する企業が急増しているのかについて解説していきましょう。

まずyoutube自体のメリットについてです。youtubeのメリットを挙げるとすれば下記の4点でしょう。

1,全世界で20億人ユーザー、日本国内でも6200万人ユーザーと圧倒的人気を誇るSNS

2,10代~50代にかけて年代問わず幅広い人気を誇る。

3,動画による訴求なので、1つのコンテンツによって伝えられる情報量が文字・静止画と比べて圧倒的に多い。

4,アップロード自体は無料で行うことができ、スマホ動画でもアップが可能。

特に大事なのが、3,4,に記載した1コンテンツによって伝えられる情報量の多さと無料でアップできる点に関して。

youtubeが流行る前、動画による訴求は基本TVCMのみでした。またスマホもここまで普及していなかったため、そもそも動画制作ができるのが資金力がある大手企業だったのです。しかし、youtubeとスマホの出現により、動画のアップ自体は無料になり、制作するためにいちいち大きなカメラを用意する必要もなくなりました。

まとめると、youtubeのすごい功績は、資金力があまりない中小企業でも、動画さえあれば無料で動画配信ができるようになった点にあるでしょう。テクノロジーの進化により、動画による広告訴求がかなり一般化されてきたと思われます。

また、資金力や人的リソースが少ない個人事業主でも、動画制作やyoutubeチャンネルをうまく活用して収益を挙げる例が増えてきています。

こういった状況も影響し、法人企業様で「うちもそろそろyoutubeを始めないと!」と考える企業が急増。さまざまな法人企業様が、社内に担当者を設けて、youtubeチャンネルを開設し始めたのです。

2,youtubeアカウント運用で挫折する企業も

前述したように、youtubeアカウント運用を始める企業が急増したのですが、「youtubeチャンネルがうまくいっている!」という法人企業様はなかなかいないのではないしょうか。もちろんうまくいっている法人企業様も多いですが、その割合は非常に少ないでしょう。

では、なぜ挫折する企業が多いのでしょうか。数々のyoutubeチャンネルを運用してきた弊社ならではの見解として下記の3点が挙げられます。

1,youtubeチャンネルならではのメリット・デメリットを理解していない。
2,目的が不明確なままyoutubeチャンネルを開設している。
3,工数・金額の見積もりが甘い。

全て非常に重要なポイントなので、詳しくは各章で解説していきましょう。

3,youtube運用メリット、デメリット

それでは、youtubeチャンネル運用のメリット・デメリットを挙げていきたいと思います。整理するとメリット・デメリットは下記です。

メリット:
1,1度作ると社内資産になる。
2,他の広告媒体への転用が可能。

デメリット:
1,結果が出てくるまでに時間がかかる。
2,記事・静止画に比べて、1コンテンツにかかる工数・見積もりが高い。

メリット1,1度作ると社内資産になる。

まずは「1度作ると社内資産になる。」点に関して。youtubeチャンネルとして制作した動画は1コンテンツで大量の情報を伝えることができるため、何年も活用できる場合が多いです。また1度ファンが形成できるとある程度の月間PVが見込めますので、安定した広告収益が見込める場合もあります。

※もちろんリニューアルをかける場合もありますが、、

わかりやすい例として、富士急ハイランドの公式チャンネル。コロナ禍で富士急ハイランドに行けない人たちを対象に、【おうちで富士急】と題して、高飛車・ええじゃないかなど人気アトラクションにあたかも体験しているような動画をアップしてくれています。

ちなみに動画のPV数は118万PV。約100万人に対して高飛車がどんな乗り物なのか、おそらくどの手法(記事・静止画など)よりもわかりやすく伝えてくれています。ここまで鮮明にわかると高飛車に乗っているイメージもわかりますし、富士急ハイランドに行って試して見たくなる気持ちもわかります。

他にも、食品会社でしたら商品を活用したレシピ動画をあげたり、不動産投資や金融商品などリードタイムが長い会社はセミナーのようなチャンネルを構築したりと、1度作れば相当強固な集客ツールになるのです。

メリット2,他の広告媒体への転用が可能。

またyoutubeで作った動画は、youtube広告はもちろんのこと、社内の研修動画に活用したり、採用の会社紹介動画に使ったりと、さまざまな転用が可能です。

こちらは記事や静止画でも同じことが言えるのですが、やはり1度で大量の情報を伝えることができる動画素材が複数社内にあると、ユーザーに届けられる情報の質が格段に良くなります。

デメリット1,結果が出てくるまでに時間がかかる。

反対にデメリットも確認していきましょう。まずデメリットで挙げておきたいのは、「結果が出てくるまでに時間がかかる。」ということ。

これは記事コンテンツなどにも言えることですが、制作した動画は、頑張って作ったからと言って必ずユーザーが見てくれるとは限りません。作って終わりではなく、その後に平均視聴完了時間や完全視聴完了数などを考慮し、次回の動画のクオリティを上げていく取り組みが必要です。また他のSNSを活用したり、チャンネルのファンを増やすための取り組みなど、チャンネルに呼び込むための施策も動画制作と並行して考える必要があります。

このように、youtubeチャンネル運用は細かい改善を繰り返し、動画制作を継続して初めて結果が出るもの。数ヶ月ですぐ結果が出る施策では決してございませんので、まずはその認識を整える必要があります。

デメリット2,記事・静止画に比べて、1コンテンツにかかる工数・見積もりが高い。

次に挙げておきたいのが、工数と見積もりに関して。動画制作は見る側としては非常に簡単ですが、制作となると非常に工数がかかります。ではなぜ工数・見積もりが高くなりがちなのか。一言で言うと、制作にかかる工程が多いためです。

例えば記事の場合、納品までの流れを簡単にお伝えすると、まず構成案をすり合わせた後、記事を制作し、誤字脱字のチェックをすれば基本納品完了です。

しかし動画の場合はそうとはいきません。記事と比べて倍以上の工程があります。具体的に並べると下記のようなイメージです。

1,企画内容を決める。
2,出演者やイラストレーター動画制作会社などアサインメンバーを決める。
3,構成案を制作&FIX  
4,絵コンテの制作&FIX
5,動画制作開始
6,音声の吹き込み
7,一次納品
8,制作内容修正
9,二次納品
10,動画アップ準備(広告を打つ場合は広告入稿準備)
11,動画アップ完了

並べて見ただけですごい工数がかかるのがわかりますよね。。

個人的にやっているyoutuberさんでしたらもっと効率的にやれると思いますが、法人の場合は他の仕事と並行して行わないといけません。

もちろん、他の仕事を蔑ろにするわけにはいかないので、結局動画制作が日常業務の負担となってしまい、そのままチャンネルが運用されないまま放置されるケースが多いのです。

4,youtube運用代行も検討してみよう

以上、youtubeチャンネルのメリット・デメリットに関してでした。改めてまとめてみるとメリット・デメリットは下記の内容です。

メリット:
1,1度作ると社内資産になる。
2,他の広告媒体への転用が可能。

デメリット:
1,結果が出てくるまでに時間がかかる。
2,記事・静止画に比べて、1コンテンツにかかる工数・見積もりが高い。

特に把握しておきたいのがデメリットの部分ですよね。しかし、今まで動画を作ったことがない方がいきなりyoutubeチャンネルの目的・戦略を考え、コンテンツにかかる制作工数・金額感・目標KPIの設定などを考えるのは相当難しいでしょう。

youtubeチャンネルを運用する上で一番大切なのは、いかに継続して改善し続ける体制を作り上げるか、です。しかし大体の法人企業様は、そこにかかる工数や見積もりを把握しておらず放置してしまう。

そこでぜひご検討いただきたいのが、youtubeチャンネルの運用代行です。今までの動画制作実績やyoutubeチャンネル運用の知識を生かして運用してくれる会社もあります。

せっかく作ったチャンネルが無駄にならないためにも、ぜひ検討してみてください。

お問い合わせ・資料請求

アニメーション制作、YouTubeチャンネル運用、プロジェクト企画・立案など、お気軽にご連絡ください。