BLOG

BLOG

YouTubeの再生数を増やすには?おさえておくべき3つの指標を解説

2022.01.13

Youtubeに動画を投稿し始めた後は、それで終わりというわけではありません。Youtubeアナリティクスなどの分析ツールを見て目的に沿って適切に改善を繰り返していく必要があります。ですが、専門的な指標が多く慣れていないと困惑してしまうかもしれません。

「動画をたくさんの人に見せたいのに、なかなか再生回数が伸びない」
「何を改善すれば再生回数が伸びるのか分からない」

と思っているかもしれません。せっかくYoutubeに動画を投稿したのに次の段階へ進めないのは勿体無いことです。

そこで今回は、Youtubeチャンネルで「再生回数を伸ばすための方法」をテーマに、多くの指標の中から見るべきな3つの指標についてを解説していきます。これで簡単にYoutube動画の何を改善すれば良いかが分かるようになってくるはずです。ぜひ、最後までご覧ください。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


再生回数を伸ばすにはロジックがある

Youtube動画の再生回数を伸ばすためには、重要となる指標を確認し改善するためのロジックが存在します。そして、ロジックを考える上で大切になってくるのが「Youtubeチャンネルを登録する人というのはどんな人なのか?」ということです。つまり、視聴者がどう思ったら登録するのかを軸とした行動・心理を知っておくということです。

実際に、あなたがYoutube動画を閲覧する時を想像してみてください。もし動画を見て「面白い!」と感じた時に、「もっとこのチャンネルの動画を見たい」と思ったことはないでしょうか?その後、関連動画などから同じチャンネルもしくは、似たようなチャンネルの動画を見ていくはずです。

反対に「見ていて退屈だな」と思えば、すぐに見るのをやめるはずです。そして、違うチャンネルの動画を見るのではないでしょうか。

ここでよく考えてほしいことがります。あなたは、前日に初めて見たYoutube動画が「誰の、どんなチャンネルだったか」を覚えていますか?内容はなんとなく覚えていても、チャンネル名や動画タイトルは意識していなければ思い出すのは困難なはずです。だからこそ、視聴者が気に入った動画は「自分にとって価値がある」と感じて、次もすぐにアクセスできるようにとYoutubeチャンネル登録をするのです。

そして、視聴者が登録しているYoutubeチャンネルには、それぞれ役割が存在します。例えば、仕事をする上で参考になるチャンネル、趣味のレベルを上げるために役立つチャンネル、暇つぶしにちょうど良いチャンネルなどです。

このようにYoutubeチャンネルを運用する時には、「視聴者にとってどんな役割があるチャンネルなら次も見たいと感じてくれるのか?」を常に考えなくてはなりません。Youtube動画の再生回数を増やしていくには、一度見たら二度と見ない視聴者へ無理やり視聴させることを考えては上手くいきません。継続的に見てくれる視聴者がどれだけいるかを目指すことが根本的な成功のロジックです。

そのためにも、まずは一度目の視聴で価値を感じてもらえる動画を作成するのです。価値を感じてもらうというと曖昧ですので、具体的に今から解説する指標が一定水準になっているかで判断していきましょう。

Youtube動画で価値ある動画か判断する3つの指標とは

前述でお伝えした通り、Youtube動画で再生回数を増やす根本的な方法は「視聴者に価値のある動画を提供する」ことです。それを繰り返して継続的に自分のチャンネルにある動画を視聴してくれる人が増えることで再生回数が増えていくのです。そのための判断に必要な指標は以下の3つです。

  1. 総再生時間(チャンネル内での再生時間が加算された合計時間)
  2. 視聴維持率(動画の中身の改善)
  3. クリック率(タイトルの改善)

それぞれを順に詳しく解説していきます。

総再生時間(チャンネル内の動画再生時間の合計時間)

まずは総再生時間という自分のYoutubeチャンネル内すべての動画再生時間の合計を表した数値です。Youtube動画を視聴する流れは、以下の通りです。

  1. 動画が表示される
  2. 動画がクリックされる
  3. 動画が再生される

おすすめに動画が表示されたとしても動画がクリックされなければ意味がありません。動画がクリックされても、すぐに視聴をやめてしまっても総再生時間が増えません。これは、Youtube側にしてみれば視聴者の期待に沿えない質の悪い動画だと判断されることに繋がる重要なポイントです。

例えば、視聴者がタイトル&サムネイルを見て興味を持ったものの、動画を見始めたら分かりにくく退屈そうだと思えば他の動画を探し始めます。このように、動画をクリックした視聴者の再生時間を伸ばすためには、「タイトル&サムネイル」と実際の内容が不自然ではないかを確認することが大切です。

総再生時間を伸ばすことによって、Youtubeでの評価が高まります。その結果、おすすめ動画や関連動画などにも表示されやすくなることで多くの視聴者へ接触する機会も生んでいくのです。

視聴者維持率(動画視聴者の何%が見続けているかの割合)

視聴者維持率は、Youtube動画の再生中に「その時点で視聴者全体の何%が維持されているか?」を表した数値です。また、この数値によって視聴者がいつ視聴を停止したかが分かります。そのため、視聴者の関心が持続していた部分や、視聴者が動画視聴を止めた部分を軸に動画を改修するヒントになります。

出典:youtubeヘルプ https://support.google.com/youtube/answer/9314415?hl=ja

視聴者維持率を高い水準で保ち続けることで、視聴者に価値ある動画だと明確に判断できます。では、視聴者維持率を高い水準で保つために動画改善のヒントをお伝えします。

冒頭から視聴者維持率が下がる場合の動画改善策

例えば、視聴者維持率が冒頭から下がってしまう場合、動画を見始めてから本題に入るまでに視聴するメリットを感じてもらえていないことが考えられます。この場合は、動画の冒頭で何を解説するのか、視聴することでどんな結果が得られるのかを伝える方法が有効です。ドラマなどの物語系であれば、前回のあらすじと次の展開を想像させるナレーションなどの「続きを見ないと我慢できない」と思ってもらうことを意識しましょう。

終盤で急激に視聴者維持率が下がる場合の動画改善策

動画の後半で異常に視聴維持率が下がってしまう場合、話の結末が分かりやすすぎたり、ダラダラと伸びていることが考えられます。この場合は、終盤までに解説した内容を端的にポイントにまとめたり、聞いておかないと損をするような重要なポイントを伝えて仕切り直したりすることが有効です。ドラマなどの物語系は、盛り上がりのピークで次の動画になるよう長さを調整するなどの「終わるポイントの見直し」が必要かもしれません。そうでなければ、シーンを切り替えて飽きさせない工夫が必要です。

このように、最後まで観てもらえる動画を制作するためには、「視聴者維持率」は欠かせない指標なのです。さらに、視聴者維持率を高めることによって、自然と総再生時間が伸びていきます。この状態が作れれば、あとは多くの視聴者を獲得するだけなので、広告で宣伝したりするのも検討してみましょう。

Youtube広告の手法や費用などの詳細は以下の記事で解説しています。

クリック率(動画の表示回数に対してクリックされた割合)

3つ目のポイントは、クリック率に関して着目をすることです。ほとんどの方が、Youtubeの検索欄で動画を検索したことがあるのではないでしょうか。この時、検索したキーワードに関連した動画をクリックするのではないでしょうか。

Youtube検索結果の動画一覧で、自分の視聴目的と関連性の低そうな動画が表示されていたら、その動画をクリックすることはないはずです。見てみたら良い動画だったことはあるかもしれませんが、それもクリックして見てもらえなければ意味はありません。

例えば、「ハンバーグの作り方」を調べている視聴者に「オムライス」の写真が入ったサムネイルを表示させたら優先的に見てもらえるでしょうか。また、サムネイルは問題なくてもタイトルが「ハンバーグのソース作り」となっていたらどうでしょうか。いずれ見るかもしれませんが、見る優先度は下がるはずです。このように、クリック率を上げることはサムネイル&タイトルによって興味を持てるかが関係しているのです。

視聴者がYoutube検索欄で動画を検索したときに、そのキーワードとの関連性があるタイトルを意識しましょう。さらに、そのタイトルが視聴者に伝わりやすいことの両方を満たすことが大切です。クリック率を改善していくために、サムネイル&タイトルが視聴者の求める内容と一致するよう検証しながら改善することが大切です。

また、「サジェスト機能」や「キーワードツール」を使って、どんな検索ワードが使われているかを知り、どんなタイトルが検索されやすいかを考えることも良いでしょう。「キーワードツール」を使うと、月額7,000円〜10,000円ほどで、キーワードがどのくらい検索されているのかを調べることができます。

もっとも難しいのは総再生時間を増やすこと

ここまでに解説した通り、Youtubeは、「動画が表示される、動画がクリックされる、動画が再生される」という流れを持っています。おすすめに動画が表示されたとしてもクリックされなければ意味がありません。クリックされても、すぐに視聴をやめてしまえば総再生時間は増えません。

このことから、クリック率と視聴者維持率を改善することで、総再生時間の改善へと繋がっていくことが分かります。だからこそ、総再生時間を改善することがもっとも重要になるのです。

制作会社とタッグを組むのもあり

特に把握するのが難しいポイントは、目的、目標、戦略、見積もりの部分ですよね。今まで動画を作ったことがない方がいきなりyoutubeチャンネルの目的・戦略を考え、コンテンツにかかる制作工数・金額感・目標KPIの設定などを考えるのは相当難しいでしょう。

youtubeチャンネルを運用する上で一番大切なのは、いかに継続して改善し続ける体制を作り上げるか、です。しかし大体の法人企業様は、そこにかかる工数や見積もりを把握しておらず放置してしまう。

そんな中、ぜひご検討いただきたいのが、Youtubeチャンネルの運用代行です。今までの動画制作実績やYoutubeチャンネル運用の知識を生かして運用してくれる会社もあります。せっかく作ったチャンネルが無駄にならないためにも、ぜひ検討してみてください。

NOKIDの制作実績はこちら
https://nokid.jp/works/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事

  • 2021.03.07

    Youtube運用代行会社でお願いするときに抑えておきたい3つのこと

  • 2022.01.14

    YouTubeチャンネル運用のメリット・デメリットは?運用代行するポイントも解説

  • 2022.01.13

    これさえ見れば大丈夫!Youtubeチャンネル運用のコツを一挙公開