2021.02.09 YouTube運用 収益化 登録者を増やす

YouTubeの再生数を増やすには?おさえておくべき3つの指標を解説

Pocket

1.youtubeの再生回数がなかなか伸びない。。

youtubeに動画を投稿し始めた人の中には、アナリティクスを見て分析しようと思っても、よくわからない単語ばかりで困惑してしまう方も多いと思います。

インターネットで検索した方法を試してみた方には、

「動画をたくさんの人に進めているのに、なかなか再生回数が伸びない」

「何度も動画を見ているのに、再生回数が増えない」

といった思いを持っているのではないでしょうか。

この記事では、そんな「用語がわからない」、「再生回数を伸ばすための方法がわからない」という悩みを抱えた方に向けて、再生回数を伸ばすためのロジック解説を行っていきます。

2.再生回数を伸ばすにはロジックがある

まず前提知識として、再生回数を伸ばすためには、重要となる指標を確認し改善するためのロジックが存在します。そして、ロジックを考える上で大切になってくるのが、「youtubeチャンネルを登録する人というのはどんな人なのか?」ということ。

実際にあなたがyoutubeを閲覧する時を想像していただきたいのですが、もし動画を見て「面白い!と」感じた時、「もっとこの人の動画を見たい」と感じた時はありませんか?そしてその後、数本の動画を見て、チャンネル登録する流れを踏む、ということもよくある話ですよね。反対に「面白い!」と全く思わなければ、すぐに過去の動画は忘れているでしょう。

よくよく考えてみてください。あなたは昨日みたyoutube動画を覚えていますでしょうか?好きな動画は覚えているかと思いますが、普段流し見しているケースがほとんどではないでしょうか。視聴者にとって「このアカウントの動画は自分にとって利益がある」と感じてもらうことが非常に大切な要素となってきます。

このようにyoutubeアカウントの運用者は、「視聴者にとって魅力的なアカウントか?」ということを常に考えなくてはなりません。より魅力的なアカウントにするための、ロジックを理解していきましょう。この記事では、より価値のある動画を作成するための、重要な指標について解説していきます。

3.youtube再生数を増やす3つの指標

先に述べた通り、チャンネル登録者数を増やすためには、「ターゲットに価値のある動画を提供する」ことが重要です。

 1,総再生時間(チャンネル内での再生時間が加算された合計時間)

 2,視聴維持率(動画の中身の改善)

 3,クリック率(タイトルの改善)

この項目では、「ターゲットに価値のある動画を提供するため」、どんなことに注意して運用するべきかということについて、詳しく解説していきます。

ここでお伝えしたいのは3点です。順に見ていきましょう!

①総再生時間(チャンネル内での再生時間が加算された合計時間)

再生時間を増やすためには、総再生時間を考える必要があります。

youtubeは、「動画が表示され、クリックされ、動画が長くみられる」という流れを持っています。

おすすめに動画が表示されたとしてもクリックされなければ勿体ないですし、クリックされても、すぐに視聴をやめてしまえば総再生時間が短くなってしまいます。

例えば、「タイトルを見て興味がありそう」と思って動画を見始めたのに、全く関係のない動画だったとしたらすぐに観るのをやめてしまいますよね。

このように、クリックした視聴者の再生時間を伸ばすためには、タイトル&サムネイルと動画の内容が不自然でないかどうか、確認することが大切です。

総再生時間を伸ばすことによって、youtubeでの評価が高まり、おすすめ動画にも出やすくなりますので、総再生時間を改善していきましょう。

②視聴維持率(動画の中身の改善)

視聴者維持率は、動画の再生中に動画がどれぐらい視聴されているかを測る目安になります。また、視聴者がいつ視聴を停止したかもわかります。視聴者の関心が持続していた部分や、視聴者が動画の視聴を止めた部分を知ることにより、動画の良い点と改善点についてのヒントを得られます。

出典:youtubeヘルプ https://support.google.com/youtube/answer/9314415?hl=ja

視聴維持率を測ることによって、視聴者が視聴を停止した部分を知り、その部分の改善を行っていくことが、視聴維持率を高める方法となります。

例えば、視聴維持率が最初で下がっている場合、動画の中でなかなか本題に入っていないことが考えられます。また、最後で視聴維持率が下がっている場合には、話が終盤になっているにもかかわらずダラダラと伸びていることが考えられます。

このように、最後まで観てもらえる動画を制作するためには、「視聴維持率」は欠かせない指標であることがわかります。さらに、視聴維持率を高めることによって、自然と総再生時間が伸びていきますので、こまめに改善するようにしましょう。

③クリック率(タイトルの改善)

3つ目のポイントは、クリック率に関して着目をすることです。

ほとんどの人が、youtubeの検索欄で動画を検索したことがあるのではないでしょうか。

その時に、関連性の低そうなタイトルの動画が表示されていたら、あなたはその動画をクリックすることはないですよね。たまたま興味がある動画だったことはあるかもしれませんが、ほとんどの人が検索したキーワードに関連した動画をクリックしようとするはずです。

例えば、「ハンバーグ 作り方」の動画を作った際、タイトルが誤って「ハンバーグのソース作り」という動画があったら、その動画のクリック率は当然低くなってしまいます。このように、youtubeのユーザーが動画を検索したときに、配信した動画がヒットするようなタイトルにすることが大切です。クリック率を改善していくために、探しやすい動画のタイトルに注意するといいでしょう。

また、「サジェスト機能」や「キーワードツール」を使って、どんな検索ワードが使われているかを知り、どんなタイトルが検索されやすいかを考えるのが良いでしょう。「キーワードツール」を使うと、月額7,000円から10,000円ほどで、キーワードがどのくらい検索されているのかをみることができます。

チャンネル自体の認知を高めるためにも、再生回数を増やすことを考えましょう。

4.一番大変なのは、総再生時間を上げること

先に解説した通り、youtubeは、「動画が表示され、クリックされ、動画が長くみられる」という流れを持っています。おすすめに動画が表示されたとしてもクリックされなければ勿体ないですし、クリックされても、すぐに視聴をやめてしまえば総再生時間が短くなってしまいます。

このことから、クリック率と視聴維持率を改善することで、総再生時間の改善へと繋がっていくことがわかります。よって、総再生時間を改善することが一番大変になるのです。

5.制作会社とタッグを組むのもあり

特に把握するのが難しいポイントは、目的、目標、戦略、見積もりの部分ですよね。今まで動画を作ったことがない方がいきなりyoutubeチャンネルの目的・戦略を考え、コンテンツにかかる制作工数・金額感・目標KPIの設定などを考えるのは相当難しいでしょう。

youtubeチャンネルを運用する上で一番大切なのは、いかに継続して改善し続ける体制を作り上げるか、です。しかし大体の法人企業様は、そこにかかる工数や見積もりを把握しておらず放置してしまう。

そんな中、ぜひご検討いただきたいのが、youtubeチャンネルの運用代行です。今までの動画制作実績やyoutubeチャンネル運用の知識を生かして運用してくれる会社もあります。せっかく作ったチャンネルが無駄にならないためにも、ぜひ検討してみてください。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。