BLOG

BLOG

YouTubeのインプレッションとは?効率的に改善する方法を伝授

2022.01.14

Youtubeが広く普及する前、動画による訴求は基本的にTVCMのみでした。また、スマートフォンも現在ほど普及していなかったため、動画制作に関してのハードルがありました。過去であれば資金力や体制に余裕がある大手企業だけが動画制作を行いTVCMとして配信することができたのです。しかし、YoutubeやSNS普及によって中小企業だけでなくベンチャー企業でも、動画さえあれば手軽に無料で動画配信ができるようになりました。このように、テクノロジーの進化によって動画による顧客との設定作りが一般化されてきたということです。

こういった状況も影響し、各企業が「そろそろYoutubeを始めないと!」と考えて動画投稿を計画するようになってきました。そして、社内に担当者を設けて、Youtubeチャンネルを開設し始めたのです。

ですが、いくらYoutubeが無料でも条件は皆同じです。適切な対策を知らなければ視聴者へ動画が届くことはありません。良かれと思ったことでも、視聴者やYoutubeにとっても良いとは限りません。

そこで今回は、Youtubeチャンネル運用の中でも最初のハードル「Youtube動画を視聴者へ表示させる」ために必要となる改善方法を解説していきます。これに必要となるのがインプレッション数です。ここからは、インプレッション数についてを効果的な改善方法と共に詳しく解説していきます。


YouTubeやTikTokで効果的なPRを行うための「動画広告の設計方法」から「アニメーション動画の活用方法」まで「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


Youtubeのインプレッションとは?

Youtube動画の再生回数を増やしたり、チャンネル登録者数を増やしたりするためには、Youtubeのロジックを理解することが大切になります。ロジック理解のため重要となる指標の一つに、「インプレッション」が存在します。インプレッションとは、次のようなことです。

インプレッションとは、動画のサムネイルが YouTube のユーザーに表示されるたびに 1 回カウントされる指標です。インプレッションがカウントされるのは、サムネイルの 50% 以上が 1 秒以上画面に表示された場合に限られます。

また、サムネイルが特定の場所に表示された場合にのみ、インプレッションがカウントされます。たとえば、サムネイルが YouTube の検索結果に表示されたときはカウントされますが、他の異なるウェブサイトに表示された場合はカウントされません。

Youtubeのインプレッション数は、Youtubeアナリティクスから確認することができます。詳しくは、Youtubeヘルプに記載してありますのでそちらもご覧ください。

インプレッション数を増やすために重要なこと

Youtubeでインプレッション数を増やすためには、「Youtube内で対象とする視聴者に動画が表示される」必要があります。そのためには、Youtubeから動画が視聴者にとって有益であると評価してもらうことを目指すことが大切です。Youtubeのインプレッション数を増やす具体的な方法は以下の3点が挙げられます。

  • 概要欄や説明文などの設定を整える
  • 動画タイトルにSEOを意識したキーワードを入れる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

概要欄や説明文などの設定を整える

YouTube動画が視聴者に表示されるためには、Youtubeにどういった動画なのかを判断してもらう必要があります。そのため、SEO対策を意識した上で視聴者がどういった課題を持っているかに沿ってタグや概要欄を設定しておきましょう。

注意する点として、上述にもある通りYoutube外で表示されてもインプレッションにはカウントされません。つまり、Youtube内の視聴者が求める内容を意識するということです。

動画タイトルにSEOを意識したキーワードを入れる

インプレッションを増やす上で、動画が検索された際に大きく影響するポイントが動画のタイトルです。つまり、通常のSEOと同じように視聴者がYoutube内で検索するキーワードを想定し、それらに沿ったタイトルにすることが重要です。

SEOとは検索エンジン最適化のことですが、Youtubeに限ってはYouTube内での検索に最適化することとなります。YouTubeでのSEO対策のことを「VSEO」とも呼ばれています。

あとで詳しく解説しますが、視聴者に有益な動画を作ることだけでなく、ここまでにお伝えしたような「Youtube内で表示されやすい状態」を作ることがまずは必要になります。どういった視聴者に向けた動画なのかを考えて、適切なタイトルを検証してみてください。

インプレッション数を増やす根本的な方法とは

その他の重要な指標とは

その他にも重要になる指標として総再生時間、視聴者維持率、クリック率などがあります。これらの数値を改善することで視聴者にとって有益な動画コンテンツであることをYoutubeが判断することで結果的にインプレッション数は増えていきます。

詳しくは以下の記事で解説していますので、合わせてご覧ください。

動画を継続的に制作できる仕組みが重要

Youtubeでの動画投稿の頻度を増やして動画本数が増えれば、次のようなメリットがあります。

  • 複数の動画を続けて見てもらえるため、総再生時間が伸びやすくなる
  • 多くのタイトルができるため、視聴者の目に留まりやすくなる
  • 他チャンネル動画と関連する可能性が上がるため、関連動画に表示されやすくなる

総再生時間は一本一本の再生時間の積み重ねですので、沢山動画を投稿すればするほどに、総再生時間も自然と伸びていきます。

無理のない範囲で更新頻度を決め、定期的に更新をしていくことをおすすめします。

定期的に更新をするためにも、動画内で次の投稿日をお知らせすることもいい方法です。
「次は~曜日に投稿します!」などと宣言することで、チャンネル登録をしていなくても、楽しみにしてくれている視聴者の方はその曜日に観ようという気持ちになり、登録に繋がることがあります。

制作会社とタッグを組むのもあり

自社でYoutubeを運用することは、やはり時間がかかってしまったり、動画制作に関してプロではありませんからクオリティを保障することは難しくなったりします。

しかしながら、特に把握するのが難しいポイントは、目的、目標、戦略、見積もりの部分ですよね。今まで動画を作ったことがない方がいきなりYoutubeチャンネルの目的・戦略を考え、コンテンツにかかる制作工数・金額感・目標KPIの設定などを考えるのは相当難しいでしょう。

Youtubeチャンネルを運用する上で一番大切なのは、いかに継続して改善し続ける体制を作り上げるか、です。しかし大体の法人企業様は、そこにかかる工数や見積もりを把握しておらず放置してしまう。
 
そこでぜひご検討いただきたいのが、Youtubeチャンネルの運用代行です。今までの動画制作実績やYoutubeチャンネル運用の知識を生かして運用してくれる会社もあります。せっかく作ったチャンネルが無駄にならないためにも、ぜひ検討してみてください。

NOKIDの「制作事例」もご覧ください。



資料ダウンロード

e-book-image

"プロモーション動画の型"や"キャラクターPRの方法"などのお役立ち資料は「資料ダウンロードボタン」から入手してください。


おすすめの記事

関連記事

  • 2022.01.14

    Youtubeチャンネル運用の手順を大公開。1万人登録アカウントを量産した運用者がコツを解説。

  • 2021.01.08

    youtubeの制作ってどのように行うの?運用する上でのポイントを解説。

  • 2022.01.24

    YouTubeチャンネル運用の重要指標「視聴者維持率」の対策方法を徹底解説