2021.05.31 YouTube

漫画広告を作ればyoutubeで売上を倍増するって本当?

Pocket

漫画広告は「これを買ったらどうなるの?」がわかりやすいから売れる

youtubeでの漫画広告が急速に増えているのはなぜでしょう。

面白くて最後まで見てしまうという単純な理由ももちろんありますが、本質は購買意欲をそそる工夫がたくさん盛り込まれているため購入に繋がりやすいというところにあります。

その影響から、漫画広告をはじめとした「動画広告」や「アニメーションMV」を採用している会社は、現在増加傾向にあります。

今回この記事ではアニメーションや漫画を利用した動画広告がyoutubeでどのように売上を伸ばしてくれるのかを説明し、動画広告を発注、実際に広告として運用できるまでの解説を行っています。

動画広告は商品購入後のビジョンを示せるから商品が売れる

動画広告を採用すればどのようなメリットがあるでしょう。

まず上がるのは、商品の良さが伝わりやすいこと。

漫画広告やミュージックMVを利用した広告は視聴者には紙媒体やテレビのCM以上に商品の良さを伝えることができます。

それは漫画広告、動画広告であれば商品やサービスがどのように視聴者の悩みを解決し、幸福にできるのかを口で説明するよりわかりやすく伝えることができるからにほかなりません。

商品を購入するとき購入者が真っ先に考えるのは「このサービスや商品の使用後、自分の人生や生活がどう変わるのか」ということ。

どのように自分の悩みが解決され、どのように自分は幸せになれるのかは購入者にとって一番重要な部分、それが端的に説明できる漫画広告をはじめとした動画広告は商品を売りやすいのです。

他にもこんなにメリットがあります

・youtubeに広告を出すことができます。

youtubeは広告力はテレビを上回ると言われているので、現在出せる広告としては最も協力なものになるでしょう。

・商品やサービスへの知識が深まります

商品を理解してから購入するのでトラブルに発展することが少ないです

・紹介してもらいやすくなる

サービスや商品を視聴者が友人などに紹介しやすくなります。日頃の話題に取り上げやすくより人づてでの販促効果が期待できます。

なぜ視聴者に使用感をイメージさせられるのか

漫画やアニメーションを利用した広告が使用感をイメージしてもらいやすいのにはいくつかの理由があります。

・登場人物に感情移入できる点

・音声や文章、絵で感情表現ができる点

・読者が持っている「悩み」を浮き彫りにできる点

・その悩みを具体的にどう解決するか表現できている点

視聴者にとってこの商品がどのように自分に役立つかを明確に示すことができるので、視聴者の共感を得ることができ、購入に移ってもらいやすくなります。

具体的に例を上げて考えてみましょう。

自分と同じ悩みを持っている人が主人公である漫画動画を作ったとします。

自分と同じ悩みを持っている人物の悩みが解決されている瞬間が描かれていると自分も同じプロセスで悩みを解決できるのではないかと思うことができます。

そして、悩みを解決する商品が実際に購入できるとなった場合、それを購入したいと視聴者は思うはずです。

実際に解決までの道筋を示されることで視聴者は、自分の悩みは解決できるのだと実感を得ることができます。この実感は解決したいという欲望に代わり購入を促すのです。

このように動画広告は確実に悩みを解消できるプロセスを示しながら、購入したいという「感情」を刺激することができるのでより多くの購入に結びつけることができます。

〈テレビCM以上の影響力を持つyoutube広告なら商品の売れ行きは伸びる〉

動画広告をyoutubeで運用すれば商品は購入されやすい

また、動画広告は今後効果が高まっていくジャンルです。

テレビCMより人の目につくようになりますし、youtubeの広告は動画の再生傾向からよりその商品を必要としている人の目の前に動画が流れるように設定されているので、CV率は高くなります。

より少ない広告回数でより多くの購入に結びつけることができるということは。単純にコストパフォーマンスが高いということになります。

少ない費用で効率に商品を販売できるので、中小企業にとってはより嬉しいサービスと言えるのではないでしょうか。

ただし、広告を開始するためにはまず動画を作成しなくてはいけません。

動画を自社で作ることができるのであれば問題はありませんが作れない場合は他者に依頼することになります。

現在youtubeの広告力が最も高い

ところで話は変わりますが、このようなデータをご存知ですか?

ーーGoogleがテレビCMとYouTube広告のリーチ力を検証テレビCMとYouTube広告のリーチ力検証のため、Googleは「期間」「エリア」「ターゲット」「出稿量」「予算」を同規模でそれぞれに出稿し、計4回の調査を実施しました。その結果、YouTube広告はリーチでテレビCMを上回り、YouTube単体で65~75%のリーチを獲得したことがわかりました。テレビ単体のリーチと比較すると、YouTube広告は1.1~1.4倍のリーチを獲得できています。エリアを問わず、18歳から49歳までの幅広い年齢層でYouTubeがテレビを上回っていたのです。

コラム【GoogleがテレビCMとYouTube広告のリーチ力を検証!幅広い年齢層でYouTubeがテレビを上回る】より抜粋

テレビよりもYouTubeのほうが広告効果が高まっているというデータです。

youtube広告がテレビCMよりも優れている点はまだあります。

例えば同記事では10代から40代の世代に向けた広告であればテレビの1,1倍から1,4倍の広告力があるというデータが示されている点。

今までは広告で一番パワーがあると思われていたのはテレビでした。しかし今は実績も変わりYouTube広告のほうが効果が高くなっています。

加えてyoutube広告はまだ参入企業数が少ないので、広告を流せば貴社の商品は目立ちます。

以上のことから、今広告を打つのであればyoutubeをはじめとした動画サイトに動画広告を乗せるのが一番良い、という結論になるでしょう。

〈動画広告をを作るのは大変なのでプロに任せよう〉

動画広告の効果は高いのですが作るまでがとにかく大変です。

そもそも動画広告はどうやって作ればいいかわからないという企業のほうが多いでしょう。

わからないものを調べながら作っていくのは時間とお金がかかります。

それならば最初から動画を作成できる会社に頼んでしまったほうがいいと言えます。

大変でも良いので自社で作ってみたい。そう思われる担当者の方も多いでしょう。

その場合動画広告はどのように作られるのか理解する必要があります。

広告完成までには多数のクリエイターを用いる必要があり、それらすべてを自社でまかなえるのはもともとクリエイターを所属させているゲーム会社やアニメーション会社くらいなものでしょう。

参考までに動画作成に必要なクリエイターの種類をまとめてみました、ご確認ください。

動画作成に必要な人材

・構成作家

・イラストレーター

・声優

またそれらのクリエイターを管理しするディレクターを自社で用意できない場合、ディレクターも必要となります。

これだけの人材を運用する場合、慣れていないとトラブルも起こり得るでしょう。

トラブルに対処するにはまた時間と労力、お金が必要です。

ここまでの内容を見て、着手するだけでも大変そう。

そう思うのであればやはり、動画作成会社に依頼した方がうまく行くと言えるでしょう。

漫画広告、動画広告、アニメーションMV作るならNOKID

もし広告動画を作成したいなら実績多数のNOKIDがおすすめ。

貴社の求める広告を素早く作成することができます。

その秘密はNOKID所属のクリエイターに秘密があります。

・NOKIDでは多数ジャンルのクリエイターを抱えている

 貴社の商品やサービスに雰囲気に合わせて効果的なクリエイターを選別できます。

・動画制作のノウハウが豊富

 実績多数、作業工程も厳密化されているので納期通りに高品質な作品を安価で届けることができます。

・貴社の狙いをクリエイターにしっかり伝える

 クリエイターとのやり取りはコツが必要で、イメージをうまく伝えるには経験が必要です。NOKIDはクリエイターとのやり取りになれているのでクリエイターとの意思疎通がうまく図れます。結果イメージと違うものができてしまうことを防げます。

以上のことから、貴社が望む動画をスピーディーに作成可能。

気になる方はお問い合わせだけでもどうぞ。

《youtubeで漫画広告を掲載するなら早いほうがおすすめ》

現状youtube広告はブルーオーシャンで参入者はほとんどいません。

そんな中で貴社が参入すれば同業者よりも優位に立つことができますし、何よりノウハウや実績を蓄積できます。

ただし、参戦するには動画が必要です。

その動画は自社で作成しようとするととてもハードルが上がりますが、それを専門としている会社に制作を依頼する場合は手間がかかりません。

その場合多数のクリエイターを抱えるNOKIDがおすすめ。

実績も豊富で必ず貴社の要望にあった動画をお届けします。

詳細の確認や見積もりなどのご依頼はこちらから行えます。

一度ぜひお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

NOKIDへの漫画動画制作、YouTube漫画チャンネル運用代行、クリエイター登録など、お気軽にご連絡ください。