2024.04.30

2024.05.15

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントとは?新たなPR手法となる理由を紹介

当社では、TikTokやYouTubeを中心に動画マーケティングに取り組み、自社だけでなく他社の支援までしてきました。その経験をする中で、「反応が出やすいものの、一貫性のない投稿ばかりになってしまうこと」によって失敗するケースを数多く見てきました。

もちろん、コンテンツを改善する努力も大切ですが、1番はコンセプトに沿った一貫性のあるアカウントを作り、ストーリーテリングを通じて視聴者の感情へ訴えることが近道です。

中でも、現在増加しているTikTokショートドラマを用いたアイデアに自社の話を関連付けることで、ストーリーを通じて好意的に自社のアピールが可能となる現在に適したPR方法があります。

そこで今回は、TikTokショートドラマアカウントについて、どのような効果があり、どのように作るのかを紹介します。これらを知ることによって、視聴者から感情的な共感を呼び、アカウント自体が好まれるようになり、一貫性のないバズることだけを意識した投稿ばかりになってしまうことをなくしていけるでしょう。

投稿作りのコツは「TikTokでフォロワーを増やす動画の作り方とは?良い投稿の特徴や事例を紹介」がおすすめです。


ストーリー設計テンプレート」では、マンガ動画・アニメーション制作にて使えるストーリー設計の方法を公開しています。視聴者を引き込む動画の構成にお困りの際はご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


<記事のポイント>
・TikTokショートドラマを活用した際の効果が分かる
・どのようなショートドラマが視聴者の注目を集めやすいのか分かる
・どのようなショートドラマを作れば視聴者の心をつかむことができるのか分かる
・実際に成功してるTikTokショートドラマの事例が分かる

目次

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントとは?

TikTokショートドラマの検索結果一覧
出典:TikTok

TikTokショートドラマアカウントとは、TikTokプラットフォーム上で、短いドラマ形式を使って物語を展開し、視聴者に情報を提供する新たな方法です。

この手法は、ドラマ本編などの映像作品に興味を持ってもらう手段としてだけでなく、企業がブランドの商品やサービスを宣伝する場合にも活用できます。

特に商品やサービスの直接的な宣伝ではなく、ストーリーでブランドの魅力やメッセージを自然に伝えることで、ブロックされない広告としての役割を果たせます。

オンラインPRの新たな戦略

オンラインでのPR活動において、特にSNSは消費者の注意を引くための競争が激しい場所です。従来の広告手法では、視聴者が簡単にコンテンツをスキップしたり、広告ブロックすることが一般的です。

しかし、TikTokショートドラマアカウントを使用することで、視聴者が「観たい」と感じるような魅力的なストーリーを提供することができます。これにより、自然な形でブランドへの興味や好意を引き出すことが可能になり、消費者とのより深い関係構築につながります。

これらのショートドラマは、数分間の短い動画ながらも、共感を呼び起こしやすいため、ブランドが記憶に長く留まる効果があります。さらに、視聴者がストーリーに自然に引き込まれることで、ブランドメッセージが効果的に伝わり、積極的な広告に頼らなくても製品やサービスへの興味を持ってもらうことができるのです。

この新たなオンラインPR戦略により、ブランドが興味を持たれやすい状況を作り、競合他社との差別化を図ることが可能です。

また、視聴者にとって親しみやすく理解しやすい形で情報を提供することで、ブランドの信頼性と認知度を同時に高めることができます。

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントで重要な2つの要素

TikTokショートドラマアカウントにおいて重要な2つのポイント

TikTokショートドラマを投稿するアカウントを活用していく上で重要なのは、アカウント全体で一貫性のあるコンセプトを持つことです。単に目を引くためだけの投稿を続けているだけでは、視聴者がアカウントに魅力を感じず、フォローする動機も薄れてしまいます。

特に、TikTokのようなプラットフォームでは、一つ一つのコンテンツよりも、アカウント全体としてのストーリー性やテーマ性がユーザーを引きつける要素となります。

つまり、トレンドばかりを意識したバラバラの投稿ではなく、各投稿がアカウント全体のコンセプトやストーリーに沿ったものであることが大切だということです。

ショートドラマアカウントは一貫したメッセージには向かない?

TikTokのコンテンツは流行り廃りが激しく「コンセプトを明確にすることは分かるけど、TikTokはトレンドがすぐ変わるから、一貫したコンセプトに固執しすぎると通用しないのでは?」と考えているかもしれません。

しかし、一貫したブランドコンセプトの下で複数のショートドラマを展開することにより、流行に左右されずにブランドの世界観やメッセージを効果的に伝えることはできます。

たしかにTikTokのトレンドは迅速に変化しますが、ブランドの一貫したコンセプトとトレンドを上手く融合させることで変化に対応することは可能です。

具体的には、コンセプトを根底に置きつつ、トレンドを取り入れた内容を投稿することで、時代に即した魅力的なコンテンツを提供するということです。

例えば、あるファッションブランドが「自由でありのままの自分を楽しむ」というコンセプトのTikTokアカウントを運用するとします。そのコンセプトに基づいて、トレンドファッションを提案するショートドラマを投稿することで、世界観とトレンドを両立できます。

売り込みを減らして長期的な関係を築く理由

しかしながら、多くのSNS担当者がこのストーリーテリングの重要性を見落とし、単に一つ一つの投稿を面白くすること(バズらせること)や、商品やサービスを売り込むことばかりに注力してしまっています。その結果、短期的には注目を集めるかもしれませんが、長期的なファンの獲得やブランドイメージの構築にはつながりにくいのです。

つまり、TikTokショートドラマを効果的に活用するためには、単発の投稿単位でバズるかを考える前に、アカウント全体としてのストーリーを意識し、一貫性のある魅力的なコンテンツを提供することが求められます。このようにして初めて、視聴者が視聴したくなるアカウントを作り上げることができるのです。

また、短い動画を通じてストーリーを紡ぎ、ユーザーが自然と次の動画を見たくなるような仕掛けを作ることで、短期的な売上よりも長期的なファン獲得に繋げていく意識も大切です。

関連記事:TikTokでフォロワーを増やすアカウント作りのコツとは?個人・企業別の参考例を紹介

なぜTikTok(YouTube)ショートドラマ形式のアカウントが効果的なのか?

TikTokは"ながら視聴"
出典:TikTokユーザー調査レポート - TikTok For Business

ショートドラマ形式が、TikTokを含むソーシャルメディアプラットフォームで効果的な理由は、TikTokの視聴者が何かを解決するために視聴する動画を探しているよりも、暇つぶしで視聴するケースが多いからです。

ストーリーテリングに最適な方法だから

ストーリーテリングは、視聴者の感情に訴え、共感や感動を誘うことで、メッセージをより深く心に響かせる手法です。TikTokのようなプラットフォームでストーリーテリングを用いることで、短時間で情報を伝えつつ、視聴者に強い印象を残すことができるのです。

これはテレビを視聴する際と似ています。そして、ドラマや映画が視聴される通り、人々が娯楽としてストーリーに引き込まれ感動したりするように、感情を刺激するにはストーリー性を活用することが最適なのです。

つまり、ストーリーは情報を伝えるだけでなく、視聴者の感情に訴えかけ、共感や感動を引き出すことができるため、YouTubeやTikTokのショート動画という限られた時間の中で同様のこもを実現することを可能にし、視聴者にすぐに反応を促すことができるため、SNSのスクロール文化に完璧に適合します。

視聴者の関心を引くコンテンツが前提だから

現代の消費者は、サブスクリプションサービスやSNSの普及で情報過多になっています。このような中で注目を集めるためには、他にはない魅力が必要です。

例えば、投稿者のパーソナリティ、内容の面白さ、独特の切り口(コンセプト)などに興味を抱かれたり、共感されることが挙げられます。

特に、視聴者が自分のニーズや関心に合致するコンテンツを選択する中で、興味を引くためには共感できるコンテンツは不可欠です。

ショートドラマアカウントは、そのストーリー性で視聴者が共感し、最後まで動画を見続けることを促すための有効な手段だと言えます。そのため、単に情報を提供するよりも、ストーリーによって娯楽としての魅力を出しながら、情報を織り交ぜることで好印象を持たれながらのPR活動を可能にするということです。

このようにショートドラマ形式は、情報をエンターテインメントの形で提供し、視聴者にとって見逃せないコンテンツを作り出すことで、その効果を最大化します。これにより、ブランドや製品に対する意識が高まり、視聴者の行動変容を引き出すことが可能となります。

ブロックやスキップを避けるアイデアが必要だから

オンラインのコンテンツ消費では、ユーザーが広告をブロックしたり、興味を引かないコンテンツをすぐにスキップする傾向にあります。これは、膨大なコンテンツの中で、自分の時間を最も価値あるものに使いたいというユーザーの自然な心理から生じます。

そのため、TikTokでのマーケティングにおいては、視聴者が最初の数秒で興味を持つような魅力的な導入部を作成することが極めて重要です。ここでのポイントは「視聴者が何を見たいか」という点に焦点を当て、望むものが見れる=ニーズに応えるコンテンツを提供することです。

例えば、会社誕生までのストーリーは、ブランドのファンや起業希望者の興味を引きやすく、視聴を続けさせることができます。

また、ユーモアや驚きの要素を含むストーリーは、視聴者が次に何が起こるか見たいと思わせ、動画の最後まで視聴させることが可能になります。

このように、TikTokにおけるストーリーテリングは、ブランドが視聴者との深い関係を築き、商品やサービスの売り込みに対する抵抗を減らす状況を作る上で役立つのです。

好印象を持たれて抵抗を減らせるから

ショートドラマを通じて、視聴者から好印象を持たれることは、商品やサービスの売り込みに対する抵抗を減らす上で重要です。

ストーリーが視聴者の感情に訴えかけることで、ブランドに対するポジティブな印象を強化し、商品やサービスの購入意欲を高めます。さらに、感情に訴えるストーリーは、視聴者との間に感情的な絆=愛着を生み出し、最終的にはブランドのファン化につながります。

効果的なショートドラマは、単なる商品紹介ではなくブランドの持つメッセージや価値観を伝える手段としても効果を発揮します。

これにより、ブランドはただ商品やサービスを販売するだけでなく、顧客との長期的な関係を構築することが可能になります。

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントを成功させるコツ

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントを成功させるコツ

TikTokショートドラマを効果的に活用するための解決策として、以下のポイントが考えられます。

  • ターゲット視聴者を理解する
  • 独自のコンセプトを持つ
  • 共感を読むストーリーを取り入れる

それぞれ見ていきましょう。

ターゲット視聴者を理解する

TikTokユーザーの視聴行動
出典:TikTokユーザー調査レポート - TikTok For Business

効果的なショートドラマを制作するためには、ターゲットとする視聴者層の好みや関心、TikTokの視聴パターンを深く理解することが必要です。そのためには、既存のデータ分析やマーケットリサーチ、さらには直接的なユーザーのフィードバックを取り入れることが効果的です。

視聴者からのフィードバックを積極的に収集し、どのコンテンツが好まれているかを把握していくことも重要です。これらを把握した上で、視聴者のニーズや興味に基づいてコンテンツを企画していきましょう。

独自のコンセプトを持つ

まず、アカウント全体で一貫したコンセプトを明確に設定します。このコンセプトは、ブランドの価値観やメッセージ、ターゲットとする視聴者層に響く内容である必要があります。コンセプトが明確であればあるほど、各投稿の方向性も定まりやすくなります。

ブランドの核となる価値観やメッセージを明確にし、すべてのコンテンツがこのアイデンティティに沿ったものになるようにします。これにより、一貫性を持たせながらも、視聴者がブランドの真の価値を理解しやすくなります。

共感を読むストーリーを取り入れる

アカウント単位で一貫性のある内容の企画・制作を行う上では、以下のことを意識することが大切です。

  • 視聴者が次の動画も見たくなるような関連性のある投稿
  • 物語やキャラクターの成長を描く投稿
  • 1つのテーマを異なる切り口で深堀りした投稿

これらの連続性のある要素を取り入れて、ストーリーが盛り込まれた内容にすることが重要です。

つまり、単発のコンテンツではなく、シリーズものやキャンペーンを通じて物語を展開するということです。視聴者が各投稿を通じて物語を追うことで、より深い感情的な繋がりを生み出し、アカウントへの愛着を促進します。

関連記事:【縦型アニメ・PRアニメ専用】ストーリー設計テンプレート

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントの投稿を制作する方法

TikTokでは、どのような投稿を求められているか?
出典:TikTokユーザー調査レポート - TikTok For Business

TikTokでのショートドラマ投稿を制作する際は、視聴者が短い時間内に物語に没入できるよう、効果的なストーリーテリングが必要です。特に、魅力的な導入部を設計して視聴者の注意を引き、短くても感情的な起伏を持たせた展開にすることが大切です。

ショートドラマは短いため、キャラクターや背景を簡潔に伝えつつ、視聴者が共感できるリアルなコンフリクトを提示することが重要です。

ショート動画でストーリーを語るのは難しいのでは?

「ストーリーテリングをTikTokのような短い動画で展開するのは難しい。」または「ビジネスアカウントで宣伝を入れつつ、視聴者を飽きさせないストーリーを考えるのは大変だ。」といった相談をよく頂きますが、以下の方法でメッセージを細かく切り分けるようにして展開する(ドラマにする)と考えやすくなります。

  • 視聴者が共感できるシンプルなストーリー
  • 複数の動画で1つのストーリーを作る

TikTokやYouTubeショートのようなショート動画プラットフォームでは、コンテンツが面白いことを前提として、長さや量が詰め込まれすぎていないことも気軽に視聴してもらうために重要な要素です。

また、最後に「アカウント登録のお願い」や「自社の紹介」を挟むのも良いですし、ストーリー内に商品やサービスを自然に組み込むことで、宣伝感を減らしながらも情報を伝えるアイデアも良いでしょう。

視聴者が共感できるシンプルなストーリーはコンセプトを細分化する

ショートドラマを制作する際には、全体のアカウントコンセプトを細分化したテーマに落とし込むことが重要です。これにより、各投稿が一貫したメッセージを持ち、視聴者に他の動画も違和感なく視聴されたり、ストーリーとしての連続性を提供できます。

例えば、社内恋愛を毎回異なる人物で描く場合に、すべて同じ会社内で起こっているという一貫性を付与することで、投稿にまとまりが生まれます。

また、ショート動画は、短尺であることやテキストのように読み込めない(見返さない)ことから、シンプルで分かりやすい粒度までテーマを分解する方が伝わりやすくなります。

さらに、テーマを細分化することで、特定のターゲットに合わせたカスタマイズが可能になったり、同じ話でも、異なる視点や新たな物語の展開を加えるようなこともできるでしょう。

複数の動画で1つのストーリーを作るには長尺動画から短尺動画を量産する

TikTokやYouTubeショートなどのショート動画プラットフォームで効果的にストーリーを伝えるには、長尺のコンテンツを短尺のシリーズ動画に分割する方法が挙げられます。無料のコンテンツで重要なことは、まずは興味を持って視聴してもらうことです。そのため、一度で多くの情報を詰め込んで伝えるよりも、小さな1つの発見やメッセージを伝えて信頼されることが大切です。

こうした意味で、視聴者が1つの長い物語に段階的に引き込まれるように設計し、各短尺動画が最終的に大きなストーリーの一部として機能するようにすることで、視聴者は一連の動画を通じて自社アカウントとの繋がりを感じ、次の動画も見たいという期待感を持続させることができます。

具体的には、最初に長尺動画を制作し、重要なシーンやメッセージを抽出し、それぞれのポイントが独立したエピソードとして機能するように編集します。この際、物語の流れを考慮し、各エピソードが前後の内容と自然に繋がるように調整することが重要です。

例えば、主人公が最終目的を達成するまでの小さな障害ごとにエピソードを切り分けて、1つのゴールに向けて展開することが考えられます。

エピソード間で視聴者の興味を持続させるには、各動画の終わりに次の動画への期待を煽る要素を含めることが効果的です。これは、クリフハンガーと呼ばれる技術で、ドラマの各エピソードが終わるごとに次の展開が気になり、視聴者が続きを見たくなるように仕向けます。

関連記事:【企業担当者向け】TikTokの動画制作はどうやるの?自社と外注制作を比較解説

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントをスケールさせる戦略

TikTokにおけるショートドラマアカウントは、単に一貫性のあるアカウントや投稿を作れば良いわけではありません。適切に視聴者へ表示させ、スケールさせる工夫が必要になります。

アカウントをスケールさせていくためには、前提としてコンテンツの質の維持と拡散が必要なものの、以下の方法が挙げられます。

  • コラボレーションによるリーチの拡大
  • ストーリーが想像できるコンセプトで印象に残す
  • 他とは違う表現方法を用いて注目を集める

それぞれ見ていきましょう。

コラボレーションによるリーチの拡大

ショートドラマアカウントで、他のクリエイターやブランドとのコラボレーションは、互いのフォロワー=新たな視聴者層にリーチする機会を増やします。

特に、異なる分野やジャンルのクリエイターとのコラボレーションは、新鮮なコンテンツとなるため、既存のファンにとっても魅力的なものとなります。

<関連記事>
キャラクターを用いたコラボ戦略と活用事例から成功の秘訣を探る
SNSで漫画・イラストインフルエンサーとコラボする際のおすすめは?依頼方法まで紹介

ストーリーが想像できるコンセプトで印象に残す

ショートドラマアカウントをスケールするためのもう一つの重要な要素は、コンセプトからストーリーがイメージできるものを掲げることです。他にはないコンセプトから面白そうなストーリーが想像できることで、視聴者の好奇心を刺激し、コンテンツに新鮮さを持たせることができます。

例えば、一風変わったキャラクターや設定を用いることで、視聴者を惹きつけ、シェアや再生を促進することが可能です。

こうしたコンセプトがあることで視聴者に印象に残り、別の投稿が表示された際に再度手を止めてもらいやすくなっていき、最終的にフォローされやすい状況が作れます。

コンセプトの参考になるアカウント例:整形したいJKが父を説得する

まず、自信がない自分を変えたいというコンプレックスで共感を得ているアカウントです。自己肯定感を上げるために、さまざまな美容方法を試していきながら視聴者との関係を作っています。

特に、整形には賛否両論あるかもしれませんが、隠すことなく親を説得するという誰もがイメージしやすいストーリーも投稿されており、どんな展開になるのか興味が湧く仕掛けとなっています。

https://www.tiktok.com/@shio_sbc/video/7263419595636198663

TikTok:しお🧂自己肯定感の低いJK

コンセプトの参考になるアカウント例:派遣社員の婚活

次に、自身の弱みを公開して共感を得ているアカウントです。独身で孤独、月収は手取り16万といった平均的な環境に届かない(自慢しづらい)ことを個性にしています。

日常生活を独身寮や外出、好みの握り飯などを交えながら卑屈にならず面白く語っています。

TikTok:絶望ライン工ch

YouTube:絶望ライン工ch

ここまでにお伝えした方法を活用して、ショートドラマを作るだけでなく、リーチを拡大して多くの視聴者に愛されるコンテンツを提供していきましょう。

他とは違う表現方法を用いて注目を集める

TikTokでは実写投稿が多く、自身を撮影して投稿するケースが多く見られます。だからこそ、キャラクターを用いたアニメーションなどの表現が少なく、差別化のひとつとなります。

https://www.tiktok.com/@sanrio/video/7367163563967925546

アニメーションは表現力も高く、言語の壁を越えて広い範囲の視聴者にアピール可能であり、グローバルな視聴者へのリーチも期待できます。特に、キャラクターが活用できることで、一定のビジュアルを保ったまま、創造的なストーリーテリングができる魅力があります。

これらの方法を通じて、TikTokでのショートドラマはより多くの人々に愛され、効果的なコミュニケーションツールとして機能することができるでしょう。

関連記事:TikTokでアニメーション動画をPRに活用できるの?おすすめできる理由から参考例まで紹介

TikTok(YouTube)ショートドラマアカウントの成功事例

毎日はにかむ僕たちは。

「⽇本テレビ放送網株式会社」とショートドラマクリエイター集団「ごっこ倶楽部」が共同で制作・運営する縦型ショートドラマアカウント「毎日はにかむ僕たちは。」です。

「はにかんでしまうような一瞬」をコンセプトとした縦型ショートドラマを配信しています。

参考:日テレ、TikTok縦型ドラマ事業へ参入!次世代のエンタメ!ショートドラマ配信スタート!日テレ史上初の“縦型ショートドラマ専用アカウント”誕生!「『はにかんでしまうような一瞬』をコンセプトに制作」 - PRTimes

ドラマみたいだ

studio15が企画・制作・編集・運営を行っているショートドラマアカウント「ドラマみたいだ」です。アカウント開設から約10ヶ月で、TikTokとYouTubeの合計1億5000万回以上再生されており、企業とコラボレーションしたプロモーションも積極的に行っています。

また、TikTokクリエイターともコラボすることで、リーチ拡大の工夫もしています。

参考:合計1億回以上再生のショートドラマアカウント「ドラマみたいだ」がTikTokクリエイターアワードにもノミネートされた「昼におはよう」とコラボ - PRTimes

TikTokショートドラマアカウントについてのまとめ

ここまでのポイントをまとめます。

  • 物語を通じて視聴者に情報を提供することで、ブロックされることなくブランドメッセージを伝えられる
  • 効果的なショートドラマ制作には、魅力的な導入部と視聴者の感情に訴える内容が必要
  • SNSの利用者が広告を簡単にスキップできる現代において、従来の広告にありがちな売り込み感は致命的となる
  • ショートドラマアカウント全体で一貫したコンセプトを持つことが、視聴者に続けて見てもらうために重要

TikTokショートドラマアカウントを活用することで、直接的な売り込みをする広告よりも視聴者の感情に訴え、深い印象を残すことができます。そのため、ブランドの情報を抵抗されづらい状態で伝えることができます。

さらに、一貫したストーリーテリングにより、視聴者との長期的な関係を築くことが可能になります。これからのオンラインPR戦略において、TikTokショートドラマアカウントの活用を検討してみてください。


おすすめ記事

基礎知識:企業でアニメーション動画が活用される理由とは?活用事例も解説


事例解説:企業のPRアニメーション動画を制作会社が解説


種類・費用:アニメーション動画制作の種類別の制作料金と活用例を解説


制作技法:インディーアニメの制作費用と仕組みを公開!MVにも使われる人気の秘密を解説


制作工程:実写・アニメーションの映像制作を外注する流れとは?費用や依頼時のポイントをご紹介


依頼方法・コツ:ショートアニメの制作を依頼するコツは?制作会社の選び方をプロがご紹介


依頼リスク:動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説


制作会社:アニメーション動画の制作会社は増えている?上手な選び方をご紹介


MV制作:アニメMVで楽曲のファンを増やすには?最新マーケティング手法とMVの作り方を解説


実写比較:アニメーションPRと実写PRの違いとは?自社サービスをPRする最適な方法


企画方法:アニメの企画ってどうやるの?実は企画書のフォーマットは重要ではない理由


制作ツール:今話題のYouTubeアニメーション制作ツールとその特徴とは?


採用動画:多くの求職者を応募に導く!採用アニメーション動画を作るコツを解説


解説動画:アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?



お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

【縦型アニメ・PRアニメ専用】ストーリー設計テンプレート

無料資料ダウンロード

【キャラクタープロモーション(0からオリジナルキャラクターを作る方法)】ガイドブック

無料資料ダウンロード

【ゆるキャラの人気を上げる方法は?】発信すべき内容がわかる企画テンプレートガイドブック

無料資料ダウンロード

NOKID編集部

1000件以上の映像制作実績を誇る株式会社NOKIDの編集部メンバーが監修。キャラクター・アニメーション分野のノウハウやトレンドの活用手法の紹介が得意です。

RECOMMEND