BLOG

BLOG

【解説動画】アニメーションを用いた動画教材が社員教育に注目されている理由とは?

動画は、1分間でテキスト180万文字分の情報量があるほど情報伝達能力が高いと言われています。そのメリットを活かし、企業や教育機関では動画を教育に取り入れることが当たり前になりました。

中でも、小中学生の義務教育で使われている教材から、英語や中国語などの多言語学習、ビジネスマンのための資格教材など、多くの現場で「アニメーションを用いた動画教材」が注目されています。

なぜ、アニメーション動画教材が注目されているのでしょうか?今回は、アニメーションを用いた動画教材をテーマに以下のことを解説します。

「動画教材を取り入れるメリット・デメリット」
「動画教材にアニメーションを活用する理由」

同じ説明を動画によって効率化し、属人化を防げる動画教材にアニメーションを取り入れるべきかの参考になれば幸いです。

アニメーション動画の依頼方法については「動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説」がおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


動画教材の普及

「学習」「教材」と聞くとみなさんはどんなモノを思い浮かべますか?

学生時代に何度も手にした分厚い教科書や参考書を、思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

しかし近年ではテキスト教材だけでなく、「動画教材」が普及してきました。

動画の撮影や編集が手軽にできるようになったこと、そしてYouTubeなどの動画プラットフォームへ簡単に動画をアップロードできるようになったことで、多くの企業や個人が動画教材を配信し、それによって学習方法も大きく変わってきました。

動画教材のメリット

高い学習効果が期待できる

テキストだけでは理解できない抽象的な内容も、動画であれば直感的に伝えることが可能です。

例えば「魚の捌き方」を人に教える場合、テキストの説明に加えて、実演動画があるとわかりやすいですよね。

また、単調な教材では「集中力が持続しない」「眠くなってしまう」ということも多いですが、動画教材であれば理解度が深まりやすいことから、学習者の意欲を向上させることができます。

動画教材は記憶に残りやすい

動画で学習した記憶は、テキスト学習の2倍、記憶に残りやすいといわれています。

アメリカ国立訓練研究所が発表した研究結果によると、学習定着率(ラーニングピラミッド)は以下の通りとなっています。

学習定着率は覚えたい知識をどれだけ効率よく覚えることができるかを数値化した指標です。

講義・・・授業などの講義を受ける→学習定着率5%

読書・・・テキストベースでの学習→学習定着率10%

視聴覚・・・映像やアニメーションなどでの学習→学習定着率20%

つまり、動画教材での学習はテキストベースでの学習よりも理解しやすく、記憶定着に優れているということになります。

※ラーニングピラミッドと学習定着率の関係は現在でも専門家によって議論されています。また個人差もあることから必ず記憶定着が2倍になるということではありません。

繰り返し視聴できる

動画教材は何度でも好きな場面から繰り返し視聴することができます。

わからなかった部分だけを反復学習することができるので、効率良く学習を進めることができます。

配信側としても好きなタイミングで配信できることはメリットとなります。

クオリティに差が出ない

予備校などで人気講師と呼ばれる講師が存在するように、講師によって伝え方やニュアンスが違い、クオリティに差がでてしまうことは容易に想像できます。

動画教材であれば配信対象がどれだけ増えようと同じ教材を提供することができるので、クオリティに差が出ることはありません。

情報量が多い

動画であれば映像に加えてナレーションやテロップ、グラフや図などを補助的に入れることが可能です。

そのため動画の情報量は文字の5,000倍、文字に換算すると180万語、Webページに換算すると約3,600ページ分といわれています。

※アメリカの調査会社Forrester Research社の調査結果を参考にしています。

動画教材のデメリット

見ているだけでは定着しない

学習カテゴリーや動画の作りにもよりますが、ただ動画を視聴して「学んだ気になっているだけ」では記憶は定着しません。

プログラミング学習を例にすると、動画を視聴しただけでプログラマーになれるわけではありません。

動画を視聴し基礎を身に着けた後、実践=ソースコードを書く訓練が必要となります。

英語学習であれば動画を見ながら後に続いて発音練習をしたり、文章を書き留めたりすることでしょう。

つまり動画を視聴するだけで100%完結するということではなく、自身の習得したいスキルを見定め、学習を発展させる必要があります。

もちろん、それはテキスト学習でも同じことがいえます。

すべてが動画教材になっているとは限らない

動画教材が多くなってきていることは事実です。

しかし、すべての知識や情報が動画教材に落とし込まれているかというと、そうではありません。

これまで知識や情報は「書籍」という形で保存され継承されてきました。

業界にもよりますが、映像化されている情報はまだまだほんの一部でしかありません。

つまり、より深い知識を学びたいと考えたときに、書籍を探し学習することが必要になる可能性が高いということです。

基礎を動画教材で学び、さらに詳しく学びたい場合は書籍などの別の媒体を活用するというのが良さそうですね。

アニメーションを用いた動画教材

ここまで動画教材について説明してきましたが、最近では実写の動画教材ではなく、アニメーションを用いた動画教材が注目されているのです。

アニメーションは実写動画よりも表現の幅も広いため、情報量の多いコンテンツにすることが可能です。

教育現場でも取り入れられている

アニメーションは小・中学生の学習にも取り入れられています。

教育出版の「目で見る算数」は実写やアニメーションを駆使することで、計算方法や空間図形を体現的に学ぶことができます。

以下は図形に関するサンプル動画です。

社員研修やOJTでもアニメーションが活躍

社内の効率化、新人社員へのOJTでもアニメーション動画は活躍しています。

新型コロナウィルスの影響もあり、自宅でもオンラインで学べる動画教材を導入する企業が増えています。

テキストよりも理解しやすく、会場や講師のコストを削減できるという点もメリットです。

アニメーション動画教材のメリット

表現の幅が広い

アニメーションでは実写よりも多くのことを表現することができ、より抽象度の高いモノを表現することが可能です。

前述の「目で見る算数」のサンプル動画では、円柱の分解図をアニメーションで表現していましたが、これをテキストや口頭で説明するのは至難の技だと思います。

またキャラクターを利用できるのもメリットの一つで、キャラクターは記憶に残りやすく、普段人が言わないような口調やフレーズを話しやすいのも特徴です。

英語学習の例ですが、「現在完了形」と「現在完了進行形」を説明した動画を紹介します。

時間軸の絡む表現もアニメーションだと簡単に表現することが可能です。

費用を抑えやすい

実写での映像はキャスティング、撮影、編集と行程が多く、スタッフも多いことから費用が高くなりがちです。

アニメーションであれば配役の手配も必要ありません。

インディーアニメーションという個人アニメーターによるアニメーション動画制作であれば、さらに費用を抑えることが可能です。

インディーアニメについて詳しくは「インディーアニメの制作費用が安い秘密とは?MVにも使われる人気の秘密を解説」をご覧ください。

修正が容易にできる

アニメーションであれば途中での修正が容易にできるだけでなく、完成後であっても視聴者や受講者のニーズに合わせて公開しながら改良することができます。

実写の場合、修正するには再度キャスティングから始まり、撮影、編集となり、多くの時間と費用を必要としてしまいます。

アニメーション動画教材のデメリット

リアリティは実写の方が出しやすい

アニメーションの方が抽象度の高い映像となるので、リアリティは実写の方が出しやすいといわれています。

リアリティを出すために、実写ベースの映像の中に、一部アニメーションを入れ込むという方法もあります。

どんな動画にすれば視聴者に伝わりやすいのか悩んだ場合はぜひ我々にご相談ください。

こだわればこだわる程費用がかかる

撮影の行程はありませんが、アニメーションで表現したい映像やモーション、エフェクト効果にこだわればこだわるほど費用が大きくなります。

アニメーションの種類によって料金も異なりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

まずはアニメーション制作会社に相談してみませんか

ここまで動画教材においてもアニメーションが有用であるということをお話してきました。

学習コンテンツをYouTubeで配信していきたい、社員のOJTや効率UPのために教育動画を作りたい、自社の教材をアニメーションでブランディングしたいなど、アニメーションの活用を検討している方はぜひ弊社にご相談ください。

NOKIDではイラストレーターや漫画家が多く在籍しており、声優によるアテレコも一貫して行なうため、質の高いコンテンツを提供することが可能です。

NOKIDの制作事例はこちら
https://nokid.jp/works/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事