BLOG

BLOG

webtoonが人気の理由とおすすめとは?漫画制作会社が解説します

webtoonは、近年漫画業界で注目されている新たな形式です。通常の電子漫画や、書籍で出版されている漫画とは異なり、縦にスクロールして読み進めていくという最大の特徴をもっています。

グローバルインフォメーションが調査し、webtoonの世界市場をまとめたレポートによると、webtoonの市場規模は拡大していくとわかります。

アジア太平洋地域が最大の市場であり、そのシェアは約73%、続いて北米が約15%、欧州が約11%となっています。世界のwebtoonの市場規模は、2020年の23億390万米ドルとなり、2021年から2027年にかけては29.9%のCAGRで成長し、2027年までに164億5,000万米ドルに達すると予測されています。

引用:ウェブトゥーンの世界市場:市場規模・情勢・予測(2021年~2027年)

では、なぜ今”webtoon”が漫画市場で注目が高まってきているのでしょうか。この記事では、縦長漫画であるwebtoonが人気となる理由と、どういったジャンルが人気なのか、webtoonのおすすめ作品を紹介していきます。

webtoonに関しては「「梨泰院クラス」原作や「女神降臨」韓国で人気の”webtoon”とは?漫画制作会社が解説します」もおすすめです。


制作した動画をYouTubeやTikTokに投稿して、広告に頼りすぎないPRを行なっていきたい場合は「無料資料ダウンロードページ」で多くの自社チャンネル運用、他社チャンネル運用代行を行なってきたノウハウを凝縮したガイドブックを入手してください。


webtoon(ウェブトゥーン)とは

webtoonについての情報をまとめると、次の2つです。

・webtoonとは、デジタル(WEB)で読める漫画(トゥーン)
・縦にスクロールして読み進める

一つずつ、詳細について解説していきます。

デジタル(WEB)で読める漫画(トゥーン)

webtoonは、「WEB」+「cartoon」を組み合わせてできた言葉で、デジタルで閲覧することができる漫画(トゥーン)のことを指します。cartoon「漫画」と言われると、通常、右から左に読み進めていき、ページをめくるものを想像するのではないでしょうか。しかし、webtoonも同じ「漫画」の種類ではあるものの、通常の電子書籍や出版されている漫画とは特徴が異なります。

縦にスクロールして読み進める

通常、デジタルで読む漫画と言われると、電子漫画などの右からめくるタイプの漫画を想像するかもしれませんが、webtoonは異なった魅せ方をしており、縦にスクロールして漫画をめくっていくことが特徴です。

webtoon異世界女王と転生デザイナー」

出典:「異世界女王と転生デザイナー」(comico)

(通常)電子漫画「僕らはみんな河合荘

出典:「僕らはみんな河合荘」(Renta!)

冒頭でも解説した通り、webtoonは韓国で生まれ、日本に広がってきました。そんなwebtoonが人気となっている理由として、特に2つ目の「縦スクロールで読み進める」という特徴が重要となります。下記項目で、詳細を見ていきましょう。

webtoon(ウェブトゥーン)が人気な理由

前の項目でお伝えした通り、webtoonの特徴として「縦にスクロールする漫画形式」が重要となります。なぜ重要かというと、縦型の漫画は、次のようなメリットがあるからです。

  • 細かな表現がしやすいフルカラーのためみやすい
  • 縦スクロールにより話がページの途中で途切れず、より会話の流れがわかりやすい
  • スマホの縦画面いっぱいに表示されるため、臨場感がある

一つずつ解説していきます。

細かな表現がしやすいフルカラーのためみやすい

電子書籍や出版されている漫画では白黒のページが多いですが、webtoonはフルカラーで表示されています。これは、webtoonが出版しない前提で公開されているため、電子書籍や漫画のように、白黒ページで表現しなくても良いことが理由として挙げられます。

webtoonは、ストーリーだけでなく、服飾、景色や表情などの細かな色合いを楽しめることが特徴です。

縦スクロールにより話がページの途中で途切れず、より会話の流れがわかりやすい

先ほどお伝えしたように、webtoonは下から上に向かってスクロールするという、縦読み式で読み進めていく漫画です。

静止画の漫画と、動画のアニメーションの中間に近いため、話がページの途中で途切れず、より流れを感じやすいという特徴をもっています。

場面ごとに印象を持たせることができる漫画に比べ、一コマごとの描写となるため、次のコマに目移りすることなく集中して読み進めることができます。

スマホの縦画面いっぱいに表示されるため、臨場感がある

縦に読み進めていく形式からわかるように、webtoonはPCよりもスマホで読み進めることをおすすめします。スマホの縦画面いっぱいに表示されることで、さらにコマごとの描写を感じ取ることができたり、ストーリーに没頭することができます。

webtoon作品おすすめ

筆者おすすめのwebtoonは下記の3作品です。概要と漫画を読める媒体をご紹介します。

①「六本木クラス」(「梨泰院クラス」の原作)

出典:六本木クラス〜(ピッコマ)

おすすめのwebtoon漫画の一つ目は、Netflixで「梨泰院クラス」としてドラマ化され、爆発的なヒットとなった「六本木クラス」です。こちらの漫画は、webtoonがきっかけでドラマ化されて人気となりました。

ドラマと原作では若干描写やストーリーが異なるところもありますので、ドラマを観た方は原作と比較して読み進めたり、気になっているけどまだ観ていないという方も是非、1話ごとにスキマ時間で読める漫画から読んでみてはいかがでしょうか。

②「女神降臨」

出典:「女神降臨」LINEマンガ

2つ目におすすめするwebtoon漫画は、「女神降臨」です。こちらもwebtoonがきっかけでドラマ化されました。

メイクで変身する主人公の”女神”を、イケメン二人が取り合う三角関係のwebtoon漫画です。主人公が失恋のショックからメイクを練習し、”女神”と呼ばれるまで努力する姿に共感し、勇気をもらえたという声が多く、人気作品の中でも特に代表的な作品です。

漫画制作が気になる方は制作会社への相談も

ここまでで、webtoonが人気となる理由をお伝えしてきました。まとめると、webtoonが人気となる理由は下記の3つです。

・細かな表現がしやすいフルカラーのためみやすい
縦スクロールにより話がページの途中で途切れず、より会話の流れがわかりやすい
スマホの縦画面いっぱいに表示されるため、臨場感がある

フルカラーという特徴や、縦長のためスマートフォンの画面いっぱいにコマが描写されることから、通常の横読み漫画よりも臨場感がある表現ができたり、細かな表現ができたりしますので、もし漫画制作を検討していたら、webtoonの制作も検討してみてはいかがでしょうか。

webtoon制作を検討しているなら、webtoon漫画の企画から制作までを依頼できるNOKIDに依頼してみてはいかがでしょうか。漫画家やイラストレーターの斡旋だけでなく、Youtube漫画動画のチャンネルの運用代行サービスや、登場するキャラクターのIP(知的財産)ビジネスへの展開を考慮した上での制作を企画してくれるサービスも展開しているため、制作後の活用まで安心してサポートが可能です。

webtoonを制作したいとお考えの方は是非、検討してみてください。

お見積もりやご相談は、お問い合わせからご連絡ください。
NOKIDの制作実績:https://nokid.jp/works/


PRサポートを開始しました

今ならWeb広告出稿手数料を無料で承っています。制作した動画をぜひ上手く活用してください。詳しくは「Web広告の運用手数料を無料にします!」をご覧ください。


おすすめの記事

関連記事