BLOG

BLOG

YouTube漫画動画を依頼するときの注意点は?よくある失敗例やポイントを解説

YouTube漫画動画は、商品やサービスの魅力をユーザーに効果的に伝えられるアプローチとして注目されています。自社の広告宣伝などに漫画動画を使うときには、プロに制作を依頼するケースが多いでしょう。

漫画動画を制作するにあたって、予算に合わせてどこまで品質を抑えるか?といった問題も発生します。

他にも、動画はSNSやWebサイトで公開することが前提とされていますが、媒体ごとに公開のされ方や利用者は異なります。こうした媒体特性も考慮していくことが、効果の出る動画制作を作るためにも大切です。

今回は、漫画動画の制作依頼で気を付けておきたいことを解説します。依頼の際に多い失敗例や、事前に相談しておきたいポイントなども紹介します。

漫画動画を依頼する前に作り方を知っておきたい場合は「YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう」もおすすめです。


ストーリー設計テンプレート」では、マンガ動画・アニメーション制作にて使えるストーリー設計の方法を公開しています。視聴者を引き込む動画の構成にお困りの際はご活用ください。他にも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


漫画動画の制作依頼で多い失敗例

漫画動画の制作をプロに依頼すると、だいたいは依頼主の希望に沿うような作品を作って納品してくれます。ただ、作品を見て依頼主が思わずがっかりしてしまったり、納品までの間に予想外のトラブルが起こったりするケースもなかにはあります。よくある失敗の例を、ここではまとめてみました。

  • 予想していた動画と雰囲気が異なる
  • アピールしたいことが表現できていない
  • 費用が高すぎる
  • 期日までに仕上がってこない

順に解説していきます。

予想していた動画と雰囲気が異なる

「イメージしていた動画とまったく雰囲気が違う」などは、よくある失敗のパターンです。多くの場合、このような失敗は、依頼主と制作する側がアニメーションの手法について十分に理解しあえていないことが原因です。

アピールしたいことが表現できていない

「映像は問題ないが、アピールしたいことが伝わらない内容になっている」なども、よくある失敗に挙げられるでしょう。こういった失敗は、依頼主の希望が制作側に正確に伝わっていないことが原因として考えられます。

費用が高すぎる

制作側から請求された金額によっては、依頼主が「費用が高額すぎて納得ができない」というケースもあるかもしれません。予算の相談や見積もりのプロセスを疎かにしてしまうと、このケースのように費用面で失敗をしてしまうケースもあります。

期日までに作品が仕上がってこない

「約束した期日までに納品されない」という場合、制作側の営業スタイルに問題がある、もしくは依頼主と制作側のスケジュールの認識がずれている可能性が高いです。

関連記事:YouTube漫画動画の作り方を制作会社が解説!何が最も大変なのかを知っておこう

漫画動画を制作依頼する際のポイント

制作会社に動画制作を依頼する際の流れ

漫画動画の制作依頼で失敗をしないためには、依頼主が以下のようなポイントについて制作側としっかりと相談しておくことが必要です。

  • アニメーションの手法や再生時間
  • アピールしたいことやターゲット層
  • 予算や費用、支払い方法など
  • 制作物の納期

それぞれ見ていきましょう。

アニメーションの手法や再生時間

アニメーションを取り入れる場合、どのような手法を用いるかで雰囲気が変わることが多いです。実際、コンピューターグラフィックスなどを使った精密なアニメーション動画とストーリーを追いやすいパラパラ漫画では、雰囲気が大きく異なります。どの手法がよいかで迷ったときは、サンプルなどを見せてもらって、希望する雰囲気にマッチしているかどうかを判断してみましょう。

アピールしたいことやターゲット層

広告宣伝などで漫画動画を使う場合、重要になるのがその商品やサービスでアピールしたいこととターゲット層です。このようなポイントは、制作側に的確に伝わるようにする必要があります。細かい点まで時間をかけて相談をするのが、誤解を生じさせないコツです。

予算や費用、支払い方法など

制作側にあらかじめ予算を伝えておくことは、費用でもめないためのひとつの方法です。予算が決まっていれば、制作側でも依頼主の希望に沿うような提案をしてくれる可能性が高いです。編集や加工をした場合の追加料金や支払方法なども確認しておくと、請求の際に慌てずに済むでしょう。

制作物の納期

依頼主は、納品日についても制作側とよく相談しておく必要があります。アニメーションは、種類によって制作に要する期間が変わります。制作にどのくらいかかるのかを確認しながら、納品日を決めることが大切です。

動画制作を依頼するコツは「動画制作を依頼するのはリスク?後悔しないアニメーション動画制作の依頼方法を解説」もおすすめです。

YouTube漫画動画を制作する際の注意点

YouTubeの漫画動画を依頼する場合、単に動画を作るだけでなく媒体特性や利用者を考慮することも大切です。そのため、制作を依頼する前にYouTubeの特徴を理解しておきましょう。

  • 再生時間を考えて制作を依頼する
  • YouTube動画の制作で実績がある会社に依頼する

再生時間を考えて制作を依頼する

YouTubeの漫画動画の場合、再生時間に注意が必要です。YouTubeは、再生時間が長すぎると宣伝効果が低下するケースがあります。アニメーションの内容によっては、再生時間を短く抑えたほうがよりアピール力がアップすることが考えられます。

実のところ、漫画動画の視聴回数を増やせるかどうかは、内容次第です。再生時間やコマ数については、制作会社からアドバイスをもらうのがベストです。

YouTube動画制作で実績がある会社に依頼する

宣伝効果がある動画を作りたいときは、YouTubeの動画制作で実績がある制作会社を探すのもよい方法です。このような制作会社の場合、YouTubeや漫画動画に詳しい専門チームが対応してくれるケースも多いです。

また、希望する動画についてのヒアリングや費用の相談、納期の相談などもスムーズに進むことが多く、実績がある制作会社では漫画動画の制作で生じがちな認識のずれなども最小限に抑えられる可能性があります。

宣伝効果についてのアドバイスが受けられたり、アピール力のある企画を提案してもらえたりする点も、こういった制作会社のメリットです。

NOKIDでは、アニメーション動画を中心にYouTubeやTikTokなどの媒体特性、ユーザーとのコミュニケーションを考慮した動画を数多く制作しています。詳しくは「制作実績ページ」をご覧ください。

漫画動画の料金については「YouTubeに載せる漫画の制作を依頼する方法と料金相場」で解説しているので、参考にしてみてください。

漫画動画を制作依頼する際の注意点についてのまとめ

・予想していた動画とイメージが異なるケースが多くあるためテイストのすり合わせは特に重要
・制作を依頼する際は、表現手法やターゲット層といった動画の中身を決める
・制作を依頼する際は、予算に合わせてクオリティをどこまで調整するかも重要
・単に動画を作るだけでなく媒体特性や利用者を考慮することも大切

漫画動画を制作するにあたって、予算と品質のバランスを取っていくことは容易ではありません。また、動画はSNSやWebサイトで公開して視聴されなければ意味がありません。動画を作る前に、どんな目的で、どこで公開するのかを明確にしておくことで、より適した動画制作が可能になります。

NOKIDでは、漫画動画制作に関する全てのお悩みを解決します。漫画動画に特化することで得た知識と情報を強みにNOKIDのクリエイターがクライアント様のご希望を叶えます。

専任ディレクターによる信頼感
専属イラストレーターの高品質なクリエイティブ
組織化による徹底した納品管理体制
月間納品実績50本以上
成果に直結した制作メソッド

まずはお気軽にお問い合わせボタンよりご相談ください。


資料ダウンロード

e-book-image

"プロモーション動画の型"や"キャラクターPRの方法"などのお役立ち資料は「資料ダウンロードボタン」から入手してください。


おすすめの記事

関連記事