2020.05.30

漫画動画を公開しyoutube広告で稼げるようになるためには

小学生が将来なりたい職業でユーチューバーが1位を獲得するなど、YouTubeを収入源として考える人が増えています。YouTube動画の一大ジャンルとなっているのが漫画動画です。漫画は今や幅広い世代に浸透しているので、視聴者層が厚くなるのです。しかし、漫画動画チャンネルは数多くあり、個性を出さないと他の動画に埋もれて再生回数が稼げません。今回はファンが付きやすい漫画の紹介など、漫画動画で稼ぐポイントを説明していきます。

漫画動画でチャンネル登録者数を増やすための工夫

YouTubeにチャンネルを作って動画を上げただけでは広告収入は得られません。広告で収益を得るためには条件があり、その中には再生回数やチャンネル登録者数も含まれています。具体的には、過去12ヶ月間の総視聴時間が4,000時間以上で、チャンネル登録者数が1,000人以上でないと広告収入が入らないのです。4,000時間と聞くと高いハードルのように見えますが、実際はそうでもありません。分にすると240,000分で、この要件を満たすには5分動画が48,000回視聴されればいい計算になります。5分動画を5つアップすれば、1つあたり平均960回の再生で条件を満たせます。

つまり再生回数の条件は動画をどんどん公開していけば、ハードルが下がっていくのです。むしろ大変なのは、チャンネル登録者数1,000人を目指すことです。チャンネル登録者数とはいわばファンの数です。動画を再生してくれた人でも、チャンネル登録者をしてくれる人はほんの一握りです。漫画動画ではどうすればチャンネル登録者数が増やせるのか、そのコツを紹介します。

方向性を決める

漫画動画にはいくつかの方向性があります。日常生活でためになる話を漫画化したものや、過去に起きた驚くべき事件や出来事を紹介する漫画、事件と呼ぶほどではないけれどちょっと笑えたりするエピソード漫画など、ジャンルは違いますがどれも視聴者の興味を惹く漫画です。

重要なのは方向性を絞ることです。一つのジャンルを重点的に漫画にしていけば、漫画の題材集めのときにより深い題材を見つけることができるようになり、他のチャンネルにはない個性が出てきます。チャンネルの特色が出せれば、その分野の話が好きな人がファンとなり、チャンネル登録者数が増えていきます。

いろいろな方向性の漫画動画をアップしたほうが、より多くの人の興味を惹けると思うかもしれませんが、あまり手広くやりすぎると多くの漫画動画チャンネルと競合することになります。既存のチャンネルはすでに多くのファンを獲得しているので、後発の時点で競争は不利です。

ファンを増やすためには、他の漫画動画に負けない題材を探すのが大切ですが、複数のジャンルに手を出すとどうしても「広く浅く」になるので、既視感のある漫画になる可能性が高くなるのです。

コンスタントに投稿していく

YouTubeを好む視聴者はほぼ毎日のように、サイトにアクセスして新着動画がないかチェックしています。そのため漫画動画を始めてから間もないうちは、コンスタントに動画をアップしていくことが重要です。

視聴者がチャンネル登録をしていなくても、最近見たチャンネルの新しい動画がアップされると「あなたへのおすすめ」としてYouTubeのトップページに出てきます。コンスタントに動画を投稿することで、一度見てくれた視聴者の目に何度も触れることになります。視聴者も新作がどんどん出てくるならチャンネル登録をしておこうという気になるのです。

安定した収益を目指すなら、投稿ペースは最低でも1週間に1~2回はほしいところです。あまりに投稿ペースが遅いと、視聴者から休眠チャンネルと思われてチャンネル登録を外されることもあり得ます。漫画動画は漫画執筆に時間がかかるので、最初にストックを溜めてから動画公開を始めるほうがいいでしょう。

恋愛系は漫画動画でも人気のあるジャンル

漫画の方向性を決める、投稿ペースを維持するということが大切だと紹介しましたが、どんなジャンルの漫画動画がいいのでしょうか。多くのファンが見込める漫画動画はいろいろありますが、特に手堅いのが恋愛系です。ここでいう恋愛系とは、恋愛テクニックやデートのNG事項、異性のホンネなど、恋愛講座を漫画化したものです。

モテたいという気持ちは男女関係なく持っています。そのため性別に偏りなく、幅広い視聴者層の興味を惹けるのです。また、YouTubeの視聴者には、若い世代が多いということも追い風になります。

中高生や大学生は青春真っただ中で、異性にモテたいという気持ちが一層強いです。今では中高生がスマホを持つことも珍しくないので、こうした若い世代が、恋愛講座をメインに据えた漫画動画の視聴者になってくれる可能性があります。紹介される恋愛テクニックが気に入れば、次の動画も見ようと思いチャンネル登録もしてくれるでしょう。

恋愛系の漫画動画は作画が重要

恋愛系の漫画はどのような話の展開にするかというシナリオも大切ですが、それ以上に作画が重要になってきます。恋愛系漫画に求められるのはキラキラした雰囲気です。シナリオはいいのに作画がイマイチだったら、紹介する恋愛テクニックもくすんでしまうのです。

漫画とはシナリオと作画がかみ合うことで面白くなるものです。たとえば裏社会の闘争を描いたハードボイルドなストーリーの漫画があるとします。それなのに、出てくるキャラクターがギャグ調の2~3頭身では読めたものではないですよね。

恋愛系の漫画にも特有の作画が求められるのです。女性はかわいく男性はかっこよく描き、ストーリー仕立てにしたときは、照れや愛情を表す表情としぐさにも力を入れないと雰囲気がでません。恋愛系の漫画で多くの視聴者の支持を得るためには、ある程度の画力が必要となってきます。

恋愛系の作画が描けないと言う人は外注するのも一つの手

漫画は練習すればうまくなりますが、うまくなるまで待てないという人は漫画の執筆を外注するという手があります。シナリオは自分で考えて、漫画の執筆は漫画動画の制作をしている会社に依頼するというパターンです。費用はかかりますが、その道のプロなので高いクオリティの作画が期待できます。

また、恋愛系漫画に男性と女性を登場させる場合は、ナレーションも男性の声と女性の声が必要になります。自分で異性の声を当てることもできますが、ヘタをすれば漫画の雰囲気を壊すことになるので避けたほうが無難です。ナレーションをお願いできる異性が身近にいなければ、執筆と合わせて外注に回すといいでしょう。

稼げる漫画動画制作のご相談はNOKIDへ

株式会社NOKIDは漫画動画制作に関する全てのお悩みを解決します。漫画動画に特化することで得た知識と情報を強みにNOKIDのクリエイターがクライアント様のご希望を叶えます。まずはお気軽にご相談ください。

専任ディレクターによる信頼感

専属イラストレーターの高品質なクリエイティブ

組織化による徹底した納品管理体制

月間納品実績50本以上

成果に直結した制作メソッド