2024.06.25

2024.07.04

TikTok動画をnoteに埋め込む目的とは?メリットや活用例を紹介

noteで記事(コンテンツ)を書いていると、読者の関心を引き続けることが難しいと感じることはありませんか?テキストだけでは伝えきれない情報があったり、そもそも記事をしっかり見てもらえないという方も多いでしょう。

このような時には、動画をnoteに埋め込む方法が効果的です。中でも、TikTok動画を埋め込むことで、縦型のスマートフォンに最適な映像によって興味を引いたり、文章の補完に活用することができます。

しかし、具体的にどのような活用の仕方があり、何の目的で活用することが適切なのか分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、TikTok動画をnoteに埋め込む目的や、活用例について詳しく紹介します。

これを知っておけば、読者に今まで以上にnoteの記事をじっくり読んでもらえるヒントを得られます。ぜひ参考にしてみてください。
TikTokアカウント自体のフォロワー獲得や運用テクニックについては「TikTokでフォロワーを増やすアカウント作りのコツとは?個人・企業別の参考例を紹介」がおすすめです。


見込み客から"選ばれる"PR動画の作り方ガイドブック」では、視聴者にとって興味のない動画は簡単に無視される時代に「"興味を持ってもらいやすい"動画の条件」や「なぜアニメーション動画が興味を持たれやすいのか?」を公開しています。広告効果の悪化が益々懸念される今後の"新たな一手"を考えておきたい場合にご活用ください。 他のテーマも「無料資料ダウンロードページ」で公開中です。ぜひ入手してみてください。


<記事のポイント>
・noteにTikTok動画を埋め込む目的が明確になる
・noteとTikTok動画を組み合わせた活用例が分かる
・なぜnoteにTikTok動画を埋め込むべきかが分かる
・noteにTikTok動画を埋め込む際の注意点が分かる

目次

どのような目的でnoteでTikTok動画を埋め込む機能を使うべきか?

出典:TikTok動画をnoteの記事に埋め込めるようになりました。 - note

2019年7月9日にnote株式会社が公開した「TikTok動画をnoteの記事に埋め込めるようになりました。」によると、タイトルの通りnoteの記事内にTikTok動画を埋め込めるようになり、表現の幅がさらに広がりました。

noteにTikTok動画を埋め込むことで記事の魅力を高め、TikTokの投稿(動画)をnote内でも視聴してもらえるようになります。この特性を活かして、どのように企業で活用すると良いでしょうか?以下に、具体的な活用方法を説明します。

TikTokアカウントを知ってもらうきっかけ作り

noteにTikTok動画を埋め込むことで、読者に自分のTikTokアカウントを知ってもらうことができます。

記事を読んでいる間に動画が再生されると、読者は自然とTikTokアカウントに興味を持ちやすくなります。動画内でフォロワーに感謝を伝えたり、次の動画の予告をすることで、フォローにつなげることができます。

例えば、 記事の冒頭にTikTokプロフィールを紹介する動画を埋め込み、読者に自分を知ってもらうプロフィール紹介として活用方法があります。

他には、記事の中で最新のTikTok動画を紹介し、視聴者に最新コンテンツを提供するリリース告知の場所としての活用方法があります。

記事そのものをじっくり読んでもらうきっかけ作り

TikTok動画は縦型でスマートフォンで見やすい形式のため、noteの記事内で読者の注意を引きやすくなります。その結果、テーマに興味を持ちやすくなり、記事をじっくり読んでもらうきっかけを作ることができます。

つまり、記事を流し読みしていく中で、動画で手が止まり、視聴することで内容をもっと知りたい欲求が高まるということです。

例えば、記事の途中に関連するTikTok動画を挿入し、読者の関心を引きつけるアイキャッチとしての活用例があります。

他には、動画で概要を伝えて、詳細を記事で説明するような、記事をじっくり読む動機付けの活用方法があります。

noteとは企業の想いを伝える場として最適なSNS

noteとは、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができるサービスです。2014年のサービス開始から利用者が増加し、2023年11月末時点では、約733万人の会員登録数を誇ります。

noteでは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」のミッションを掲げて、あらゆるひとの情報発信拠点となるのを目指しています。

ユーザーは、好きなことや伝えたいことをテキスト中心に投稿できます。さまざまな企画や、企業とコラボレーションしたコンテストも随時開催されているため、プレスリリースの延長でブランディングや採用目的に活用する企業が増えています。

読者の閲覧データをもとに、読者の興味にあった記事が自動で表示されるため、自社コンテンツがターゲット層に届きやすい仕組みとなっています。

そもそもnoteに埋め込むならTikTok動画でなくても良いのでは?

noteにTikTok動画を埋める際、他プラットフォームの動画でも確かに有効ですが、TikTokは動画のリーチを伸ばすのに適しているため、せっかくなら上手く特性を活用すべきです。

なぜなら、埋め込む動画をリーチ獲得の目的でも活用する=TikTok動画と連携させてnoteの運用をすることがPR・広報において非常に重要だからです。

また、記事などのコンテンツは「良い内容にすること」に加えて「それを求める人に届ける」ことが必要です。

noteは情報を深掘り(読者育成)しやすいSNS

noteはテキストが主体のSNSであることから、情報の深掘りに向いています。そして、概要や部分的な解説の補完に動画を活用することが想定されるため、ショート動画と相性が良く単体でもリーチを獲得しやすいTikTokがおすすめだと言えます。

なぜなら、TikTokで投稿されるショート動画では、じっくりと最初から最後まで解説するようなコンテンツよりも「書籍の目次」のような役割で、簡潔に概要を伝えて新しいユーザーに興味を持ってもらうきっかけ作りをする方が適しているからです。

TikTokは新たな顧客層へリーチしやすいSNS

TikTokのアルゴリズムは、「おすすめ」が最初に開く仕様であり、コンテンツを多くの新規ユーザーに表示しやすいため、認知拡大を目指す際には非常に効果的です。つまり、認知拡大や興味を引きつけるきっかけ作りとして最適だということです。

特に広報・PRに活用する場合は、自社の取り組みを発信するだけでなく、より多くの見込みあるユーザーへ知ってもらうこととの両立が必要です。

こうした理由から、そのまま動画を貼り付けたり他プラットフォームと連携するより、noteにTikTok動画を埋め込む方が恩恵が多くなりやすいということです。

TikTokはビジネスシーンにおいて影響力がある

出典:TikTok Socio-Economic Impact Report 2024 - TikTok for Business

TikTok for Buisinessによると、TikTokユーザーのうち30.5%が「TikTokで動画を見て商品やサービスの購入経験がある」と回答しています。若年層ほど購入経験の割合は高い傾向にあるものの、TikTokは広い世代の消費行動に影響を与えています。

また、TikTokユーザーの56.3%はほぼ毎日TikTokを視聴していると言われています。スキマ時間に動画を視聴するユーザーが多く、TikTokを見ることが生活の一部となっている可能性が高いでしょう。

さらに、TikTokユーザーの43.3%が「クリエイターが紹介した商品やサービス、企業・自治体とのコラボレーション動画などを見て、企業や自治体に興味が湧いた」と答えています。

これらのデータから、TikTokは企業PRにおいてユーザーの興味を惹くために有効な手段だと言えます。

関連記事:動画を活用するならYouTubeとTikTokどちらがいい?PR企画会社が解説

企業の公式noteとTikTok動画をどのように組み合わせて活用すべき?

企業がnoteを活用して情報を発信する際は、TikTokの簡潔にポイントを使える動画の特性と相乗効果を生むように組み合わせることが大切です。

TikTok動画とnoteを活用する参考例・アイデア

企業がTikTok動画を埋め込んでnoteと連携させて、相乗効果を生みながら活用するための参考例やアイデアをいくつか紹介します。

製品(サービス)の紹介に活用する

新商品や人気商品の特徴や使用方法をTikTok動画で紹介し、noteで詳細を説明します。

サービスの裏側を紹介する

製品の製造過程やサービスの裏側をTikTok動画で見せ、noteで詳しいプロセスやこだわりを解説します。

顧客の声を紹介する

顧客からのレビューやフィードバックの一部をTikTok動画で紹介し、noteで顧客の声を深掘りします。

キャンペーン開催を紹介する

キャンペーンやセールの情報をTikTok動画で告知し、noteで詳細な参加方法や特典を説明します。

社員を紹介する

社員や経営者のインタビューをTikTok動画でハイライトし、noteでインタビュー全文を掲載します。

イベント参加の様子を紹介する

社内や業界イベントの様子をTikTok動画で紹介し、noteでイベントの詳細レポートを提供します。

製品(サービス)の使い方を紹介する

製品やサービスの使い方をTikTok動画で簡単に説明し、noteでステップバイステップを提供します。

CSR活動を紹介する

社会貢献活動の様子をTikTok動画で紹介し、noteで活動の裏側や成果を詳しく伝えます。

コラボレーション(提携)相手を紹介する

他企業やインフルエンサーとのコラボ動画をTikTokで紹介し、noteでコラボの背景や詳細を解説します。

コンテスト開催を紹介する

TikTokでコンテストやチャレンジを開催し、noteでルールや応募方法、結果発表を行います。

オフィス環境を紹介する

社内の雰囲気や文化をTikTok動画で紹介し、noteで社員の日常やオフィス環境を詳しく説明します。

顧客のQ&Aを紹介する

よくある質問をTikTok動画で回答し、noteでカテゴリー分けしてデータベース化します。

このように、それぞれの媒体特性を活かしつつ、相互に繋がりを持たせてユーザーが回遊してくれる形を目指しましょう。

企業がnoteで発信する内容はフランクなアピールがおすすめ

企業がnoteで発信すべきベストな内容は各企業ごとの目的によって大きく変わります。そのため、まずは「何のためにnoteを運用するのか?」という目的を明確にしておきましょう。

noteに掲載する内容の参考例としては、以下が挙げられます。

  • 商品開発(ブランド)ストーリー
  • 会社の目指すビジョンや想い
  • 働く社員の様子
  • 社内イベントの様子や裏側
  • 自社で検証した事例の詳細

しかし、noteの立ち位置を考えるとSNSに該当することから、筆者は広報や専門家としてのアピール活動を「公式サイトよりもフランクに行うための場」としての活用が、特に合うと考えています。

その理由は、公式サイトよりも筆者が前面に出てくるため、より筆者と読者が身近だからです。そして、公式サイトに訪れるほどの熱意を持っていない読者(ライトなコンテンツでなければ見ない人)がほとんどだからです。

ぜひ初めて読む人も自社に興味を持ってくれるような親しみやすいコンテンツを作っていきましょう。

TikTok以外にもnoteと連携している?

noteではTikTok以外にも以下のようなさまざまな外部サービスと連携しています。

  • Instagram
  • LINE
  • YouTube
  • Spotify
  • X(Twitter)
  • Amazon
  • Googleフォーム

noteの創作方法はテキストや画像だけでなく、動画の可能性もあると考え、TikTok動画を埋め込める機能を実装したのです。

さらなる表現方法を広げるために、noteでは他社の外部サービスとの連携を強めて創作の場をつくる動きをとっているのです。

出典:TikTok動画をnoteの記事に埋め込める機能をnote内に実装 - TikTok

noteにTikTok動画を埋め込むメリットは?

noteにTikTok動画を埋め込めることは、どのようなメリットがあるのでしょうか?本質的な点では、映像を通じて文章だけでの場合よりも伝わりやすさが上がることです。

他にもPRの観点からお伝えするなら、TikTokアカウントを知ってもらうきっかけを作れることです。

映像によって文章の補完ができる

TikTok動画をnoteに埋め込むことで、テキストだけでは伝えにくい内容を動画で補完することができます。

テキストだけでは説明が難しい内容や、実物を見せた方が良い場合などに動画で表現することで、読者の理解を促せるからです。

例えば、イベントの様子を説明するより見せた方が良いことや、自社製品の機能を説明するより見せた方が早いといったケースが挙げられます。

また、動画を埋め込むことで、読者の関心が続き記事の滞在時間を延ばす効果もあります。

記事の閲覧時間が伸びて評価されやすくなる

TikTok動画は、ショート動画が基本となるため、内容が簡潔で情報を伝えやすい特徴があります。

これにより、滞在時間が伸びるだけでなく、長文のテキストだけでは見る気が湧かなかったユーザーも記事の内容に目を向けてくれる可能性が高くなります。

例えば、自社の想いをnoteに熱意を込めて書き記しても、そもそも興味を持っていなければ離脱してしまいます。この際に動画によって社長が出演して一部を語ったり、取引先からの推奨の声を伝えることで、自社の詳細を記事で読み込もうという行動に繋がります。

また、動画内で視聴者に対して行動を促すことで、さらにエンゲージメントを高めることができます。

ソーシャルメディアとのシナジーを生む

TikTok動画をnoteに埋め込むことで、ソーシャルメディアとnoteのシナジー効果を高めることができます。それぞれ媒体ごとに得意なことが異なるため、役割を設けて総合的に活用していくことが大切です。

また、noteはSEOの点で強いと言われており、ユーザーも一定数います。そのため、noteを通じてTikTok動画を視聴することで、間接的にフォロワーの増加に貢献できます。

なにより、note記事自体を知ってもらわなければ意味がないため、ソーシャルメディアでシェアされることで広範なリーチを獲得することは不可欠だと言えるでしょう。

noteにTikTok動画を埋め込むデメリットは?

デメリットとしては、動画によって満足してしまい内容をよく読んでもらえない可能性があることや、別プラットフォームと連携していることで、そちらへ移動してしまう可能性があることです。

読者の集中力が分散してしまうリスクがある

TikTok動画を埋め込むことで、読者の集中力が分散する可能性があります。特に他プラットフォームの利用に移ってしまう場合があります。

長い記事の場合、動画の視聴に気を取られて中断させることがあり、読者が記事の内容をしっかりと理解するのが難しくなることがあります。

あくまで補完する目的で使用するなど、動画がメインとならないように注意しましょう。

記事の読み込みに影響するリスクがある

埋め込んだ動画は、ページのロード時間を遅くする可能性があります。特に、複数の動画を埋め込む場合、ページ全体の読み込み速度が低下し、読者の離脱率が高まるリスクがあります。

回線速度は向上してきた現代ですが、住環境によっては高速なインターネット環境がない読者もいるため、

動画を入れすぎないように注意しましょう。

プラットフォームの影響を受けるリスクがある

動画を埋め込むことで、noteの記事がTikTokのプラットフォームに依存することで表示に不具合が生じる可能性があります。つまり、TikTokの仕様変更やサービス停止などの影響を受けるリスクがあるということです。

アカウントが削除された際には、埋め込んだ動画もエラーとなってしまうため、管理が行き届いていない印象を与えてしまいます。

定期的に更新を行い、不具合がないかもチェックするようにしましょう。

noteにTikTokの動画を埋め込む2つの手順

noteにTikTokの動画を埋め込む2つの手順

noteにTikTok動画を埋め込む方法は、主に2つの方法があります。

1つ目は、埋め込みたいURLをテキストエディタ内にペーストし、Enterボタンをクリックする方法です。

2つ目は、テキストノートで載せたい段落にカーソルを合わせて、埋め込みたいURLをコピー&ペーストする方法です。「+」マークが表示されるので、「< >」をクリックしましょう。

noteは有料プランを使うと読まれやすくなる

noteは、基本的には無料で使うことができますが、法人向けに高機能が利用できる有料アカウント「note pro」もあります。「note pro」でアカウントを作るとnoteの約2倍レコメンド(おすすめ)されるため、記事を作っても読まれないという問題を解決しやすくなります。

出典:note pro導入ガイド 料金プラン、法人導入メリット、成功事例をご紹介! - note pro

他にも、予約投稿機能や独自ドメイン・ロゴの設定、詳しい分析機能などが使えるようになります。予算や優先度を踏まえてアカウントを開設しましょう。

定期的な投稿を行うためには、noteの運用体制やフローを事前に構築しておく必要があります。企画立案や投稿スケジュール、コンテンツ制作などをどのように行うのか決めましょう。

noteを運用する際の具体的なKPIとして、閲覧数や読了数、スキ数などが指標となるため、これらの数値を意識して取り組みましょう。

noteにTikTok動画を埋め込む際の注意点

TikTok動画の活用はメリットが多数ありますが、注意点もあります。TikTok動画をつくるときには、以下の2点に注意しましょう。

  • 楽曲の著作権
  • 違反・炎上のリスク

それぞれ解説します。

楽曲の著作権

TikTokでは、さまざまな楽曲が著作権フリーで提供されています。一般アカウントでは、ユーザーは提供されている全ての楽曲の中から好きな曲を選択して動画に利用できます。

しかしビジネスアカウントでは、利用が商用目的となるため、商用ライセンスを取得していない楽曲は使用できません。

たとえ話題となっている楽曲であったとしても、商用ライセンスが未取得だとビジネスアカウントでは利用できないため、動画を作る際には注意しましょう。

関連記事:TikTokに楽曲提供するには?TikTokでオリジナル楽曲を収益化!

違反・炎上リスク

SNS運用する上で、社員は違反や炎上リスクを常に意識しなければなりません。たとえば、SNSで投稿された動画がモラルに反した内容だった場合、損害賠償請求となるケースもあります。

ビジネスアカウントとなると、社名やブランドを背負っての運用となるため、一般アカウントよりも炎上した際の問題はより大きくなります。違反や炎上が起こると、企業ブランドのイメージが下がる可能性が高いです。

SNSを運用する際には、投稿するコンテンツのチェック体制や運用ルールをしっかりと決めておきましょう。

関連記事:著作権の譲渡とライセンス契約の注意点を解説!発注前に知っておくべきこと

noteとTikTok動画を組み合わせたPR活用事例

TikTokとnoteを組み合わせてPRを行う際には、それぞれのプラットフォームでしか見れない内容やイベントなどの裏側を公開したり、プレスリリースの場として活用するケースが多く見られます。

以下の事例を参考に、具体的な活用例を見ていきましょう。

TikTok公式 - noteアカウント

出典:TikTok、公式noteはじめます♪ - note

TikTokの公式noteアカウントの事例を用いて紹介します。このアカウントでは、TikTokの最新トレンドや、クリエイター情報などの発信を行っています。

TikTokが公式アカウントをnoteで開設した際は、「TikTok、公式noteはじめます♪」という記事を投稿しています。

TikTokを活用しているユーザーの動画内容をnoteに埋め込み、意気込みを投稿している内容です。

TikTok内の取り組みとして実施している「ハッシュタグチャレンジ」が始まった際には、お手本動画となるTikTok動画が記事に埋め込まれています。動画投稿者がどのように投稿すればよいのかをわかりやすく紹介しています。

また、TikTokは地方自治体とも協力して魅力発信プロジェクトを実施しています。プロジェクトの背景や裏側、TikTokアカウントの宣伝をnoteの記事で詳しく書くことで、noteを見るべき理由を作っています。

例えば、TikTokが「福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり」とコラボして「TikTok Local Love in 福岡」を開催した際の様子をnoteで公開しています。

このように、TikTokとnoteを組み合わせた企業PRでは、それぞれのプラットフォームごとに役割を使い分けてユーザーにコンテンツを届けるのがポイントです。

参考:TikTokが「福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり」とコラボして「TikTok Local Love in 福岡」を開催!人気クリエイターたちが集まった「TikTokどんたく隊」が伝統文化や福岡の魅力発信を応援 - note

TikTok動画をnoteに埋め込む機能についてのまとめ

ここまでの内容をまとめます。

  • TikTok動画をnoteに埋め込むことで、表現方法の可能性が広がる
  • 企業がTikTok動画を作る際は、正しい運用方法も理解する必要がある
  • TikTokとnoteを組み合わせた事例はまだ少ないため、さまざまな可能性を秘めている

活用の手軽さから、ショート動画をビジネスに活用しようと考える企業担当者は多くいます。一方で、いざ運用すると実写の投稿が多くなり、似たような内容になってしまうのが課題です。また、企業によっては顔出しを懸念する社員もいるでしょう。

そのようなケースで有効なのが、アニメーションを活用したショート動画です。アニメーションのショート動画であれば他の企業とも差別化になり、撮影の時間的コストも削減できます。外部の専門家と協力することで、企画も失敗しづらいでしょう。

NOKIDでは、年間1,000件以上の動画制作を行なっています。アニメーションを活用したショート動画の制作を検討している際は、ぜひNOKIDにご相談ください。

マーケティング視点の"作るだけではない"動画企画・制作力

キャラクターを活用したPR、ブランドのイベント企画といったPR活動は、動画制作だけでなく数々のイベントの認知拡大を支援してきた我々NOKID(ノーキッド)なら、幅広いご提案とクリエイティブ制作が可能です。

アニメーションという表現方法の中にも、スライドに動きをつけたものから3DCGを活用したもの、セル画など多岐に渡るテイストがあります。

動画を制作する場合には、要望通りに動画を制作することだけでは効果を発揮しないことが多くあります。NOKIDでは、動画の活用目的に沿った構成や表現を計画しております。

例えば、TikTokであれば認知に適したアルゴリズムになっておりユーザーが次々と動画をスワイプして観ていきます。そのため、冒頭の2〜3秒で注意を引くためのアイデア、PRに繋げるためにどのような情報を発信すべきかといった"ビジネス視点とクリエイティブ視点"のバランスを意識しております。

「初めてのアニメーション制作」「PRまで考慮した映像」をご検討の方はお気軽にご相談ください。


おすすめの記事

Twitterのキャラクターアカウントって効果あるの?メリットや運用テクニックを紹介


Twitterの「中の人」が親近感を得る秘訣だった?運用テクニックや参考例を紹介


キャラクターを使ったSNS運用のメリットとは?成功例やコツを紹介


キャラクターアニメーションをMVに活用するメリットとは?制作事例ごとに詳細を解説


キャラクターをマーケティングで活用するには?アニメコラボCMの事例や戦略を紹介


キャラクターを用いたコラボ戦略と活用事例から成功の秘訣を探る


ゆるキャラの成功事例と作り方を解説!キャラクターでPR効果を生むには


ファンのできるキャラクターはどうやって作るの?特徴や作り方のコツを紹介


【キャラ活用】IPビジネスがアニメ事業のチャンスに!自社IPの可能性とは?


キャラクターを活用するメリットとは?デメリットや効果も解説


イベント企画に関する記事

【事例紹介】3DCG/VR/ARをイベントで活用した新たなプロモーション手法とは?


【事例紹介】プロジェクションマッピングを活用したイベントとは?仕組みや作品例も解説


PR目的のイベントを成功させるには?企画のコツや開催するメリットを解説


イベント集客を広告で成功させるには?運用テクニックから広告に頼らない施策まで紹介


地域イベントで町おこしをするには?効果的なPR方法や過去のイベント事例を紹介


セミナーを売上に最大限つなげるためには?対面型とオンラインの違いやメリットを紹介


失敗しないイベント企画会社の選び方とは?依頼メリットや注意点まで紹介


PR事例についての記事

【PR事例】ゲーム・アニメをリアルに体験できるイベントとは?おすすめの成功事例を紹介


地域イベントで町おこしをするには?効果的なPR方法や過去のイベント事例を紹介


【業種別】PR動画の活用事例8選!効果的な動画にする方法も解説


【おもちゃ・ホビー系】ショート動画でPRをする方法とは?事例を用いて紹介


PR手法についての記事

NFT(画像・動画)をPR施策にどう活用するのか?参考事例も交えて解説


NFTを会員権として活用するPR施策とは?参考事例や注意点を紹介


3DCG動画広告で効果的なPRを行うには?相性の良い広告手法から反応を得るための内容までを解説


SNSで漫画・イラストインフルエンサーとコラボする際のおすすめは?依頼方法まで紹介


イベント集客を広告で成功させるには?運用テクニックから広告に頼らない施策まで紹介


【事例紹介】3DCG/VR/ARをイベントで活用した新たなプロモーション手法とは?


お役立ち資料無料ダウンロード

【基礎からわかる】TikTokアニメ運用ガイドブック

無料資料ダウンロード

【基礎からわかる!】動画制作"依頼"パーフェクトガイドブック

無料資料ダウンロード

【縦型アニメ・PRアニメ専用】ストーリー設計テンプレート

無料資料ダウンロード

【キャラクタープロモーション(0からオリジナルキャラクターを作る方法)】ガイドブック

無料資料ダウンロード

NOKID編集部

1000件以上の映像制作実績を誇る株式会社NOKIDの編集部メンバーが監修。キャラクター・アニメーション分野のノウハウやトレンドの活用手法の紹介が得意です。

RECOMMEND