動画改善のご提案について

貴社で活用している動画を「今後どのように改善すると良いか?」フィードバックさせていただけませんか?


貴社で過去に公開されて"効果が出なかった動画"や、今公開されていて"更に改善したい動画"をどのように改善すれば反応が取りやすくなるのか無料で診断させてください。

まずは、制作から公開に至るまでの経緯や目的などをヒアリングする時間を頂けないでしょうか?


●なぜ動画活用が今求められているのか?

昨今、インターネットの発展によって広告、SNS投稿、アプリなどでユーザーは「見たいものしか見ない」傾向が激しくなっています。つまり、見て楽しめるもの、価値のある情報、新しい発見がなければすぐにスルーされてしまうということです。

テキストの場合、具体的な課題解決の方法を模索していたり、知人の投稿であれば見られやすいものの、課題を自覚していない初めての見込み客の場合はなかなか接点を持つことが難しくなります。

ショート動画の普及が示すように、暇つぶしや新しい情報との出会いを求める場合はテキストよりも動画が適していると言えます。中にはテキストでなければ見ない場合もありますが、少なくとも動画を無視することは多くの機会を失っていることになります。

しかし、動画を活用したい企業は多くとも上手く活用しているかどうかは別の話です。特に、表現にはこだわっているのに視聴者が求める内容ではなかったりするケースが多く見られます。

取捨選択が厳しい今求められているのは、視聴者が自ら選び、スマートフォンの手を止め、最後まで見入ってもらえる状態にすることです。

オンラインで見込み客に最後まで見てもらうには、心理学に沿った適したシナリオの型があるのです。

貴社に適した動画のシナリオを一緒に考えさせていただけませんか?

1,000件以上の動画制作に携わってきたディレクターが、貴社の動画を分析してより良くするためのフィードバックをいたします。なぜなら、オンラインは制作して終わりではなく数値や反応を見てから改善を繰り返していくのが前提だからです。

こんなことをするのは理由があるからです。それは、せっかく貴社との繋がりを頂いたのにまだまだ提供しきれていない情報がたくさんあるからです。

それをお伝えする機会を作り、少しでも力になったと思っていただくことで今以上に信頼関係が作れるのではないかと考えたからです。

わたしたちNOKIDは、クリエイターを応援するために存在しています。つまり、クリエイターに価値を見出してご相談頂いている各取引先の皆さまも良き理解者として大切にしていきたいのです。

そこで、まずは現状を直接お聞きする時間を頂けないでしょうか?そして、改めてどのように動画を改善すると良いかを考えさせてください。

下記のページからご都合の良い日時をお選びください。
担当ディレクターがご連絡いたします。